知恵の経営

第132回

地域に根差した信用金庫

アタックスグループ 2017年9月26日
 
民間金融機関には「メガバンク」「地方銀行」「信用金庫」そして「信用組合」などがある。それぞれ存在目的や使命が異なるが、信用金庫はメガバンクや地方銀行とは違い、地域密着で中小企業専門の金融機関である。

戦後一貫して、右肩上がりに増大してきた信用金庫だったが、バブル崩壊以降、経済成長の著しい減速化や少子高齢社会の進行に伴う人口の減少、さらには開業の不足や廃業の多発、加えて言えば、メガバンクや地方銀行の中小企業分野への攻勢などもあり、多くの信用金庫はこの25年間、再編の嵐にさらされてきた。

事実、バブル経済末期(1991年3月末)、全国には454庫もの信用金庫が存在していたが、今や264庫と、このわずか25年間で190庫、率にして42%もの信用金庫が合併などにより消滅している。

経済社会のグローバル化やボーダーレス化の進行など世界的な金融環境の変化の中で、地方銀行や信用金庫を問わず、こうした厳しい傾向は、恐らくこれからも続いていくものと思われる。

こうした中にあって、創業以来、地域企業や地域住民に絶大な支持を受け、独立独歩の道をひた走っている信用金庫が全国にはいくつかある。その代表格が、今回取り上げた「但陽信用金庫」(兵庫県加古川市)である。
 
信用金庫の中には、地方銀行と遜色ないほどの巨額な資金量を誇るところもあるが、但陽信用金庫は決して巨大な信用金庫ではない。2017年の資料を見ると、預金高は約6800億円、貸出高は約2700億円であり、信用金庫業界の中で中規模といえる。

しかも、但陽信用金庫が立地し、営業エリアとしている地域は、東京都や大阪府、さらには神奈川県や愛知県といった巨大な自治体でも、県庁所在地に本店を有する信用金庫でもない。まさにどこにでもあるような、地方の中規模の信用金庫なのにである。

その最大の要因は、但陽信用金庫の経営の考え方・進め方が、地域企業や地域住民の高い評価を得てきたからと思われる。

その具体的内容を、詳細に述べる紙面の余裕はなくなってしまったが、あえて言えば、信用金庫は「まち医者」「まちの交番」「よろず相談所」と評価位置づけをし、この間、地域や地域住民の幸せの実現のために、全役職員が一丸となって、その使命と役割を愚直いちずに実行してきたからといえる。

こうしてみると、一般企業であろうと信用金庫であろうと、正しい経営は決して滅びないということが証明される。
<執筆>
法政大学大学院政策創造研究科教授アタックスグループ顧問・坂本光司
2017年9月25日フジサンケイビジネスアイ掲載

 
 

プロフィール

アタックスグループ

顧客企業1700社、スタッフ170人の会計事務所兼総合コンサルティング会社。「社長の最良の相談相手」をモットーに、東京、名古屋、大阪、静岡でサービスを展開している。


HP:アタックスグループ

このコラムをもっと読む 知恵の経営

同じカテゴリのコラム

革新ビジネスアワード2019投票受付中 革新ビジネスアワード2019表彰式&交流会参加者募集
キーワードからコラムを検索する