プロフェッショナル の自己管理術

第18回

先端IT活用のオピニオンリーダー 倉園佳三さん(下)

駒井 研司 2012年12月3日
 

「自分なりの100%」設定を

 「ZONOSTYLE」(ゾノスタイル)というブログの作者としても知られる倉園佳三さん。最近では「Creation Hack TV」というインターネット配信テレビ番組を開始するなど、新たな試みを続けています。前回は、いつでもアイデアを出せる状態でいるために思い付いたことを全て記録し、予定や目標をつくらずに直感を信じて「今したいこと」に取り組むようにしているという話を伺いました。

--アイデアの源泉は 

 「情報です。それも、体験を伴うもの。アプリであれば、紹介記事を読むのではなく、とにかく触ってみる。気になったIT機器なども、とにかく全て購入して使ってみる。積極的に出掛けていって人に会うし、イベントにも出掛ける。映画やスポーツもたくさん見ます」

 --それらがどうアイデアに

 「『インプット』としての情報が『アウトプット』としてのアイデアを生み出します。でも実は、情報とアイデアの間には境界はありません。入ってきたたくさんの情報によって生み出されたアイデアは『次に必要な情報はこれ』と自分を導いてくれる。そして、その情報がまたアイデアを生み出す。こうしてグルグルと回るエコシステムが出来上がるんです。ただ、アイデアを生み出すような『生きた情報』は、頭だけでは獲得できません。だから必ず『体験』するようにしています。

 --現在の課題は

 「自分なりの100%をどう設定するかということです。アイデアを、企画書やスライド、本にしていくという製作フェーズに入ったとき、いつも、つい欲が出て、果てしなく完璧を目指したくなってしまう。そして、つらくなる。常に100%のものを生み出したいと思っていますが、改めて『どこが100%か』を自分なりに決める必要があると考えています」

--自己管理のアドバイスは

 「直感を信じて、興味あることに没頭してほしいですね。変に我慢せず、自制せず。どんなことでも、やり切れば『一段上』に上がれます。すると、できることが増えていく。だから何でも良いので『しないといけないこと』ではなく『したいこと』をする。そして毎日『昨日とは違う自分』になろうと努力すると良いと思います」

【プロフィル】倉園佳三 くらぞの・けいぞう 執筆家・ITコンサルタント。元ミュージシャン、「インターネットマガジン」元編集長。「すごいやり方」「iPhone×iPadクリエイティブ仕事術」などの著作でも知られる。


2012年12月3日「フジサンケイビジネスアイ」掲載
 
 

プロフィール

株式会社ネオレックス
CEO 駒井研司

こまい・けんじ PwCコンサルティング(現IBM)を経てネオレックス副社長。世界79カ国で利用されている自己管理のための無料iPhoneアプリ「MyStats」を発案。


HP:株式会社ネオレックス

このコラムをもっと読む プロフェッショナル の自己管理術

同じカテゴリのコラム

革新ビジネスアワード2019投票受付中 革新ビジネスアワード2019表彰式&交流会参加者募集
キーワードからコラムを検索する