多言語化を制するものがグローバル化を制する

第30回

英語が苦手だからといって、海外との会議を避けていませんか?

WIPジャパン株式会社  上田 輝彦

 

このような場合、通訳者の活用が有効で簡単です。避けていると、海外とのビジネスチャンスを逃す大きな要因となり得ます。通訳者を利用することで、コミュニケーションの壁を取り除き、ビジネスの可能性を広げることができます。

通訳者はただ単に言葉を変換するだけでなく、言葉のニュアンスや文化的な背景を理解し、それを反映させる専門家です。彼らのスキルにより、自分の言葉で自由に表現することができ、相手のメッセージを適確に理解することが可能になります。英語が苦手だからといって躊躇することなく、自分の言葉で相手と対話しましょう。

通訳者手配は「予訳」からご利用いただけます。PCかスマートフォンさえあれば、世界どこでも通訳が可能です。
「予訳」 https://www.yoyaq.org/


 

WIPジャパン株式会社
代表取締役会長 上田輝彦(うえだ てるひこ)

福井・兼業農家出身。中・高では卓球選手。数学・世界史・世界地理を愛好。上智大学(法学部)在学中、欧州各国や中国等を跋渉、その後、住友銀行(大阪)、英国ケンブリッジ大学大学院留学(歴史学部)を経てWIP創業。オリンピック関連調査を端緒として、多言語および海外市場を対象にした事業のみに特化し現在に至る。「グローバルビジネスほど面白いものはない」が信条。

一般社団法人クールジャパン協議会 専務理事


Webサイト:WIPジャパン株式会社

多言語化を制するものがグローバル化を制する

同じカテゴリのコラム

おすすめコンテンツ

商品・サービスのビジネスデータベース

bizDB

あなたのビジネスを「円滑にする・強化する・飛躍させる」商品・サービスが見つかるコンテンツ

新聞社が教える

プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。