知恵の経営

第280回

社内外に企業理念の効果、和歌山県白浜町アドベンチャーワールドの経営

アタックスグループ 2021年4月14日
 
第11回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞で審査委員会特別賞を受賞した和歌山県白浜町にあるアドベンチャーワールドの経営を行う、大阪府松原市のアワーズを取り上げる。

同社は1977年に設立し、翌年、動物園・水族館・遊園地を併設する、全国に類を見ないテーマパークをオープンさせた。それ以来、累計4000万人以上が、敷地面積80万平方メートルを超える同園を訪れている。

現社長の山本雅史氏が2015年に3代目社長に就任して以来、「理念経営」を推進するようにした点が大きな特徴である。立地の良さや利便性で劣る同園に多くの来園者を呼び込むには、先代からの「満足を超える感動・感激を提供する」という考えが軸になると考えた。

そして、さまざまな試行錯誤を経た末に、それを実現するためには、全ての行動の明確な判断基準となる「企業理念」を設定し、自らが「動く理念」となり社内に浸透させることで、社員一人一人が考えて行動できるための仕組みづくりをすることが大切だという結論を得た。

そこで企業理念をゼロから作るのではなく、既に長い歴史を持っている同社において大切にされてきた言葉から「こころでときを創るSmileカンパニー」を選択し再定義した。一方、社員に対してはそれを強制することはない、と明言したが、社員に一つだけお願いをした。それは「5年後、10年後のことを企業理念に基づき考える時間をつくってください。自分が所属するセクションの将来のあるべき姿を考えてください」ということである。

この結果、社員たちは、理念から外れない限り、自主的に判断して行動でき、やらされ感なく仕事に取り組めるようになった。多くのゲストに感動してもらう喜び・幸せを日々感じることができるようになった。今や、毎年、季節ごとにライブやアトラクションを刷新している。動物と触れ合うウエディングプランも社員たちが開発した。障害のある子供とその家族を招待してパークを楽しんでもらう取り組みも行う。このように、社員たちによって、同園ならではの目新しい企画が、次々と生み出され続けている。

さらに理念経営の効果は、今働いている社員のみならず、未来の社員にも確実に届いている。採用活動で同社を志望する就活生が、「会社の理念に共感したから」と言って入社試験を受けてくれるようになっている。「動物が好きだから」とか「テーマパークが好き」という志望動機も歓迎はするが、企業理念に対する共感が志望動機の理由になれば、ミスマッチは減り、大きなメリットとなる。

企業理念はあるものの、思うように浸透していない企業は、今回の事例を参考に理念について見直してはどうだろう。


アタックスグループ主席コンサルタント・西浦道明
2021年4月14日フジサンケイビジネスアイ掲載

 
 

プロフィール

アタックスグループ

顧客企業1700社、スタッフ170人の会計事務所兼総合コンサルティング会社。「社長の最良の相談相手」をモットーに、東京、名古屋、大阪、静岡でサービスを展開している。


HP:アタックスグループ

このコラムをもっと読む
知恵の経営

同じカテゴリのコラム

キーワードからコラムを検索する