イノベーションズアイ BtoBビジネスメディア

幸せ経営 心の鍛え方

筆者:一般社団法人ベストライフアカデミー  前田 出

リーダーとして活躍しようと、「正しい答え探し」に疲れていませんか? うまく行っている人を見て、「どうして自分は正しい答えが見つからない?」 と、葛藤してませんか。心を鍛えれば、感情に振り回されることもなく、本質的な価値観を知り、 自分が決めたことに躊躇しなくなります。

  • 第79回  イチローの引退会見で 語られた言葉です。

    毎日毎日の積み重ね。それがイチローを作り上げたんですね。そして、イチローも「これでいいんだろうか?」と、何回も何回も悩み迷った。やることに正解はない。間違いでもいい。自分が信じた道をやり続ける。

  • 第78回  自分との「約束」は、 なかなか守れない。

    「約束」を破る奴は、「信用」を無くす。だけど、私達は、自分と交わした「約束」は、簡単に破ってしまう。「健康のため、6時に起きて散歩しよう。」「英語を毎日、30分やろう。」「ブログを毎日、書いてファンを作ろう。」自分との「約束」は、なかなか守れない。

  • 第77回  210回:1回

    お金を支払うときに、どんな感情を持つかで決まります。「あー、もったいない。」「くそっ、高いなー。」「もう、5000円しか残っていない。」こんな気持ちで買い物をしていると、【お金を支払う=損をする】と言うインプットができてしまいます。

  • 第76回  なぜ、好きなものを断つと 願いが叶うのでしょうか?

    なぜ、好きなものを断つと願いが叶うのでしょうか?ほとんどの人は「やるぞ!」と決心しても、なかなか続きません。「願い」が叶うと言うことは、今までの自分から理想の自分に変わると言う事です。理想の自分と今の自分には大きなギャップがあります。そのギャップは、一日、一週間では埋まりません。今、決意したことを毎日、毎日続けなければいけません。

  • 第75回  今日という1日は、 死から最も遠い日。

    人間はいつか必ず死ぬ。そして、いつかは誰にもわからない。少なくとも、今、この瞬間は死から一番遠い時間にいる。

  • 第74回  山本五十六の名言、この後に続く言葉が あるのをご存知ですか?

    人を動かす。人を育てる。そして、人を実らせる。その人を実らせることを考えて、育てるから、人は動くのですね。

  • 第73回  あ~、運が悪い人って、こんなこと思っているんだ。

    運が悪い人の特徴は、自分の周りの不満を一生懸命に探すことです。どこかに、不満の種が落ちていないかを目を、耳を、総動員させて探します。そうすれば、見つかりますよね。嫌なことは。それで、益々、不機嫌になり、周りにも不機嫌の種をまき散らします。

  • 第72回  一日、 な~んにもしない日を作ってみる。

    やらなければいけないことに追われていませんか?1週間に一度は、な~んにもしない日を作りましょう。な~んにもしない日を取らないと、神様が強制的に与えてくれます。それが病気です。

  • 第71回  知りません。教えてください。

    自分よりできる人がいればそれが、後輩だろうが学生だろうが「知りません。教えてください。」と言えばいいのです。胸を張って。堂々と。

  • 第70回  あれがあったから、今の私がある。

    「落ち込んじゃいけない。いけない。」と思うほど、無駄なエネルギーを使っています。人生はジェットコースターのように上がったり、下がったりするもの。 すごい勢いで降りていくから上に上がる事ができます。

  • 第69回  一番上はいつでも空いている。

    夢は 「思い」の力により引き寄せられ、 「仕事」の力で受け取るものです。 夢を語れない人が多いのも問題ですが、 夢を語り、 それを現実に受け取るためには 「仕事」をする力がなければいけません。 「仕事」を貰うという気持ちで いつまでも受け身で 口をあけて待っている人に 誰も声を掛けません。 階段を一歩上がるごとに 違う景色は見えてくるもの。 その階段を上がるためには そのステップで一番になることです。

  • 第68回  令和の竜馬になって下さい。

    どうして、 竜馬に惹かれるのでしょう? 私は、竜馬が同じ時代に生きながら、 他の勤王の志士とは違う価値観を持ち、 新しいビジョンを示すことができたからだと思います。 日本人の未来。 竜馬は 海外に門戸を開けば、 日本人にとって、 どのような世界が理想なのかを考えました。

  • 第67回  今世紀最大の発明王を、 誕生させた。

    「あなたの息子は天才です。  本校は彼にとっては  小さすぎて、  優秀な先生も十分おりません。  どうか自身で教育してください。」 エジソンが学校からもらった 手紙に、そのように書かれていたと お母さんに伝えられた。 お母さんが亡くなり、 古い持ち物を整理していると その時の手紙が出てきた。 「あなたの息子は  混乱しています(精神障害)です。  今後、本校への登校を禁止します。」

  • 第66回  男性は登る山が1つで良いですね。 女性は登る山が3つあるんですよ。

    「男性は登る山が1つで良いですね。 女性は登る山が3つあるんですよ」 「仕事」 「結婚」 「子供」 別に女性が全ての山を登る必要はないが、 男性より多くの人生の選択を迫られる。 しかも、 その選択にはタイミングや締め切りがある。

  • 第65回  「変わっているね。」は 褒め言葉です。

    みんな一緒と言うことは ありません。 あなたは、あなた。 違いを 認めましょう。 違っていることを 喜びましょう。 「変わっているね。」は 褒め言葉です。 私は 「あなたって、普通ね。」 って言われたら、 「くそー!」 と思います。

  • 第64回  強く望んでも、 願いは叶いません。

    「引き寄せの法則」とは 言った言葉がそのまま現実になるのではなく、 その言葉を又 「言いたくなるような状況」が現象化する事です。 だから、 「集客したい。」と100回願えば、 「集客したい。」状況、 すなわち今と同じ状況が引き寄せられます。

  • 第63回  10回中8回失敗したら 、どうですか?

    ライオンの狩猟確率は 何パーセントだと思いますか? 20%以下だそうです。 そう、 10回追いかけて、 8回失敗する。 もし、 あなたが講座を募集して、 10回中8回失敗したら どうですか? ライオンと人間は 根本的に違うのですね。 ライオンは あの仕掛けの タイミングが悪かったから、 今度この作戦を取ろう。 とか、 後半ばてたから 筋トレがんばろうとか 思いません。 失敗したら、 すぐに忘れて、 又全力で獲物に向かいます。

  • 第62回  今日は 昨日よりも ちょっといい。

    人と比べることを止めませんか? みんな、能力や特徴は違います。 羨ましがっても、 悔しがっても、 あこがれても、 何も変わりません。 比べるのなら、 昨日の自分と 比べてみる。 1か月前の自分と 比べてみる。 1年前には不可能と思えたことが 「できるかもしれないな?」 と、思えるようになった自分を褒めてあげる。

  • 第61回  桃太郎と三蔵法師

    桃太郎は、起業家。 鬼ヶ島に鬼を退治に行き、 お宝を奪還するという目標を立てた。 最初に出会った、 イヌは、実務家。 実務がうまく回り始めると必要なのは 組織を管理でき、 総務、経理ができるサル、 管理者。 3番目に出会ったキジは、 調整者。

  • 第60回  今することは、一生懸命迷うこと

    「今することは、一生懸命迷うことよ。」 そうですね。 いくつになっても、 迷います。 正解はありません。 自分の選んだ道を信じること。 選んだ道を後悔しない。 迷える自由があることを 喜びましょう。

  • 第59回  心配は呪い。

    元気な友達に、 わざと、 「お前、顔色悪いよ。」 「どうした、元気ないみたいだけど。」 「どこか、具合わるい?」 と、 立て続けに 何人もの人が 声を掛けました。 そうすると、 本当は元気でも、 どこか悪いのではないかと 調子が悪くなります。 これと同じことを 自分自身でやっていませんか? 「うまく行かなかったらどうしよう?」 「こんな事、言ったら嫌われるかも?」 「明日のプレゼン失敗したらどうしよう?」 これは全て、 「心配」という 「呪い」ですよ。

  • 第58回  映画では、 一番問題が起きる人が、 主人公。

    「リストラされても、 借金を背負たってそれは役だと思え。 苦しいけど死んだら終わりだから、 本気でその役を演じきれ。 つまり、視点を変えれば、 気持ちが変わるってことなんだ。」 矢沢永吉 映画の主人公なら 試練が起きた時にこう言います。 「いよいよ、面白くなってきたぞ。」 あなたと言う人生の主役は あなたです。

  • 第57回  お金の友好的な使い方は?

    お金を使って 気持ち良い「体験」を 手に入れると、 お金を有効に使った と思います。 そして、 もっと使いたいと思います。それならば、 お金を得るために する事は何でしょう? その人が、 気持ちの良いと感じる「体験」を 提供する事です。

  • 第56回  「痴漢出没。注意!」この看板の効果を上げるには?

    痴漢が良く出没するエリアに 注意を促す看板がありました。 「痴漢出没。注意!」 この看板を新しい言葉に変えたら、 痴漢被害が急激に無くなりました。 どんな言葉に変えたのでしょうか? 分かりますか? 模範解答は 「皆さんの協力で、  痴漢は逮捕されました。  ありがとうございました。」です。 痴漢の立場で、 標語を作ればこうなりますね。

  • 第55回  リーダーの仕事は、「選んだ道」を 「正解」にする

    「変化」の時代の 「リーダー」の仕事は、 「正解」を選ぶことではなく、 「選んだ道」を 「正解」にすること。 どの道が正しいのかを 悩んでいても 正解はありません。

  • 第54回  人は、いつ死ぬのか?

    人はいつ死ぬのか? 心臓が止まった時? 脳の機能が停止したとき? いや、違います。 全ての人から忘れられた時です。 と、いう事は、 今、死んでも、 憶えている人がいてくれる限り、 いつまでも生き続けられますね。

  • 第53回  あらゆる仕事は締め切り直前に終わる。

    神様は人間に「死」 と言う「締め切り」を設けました。 命を完全燃焼させるための 「スイッチ」。 命を最大限に輝かせるための 「締め切り」です。 「締め切り」があるから、 その日に向けて全力で生きようとします。

  • 第52回  健康オタクほど、不健康。

    健康に注意している人は、 何を思っているでしょう。 そう、 「病気になったらどうしよう」 と思っています。 「病気にならないようにしよう」 と思っています。 この食事は身体に悪い。 こんな食べ方をしたら身体に悪い。 お酒を飲みすぎたら、身体に悪い。 怒ったら、身体に悪い。 心配しながら、 食事をしたり、運動をしています。 健康オタクの人が見ている世界は 病気の状態のあなたです。

  • 第51回  運が良くなるのは、 簡単です。

    運が良くなるのは、 簡単です。 「私は、とても運が良いです。」 と宣言するだけでOKです。 そうすれば、 二つ良いことが起こります。 1.運が良い人が周りに集まってきます。 そして、 2.脳が勝手に「運が良い理由」を探し出します。 そうです。 「良いこと」を一生懸命探します。

  • 第50回  何があっても、大丈夫。

    何があっても、大丈夫。 人生は 決断と体験の連続。 体験なしには、 真実は語れない。 体験の数だけ真実を知り、 人間の幅と 人間性の豊かさを作る。 体験には、 マイナスはない。 体験の数だけ、 成長する。 苦しみの体験が、 人間の深さを作る。

  • 第49回  あれがあったから、強くなれたね。

    「もうだめだ!」 と諦めたていたら、 今はありません。 「あれがあったから、強くなれたね。」 と、今なら思えます。 そんな経験をいくつも積み重ね、 人間は成長して行きます。 顔を上げて、 前を向いて、 一歩、一歩、 歩いていきましょう。 失敗や困難は何回でも やってきます。 だから、 毎日、成長できます。

  • 第48回  「当たり前」のありがたさ。

    普段何気なく使っているけど、 使えなくなると、 ありがたさが、身に沁みます。 病気になって 健康のありがたさを知る。 節電をしてみて 電気のありがたさを知る。 コロナになって 飲み会で バカ騒ぎをしていた あの日々のありがたさ。

  • 第47回  知らないことは 知らない。

    知らないことは 知らない。 わからないことは わからない。 と、はっきりと伝える事です。 ITの事は 若者の方が良く知っています。 ファッションのことは 女性の方が良く知っています。素直に、 「知りません。調べます。」 もしくは、 「教えてください。」 これが言えるようになると 本当に楽になります。

  • 第46回  思いは目標を明確にする力です。

    お金は、 幸せになる道具です。 お金と言う道具を使って、 どんな生活を実現したいのか。 お金持ちになりたいと思うなら、 そのお金で何をしたいかを明確にする事です。 その理想の姿を引き寄せるためには 今の現実とのギャップを埋めるためには 何をするかを決める事。 その理想の姿がワクワクするか。

  • 第45回  プラス思考に疲れたんですけど。

    「悪い事」が起こったら、 「プラスに考える」必要がある。 そんな考え方自体を 捨てればいいのです。 出来事には意味はありません。 ただ、 その出来事が起こっただけです。

  • 第44回  今日、私は自分の感情の主人になる。

    苦しくなる。 どうしていいか わからなくなる。 後悔する。 そんな時は、 身体から変えてみる。

  • 第43回  「やる!」を始める前に、 「やめる!」ことを決める。

    新しい事を始める時には、 「やる!」を始める前に、 「やめる!」ことを決める。 まじめな人ほど、 時間を無理やり作ろうとします。 でも、 それでは続きません。 新しい働き方を始めたいなら、 「やめる事」を先に決める事。

  • 第42回  投げつけられた石は足元に積んでいけ。

    あのな、今はあなたの存在は何の邪魔にもならない。 だから、権力を持っている人たちは 『ええ事やっている。』と褒めてくれる。 でもね、 もう少し、力を持ち、存在感が出てくると非難が始まる。 石を投げつけてくるよ。 その時に、石を投げ返したらアカン。 非難の石は、自分の足元に積んで行くンや。 あほな奴は、すぐにその石を投げ返す。 非難の石は、 『ありがとう』と言って、 足元に積んでいけ。 ドンドン高く積み上げて、 いつの間にか、 そいつらからの石は届かなくなる。

  • 第41回  「目的」と「目標」の違い分かりますか?

    「目的」と「目標」の違い分かりますか? 結婚記念日に2人でお祝いをしようと 東京湾内クルーズディナー「シンフォニー」を予約。 ところが、出発時間の19時になっても 奥さんは来ない。 携帯をかけても繋がらない。 出航15分後に嫁さんが 「ごめんなさい。タクシーが渋滞に巻き込まれ、 携帯の電池も切れていたの。」 と言いました。 あなたは、どんな反応をしますか? 「どうして、ゆりかもめで来ないの? 電池はいつも充電しておけと言ってるやろ。 せっかく、予約したのにもう結婚記念日が台無し。」 と、怒りをぶちまけて、結婚記念日はケンカ。 さあ、あなたの目的は何でしたか?

  • 第40回  良い事だと思っても、 三日坊主になっていませんか?

    良い行動が すぐに結果に 現れるものがあります。 掃除です。 「トイレを掃除すると運が良くなるよ。」 と言う話は良く聞きますよね。 1時間、トイレをきれいに磨き上げると びっくりするほどキレイになります。 汚いトイレほど。 一生懸命に手を動かすと 目に見えて効果が表れます。 良い行動と 良い結果がすぐに一致するのです。 しかも、 目に見える。 誰にでもわかる。 そして、 達成感がある。 「やれば、できる。」 と実感できる魔法です。 この達成感を味わうと、 成功することが、楽しくなってきます。

  • 第39回  あー、振られてよかった。

    後悔と言うのは、 「あの時、あんなことを言わなければ良かった。」 と言うように、 いくつかの選択肢があって その時、 選んだことが 「間違っていた!」 と決めることです。 でも、 その時に、 別の選択肢を 選んだ方がよかったかどうかは 誰にも分かりません。 もしも、 違う選択肢を選んでいたら・・・ そんな事に 時間を費やしてもムダですね。 後悔した時に効く 「魔法の言葉」があります。 「あれは、あれで良かった。」

  • 第38回  「あの世」に聞いた 「この世」の仕組み

    人生は旅行みたいなもの。 「あの世」から 「この世」に観光に来た。 「この世」に到着すると すぐに、 「身体」と言うレンタカーを フリープランで借りる。 「あの世」で 「自分」で決めた 「ドライブプラン」に合わせて 「車種」を選ぶ。

  • 第37回  「やる気」より、 いきなり「その気」。

    どうして、 「やる気」は続かないのでしょう。 「やる気」とは 「やる」前のスタンバイ状態。 やり遂げて、 成功した世界を見ていません。 「やる気」を出すのではなく、 「いきなりその気」になる。 そう、 成功した世界を先に見る事です。 子どもは欲しいものがあると、 「いきなりその気」ワールドに 真っ直ぐ突入できます。 それが出来るかどうかは考えません。 「さあ、やる気を出して、砂のお城を作ろう!」 「やる気を出して、スーパーマンになろう!」 とは思いません。 自分が主役の世界に一気に突入するから 夢中に、楽しく、作り始めるのです。

  • 第36回  成功の「コツ」は 2つだけです。

    成功の「コツ」は 2つだけです。 それは、 「コツ」と「コツ」。 良いと信じたことを 「コツコツ」と 続ける事。 イエローハットの創業者 鍵山秀三郎さんの言葉です。

  • 第35回  「うちの家はみんなが悪い」

    「何してんの!」 「ちゃんと置いてないのが、悪いんや。」 人のせいにするのは、簡単です。 人を責めるのも簡単です。 でも、 そこから生まれるものは、怒りと後悔。

  • 第34回  「でも。時間がないのよね~。」

    「ああー。私の一日と同じ!」 と、 ケラケラ笑いながら 「でも。時間がないのよね~。」 多分、今日も同じように 「いそがし~。一日、36時間欲しい~。」 と叫んでいるでしょうね。 誰にでも時間は平等に、 24時間あります。 時間は あなたがコントロールするものです。

  • 第33回  人は他人の心配をしているときが 一番強い。

    何かアクシデントが起こった時に、 自分のことしか考えられない人。 その時に、 他人のことを考えられる人。 「私は、ちゃんとやったのに・・・・・・・ (あの人が、あのアクシデントが悪いんです)」 なんていう人は すぐに被害者顔をして、 自分のためにだけ闘う人。 「ああー、私がチェックしとけば良かったね。 ゴメン。」 と、他人のことを考えられる人が、 これからは、成功します。

  • 第32回  話が見えないね。

    人間には視覚型、聴覚型、触覚型、 3種類の人間がいます。 1.視覚型の人間は、 「話しが見えない。」や「見遠しが立つ。」 と視覚の比喩をよく使います。2.聴覚型の人間は、 「耳障りだ。」や「胸にしみこむ言葉だった。」 と音響に関わる比喩を使う。3.触覚型人間は、 「ずしんと腹に来る。」や[胸が痛む。」 と内臓的、皮膚感覚的な比喩を多用する。

  • 第31回  うん。1千万円損する見込みだけど、どうする?

    船井さんの法則はこうだ。 1.他者オール肯定 2.過去オール善 3.現在ここで全て楽しみ 4.この世の中は生成発展している 5.よい人間になります。ありがとうございました。

  • 第30回  どんな人生だったと、子供たちに伝えますか?

    私たちは、子供のころから 「賢く」生きなさい。 と、教えられてきました。 「賢く」とは、 効率よく、無駄をしないで、 人より早く、 お金や名声を得る事だと。 最小の努力で、 最大の効果を得る人が 「賢い人」だと 思い込んで生きてきました。

  • 第29回  「最大の努力」で 「最高の自分」をつくる。

    努力しないで 上手く行く方法を 無意識のうちに探してしまいます。 でも、 本当の天才たちは 凄く努力しています。 いや、 成長するために 毎日「努力」する事を 当たり前だと感じています。 小手先のテクニックを 求めるのではなく 自分を成長させる。 壁にぶつかった時、 初めての問題に直面した時、 その問題を解決できる 「理想の自分」に変わる事です。

  • 第28回  「楽(ラク)」な人生を選ぶのか? 「楽しい」人生を選ぶのか?

    Amazonと楽天の会社理念の違いを 一言で言い表すと、 「楽(ラク)」 を追求したのが、 Amazon。 Amazonは、 買い物にかかるコストを最小化してる(ラク) 「楽しい」 を追求したのが、 楽天。 楽天は、 買うまでにコストがかかるけど、 いろんな店主の 知識や思いが 知れるメリットがある(楽しい)

  • 第27回  すぐに疲れる人と 元気な人の差は何でしょう?

    あなたのエネルギー(思い)を どの方向に向けるかで人生は変わります。 エネルギーの量が同じだとしたら、 自分の内部で、 反省や後悔に使っていたら それだけで消費してしまいます。 エネルギーの方向を 未来の成功に向けた人は 全てのエネルギーをプラスに使えます。 過去の失敗や後悔に、 未来の不安に向けてしまうと、 エネルギーを浪費してしまいます。 後悔はしない。 グチは言わない。 心配はしない。 やりたい事をしているときには やる気を出す必要はありません。

  • 第26回  イチローの引退会見で語られた言葉です。

    人よりも頑張ることなんて、 とてもできない。 あくまでも測りは、 自分の中にある。 測りを使いながら、 自分の限界を ちょっと超えていく。 そうするといつの日にか、 こんな自分になっているんだ。 少しづつの積み重ねでしか、 自分を超えていけないと 思っているんですね。

  • 第25回  「幸せ」とは、 「才能」です。

    「幸せ」と言う 「才能」が豊かな人は 仕事で、 結婚で、 その環境で、 「幸せ」になれる。 逆に、 「不幸せ」と言う 「才能」が豊かな人は 仕事で、 結婚で、 その環境で、 「不幸せ」になれる。 どちらのスキルを 身に付けているかで その世界が変わってくる。

  • 第24回  もっと 、「リッチ」な人になる良い方法

    もっと 「リッチ」な人になる良い方法があります。 それは、 寄付をすることです。 お金を寄付するということは お金が「ある」と言うことに気付くこと。 そして、 お金が「ある」ことに感謝できるチャンスです。

  • 第23回  お客さんも、 どんな商品が欲しいか分からない。

    移動手段が馬だった時代。 その時代に、 お客さんに欲しいものを聞いても、 「自動車」という言葉は出なかった。 あなたも、 お客さんに「どんな商品が欲しいか」 ということを聞いていませんか? お客さんは 「速い馬」が欲しいわけではなく、 「もっと速く移動したい。」 そう、 お客さんも、 どんな商品が欲しいか分からない。

  • 第22回  スティーブ・ジョブズには見えていて、 彼らに見えなかったものは何か?

    Whatで自分を定義してきた会社は生き残れるか?音楽業界、新聞業界、出版業界。現在、鉄道会社の二の舞を演じている。音楽業界がもっと明確なWhyを持っていたら、CDに拘らなかっただろう。出版社がもっと明確なWhyを持っていたら、紙に拘らなかっただろう。スティーブ・ジョブズには見えていて、彼らに見えなかったものは何か?

  • 第21回  必要とされる人になるには 「好き」を仕事にしよう!

    世の中って不思議。 こんな時代に必要とされている人は どんな人か知っている? こんな時代に必要とされている 会社は知っている? 元気な場所 楽しい場所 明るい場所 パワーのもらえる場所 そんな人が望まれる そんな所に情報が集まる そんな所に仕事も集まる

  • 第20回  人間は、 思い込みでできている。

    自分が常識と思っている事。 いつも、 見ている事。 これらを、 違う視点から眺めてみると、 新たな世界が見えてきます。

  • 第19回  今までは、 正しい答えを出す人が 優秀だと言われてきました。

    今までは、正しい答えを出す人が優秀だと言われてきました。でも、知識や情報を知る力は、グーグルに敵いません。分からない事は、グーグルに聞けば、一瞬で探せます。 ベテランの経験に基づく正しい判断もAIに敵わなくなります。 それなら、どうするか?好奇心です。 「あー、こんなことやってみたい!」 「これをやったらどうなるだろう?」 というチャレンジはAIにはできません。

  • 第18回  深刻になったら、負けぜよ。  頭を使え。何かある。

    龍馬が 海援隊を立ち上げたのは32歳。 意気揚々と船出したとたんに、 紀州藩の船と衝突して沈没。 相手は 徳川御三家紀州藩。 龍馬は、 名もなきベンチャー1年生。 裁判では とても勝負にならない。 さあ、どうした?

  • 第17回  あなたはお客様から選ばれる人ですか?

    結果を生み出す公式は、 3つの要素の掛け算です。 結果(1000点) =能力(10点)×心(10点)×行動(10点) 能力が7点、 行動も頑張って7点、 でも、 心が整っていなくて1点なら、 1000点満点で49点です。 結果を出している人は、 心が整っています。

  • 第16回  スティーブ・ジョブズは毎日、 「やる気」を 出そうとしていたと思いますか?

    スティーブ・ジョブズは毎日、 「やる気」を出そうとしていただろうか? 彼が見ていたのは、 彼が作り出す新しい世界。 自分の到達したい世界を いつも見ていた。 「いきなりその気」の人が 見ている映像は、 「成功」した未来。

  • 第15回  あなたの話はよくわかった。

    「あなたの話はよくわかった。」 これは相手との会話を 打ち切る時に使う言葉です。 人は相手を理解したと思うと 興味を失ってしまいます。 「あなたのことをもっと知りたい。」 これは求愛の言葉であり、 これからもっと 付き合いたい人への言葉です。

  • 第14回  一流は、 顧客を獲得するために、 売上を上げる 。

    三流は、 売上を上げるために、 商品を売る 。 一流は、 顧客を獲得するために、 売上を上げる 。 (ダン・ケネディ)「売上げ」に フォーカスしますか? 「顧客獲得」の仕組み作りに フォーカスしますか? 「顧客獲得」の仕組みを作り 「資産家」になりましょう。

  • 第13回  お金はしあわせを2倍にする。

    お金には 思いが乗るように設計されています。お金を払うことで、 あなたも相手も幸せになる。 お金を「払う(はらう)」ことは 「お祓い(はらい)」です。 感謝の気持ちを乗せて、 「お祓い」をしている人には しあわせが舞い込みます。

  • 第12回  自分の時間は自分のコントロール下に置く。

    時間が足りないといつも嘆いている人は 時間をコントロールできないだけです。 時間をコントロールする簡単な方法は、 「点滅信号で、走らない」事です。 信号が点滅したら、 意味もなく走っていませんか? 電車のドアが閉まりそうになると、 いつも滑り込んでいませんか? それは、 点滅信号や 閉まるドアにコントロールされています。

  • 第11回  つまらない「仕事」が あるのではない。 つまらない「見方」を しているだけです。

    つまらない「仕事」が あるのではない。 つまらない「見方」を しているだけです。 目標をいくら掲げても、 つまらないとか、 面白くないと思いながら、 頑張っても無理です。 「心」×「行動」=「未来」 あなたは、 ワクワクしながら行動していますか?

  • 第10回  失敗は、 最高のエピソードになります。

    初めから 強い人や、お金持ちで生まれた人は ほとんど悪役にされています。 ヒーローは、 とんでもないトラブルを克服した人。

  • 第9回  予定は勝手に入りません。

    予定は勝手に入りません。 予定を入れたのは、 あなたです。 日本語の便利なところは、 主語を、 あいまいにできる事です。

  • 第8回  不安で仕方がない時、 どのようにしたら、未来に希望を持てますか?

    今日は、 過去に自分が恐れていた未来。 過去に自分が恐れていたことなど 起こっていない。 だったら、 そのことを喜んで、 今を楽しもう。

  • 第7回  「お金」をもらうだけの 「仕事」を、 「お金」を稼ぐ 「仕事」に変えていこう。

    「時間」は有限。 「お金」は無限にあります。 働くことは、 何かを我慢することではありません。 「人生」のなかで、 「仕事」は一番 「時間」をかけるもの。 「仕事」は我慢の 「時間」ではありません。 「仕事」は 「人生」を豊かにしてくれる 「時間」です。

  • 第6回  運がいい?運が悪い?出来事に意味はありません。

    運が悪いと嘆く人にも運がいいと自慢する人にも同じように、いろんな出来事が起こります。 違いは、その出来事をどのように解釈するか?

  • 第5回  全てがうまく行ったらどうなる?

    成功することを決める。月に一度は、すべてがうまく行ったらどうなるかを考えてみましょう。

  • 第4回  「社徳がある会社」 が選ばれ始めています。

    徳のある会社になるには、毎日、毎日、毎日、毎日、小さな良いと思う事をコツコツ続けるという事。

  • 第3回  「あー、こいつは成功して当然だ。」と思われる人になる。

    成果だけを追い求めるのではなく、成果を出せる人になる。

  • 第2回  青虫に羽を付けても、飛べません。

    壁に何回も跳ね返される時こそ、大きなチャンス。成長ではなく、変容するときです。

  • 第1回  まず、経営者が幸せになる

    Well-Beingとは、『良いあり方』、あるいは『良好な状態』という意味。体が良い状態にあることを『健康』と言い、心が良い状態にあることを『心の健康』『幸せ』と言います。

プロフィール

一般社団法人ベストライフアカデミー
代表理事 前田 出(まえだ・いずる)

人生・事業を成功に導く サクセスナビゲーター®創始者
「好きを仕事にしよう!」をテーマに、 ホビークラフト界では最大の25000名のコミュニティを構築。年商9億円の企業に成長させ、 結婚式のブーケを押し花にする押し花クラフト、 ビーズアクセサリーの一大ブームを巻き起こす。58歳でM&Aで上場企業に売却。新たなビジネスモデルとして、 一般社団法人を母体とした事業「協会ビジネス®」を構築し、10年間で200協会の設立、運営指導に関わる。 未来を確定させ、逆算で目標を立てて達成していく 「逆算思考」のメソッドで10万人を超える企業や協会、経営者を指導。2~3年で年商1億円を超える組織を多数輩出。この事業を息子に事業承継し、3回目のシニア起業。「夢を応援する人が豊かになる社会を作る」を理念に、 一般社団法人ベストライフアカデミー設立。人生100年時代に活躍するコミュニティリーダーという働き方を提唱。
著書に『一気に業界NO.1になる「新・家元制度」顧客獲得の仕組み』(ダイヤモンド社)、『「学び」を「仕組み」に変える新・家元制度』(アチーブメント社)等。


Webサイト:一般社団法人ベストライフアカデミー

イノベーションズアイに掲載しませんか?

  • ビジネスパーソンが集まるSEO効果の高いメディアへの掲載
  • 商品・サービスが掲載できるbizDBでビジネスマッチング
  • 低価格で利用できるプレスリリース
  • 経済ジャーナリストによるインタビュー取材
  • 専門知識、ビジネス経験・考え方などのコラムを執筆

詳しくはこちら

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

  • 補助金活用Q&A

    補助金活用Q&A

    ものづくり補助金、事業再構築補助金、IT導入補助金、小規模事業者持続化補助金及び事業承継・引継ぎ補助金に関する内容を前提として回答しています。

  • M&Aに関するQ&A

    M&Aに関するQ&A

    M&Aを専門とする株式会社M&Aコンサルティング(イノベーションズアイ支援機関)が、M&Aについての基本的な内容をQ&A形式でお答えします。

おすすめコンテンツ

商品・サービスのビジネスデータベース

bizDB

あなたのビジネスを「円滑にする・強化する・飛躍させる」商品・サービスが見つかるコンテンツ

新聞社が教える

プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。