ジュリアンの ユーラシアン・オデッセイ

ジュリアン

 2020年、新型コロナウイルスにより世界に大きな異変が起きた。 人々の行動が極端に制限される中、僕は自転車でユーラシア大陸横断の旅に出る。 「こんな時に?そんな無茶な!」しかしこんな時だから旅立つのです。 もちろん厳しい旅になるでしょう。 バルカン半島、エルサレム、中東、インド…この足がどこまで運んでくれるかわからない。 現地がどうなっているのか見通しもつかない。しかし前進するより他にない。 恐怖に震えどんどん衰退していく世界に向けて、これが自分の志だということは隠せない。 『オデッセイ』とは、追放された王オデセウスがあらゆる苦難を超えて王座を取り戻すというギリシア神話です。 コロナ時代にユーラシア大陸を横断する旅に、この名を借りても良いでしょう。

  • パリ症候群 第8回 パリ症候群

     ベルギー南部のワルーン地方を自転車で通り抜けて、またもや田舎の小さな道路を使って問題なくフランスへ再入国できた。とは言っても、国境とは地図上の概念のみで、実際はベルギー...

  • GAFA系CEOの任務 第7回 GAFA系CEOの任務

     さて、僕がベルギーへ向かう理由がひとつある。それは、GAFA企業(Google, Apple, Facebook, Amazon)のベルギー支社の社長と会う為。経緯は覚えていないけど、2019年にこの人は僕のフェイスブッ...

  • 大陸を覆う、暗雲 第6回 大陸を覆う、暗雲

     なんとかドーバーに着いて、ドミノピザを食べながら23時59分発のフェリーを待った。フランスへの出入国管理庁は実はイギリス側にある。日本のパスポートを入国管理官に見せると、彼は...

  • Guilt Industry(ギルト産業) 第5回 Guilt Industry(ギルト産業)

     イギリス人とは実に反抗的な国民だ。毎週トラファルガー広場で開催されている反コロナ規制デモを見に行って、デモンストレターと警官が衝突している前線で、心がズタズタにされたイ...

  • パーティー潜入:イギリスのコロナ規制が全く効いていない実態 第4回 パーティー潜入:イギリスのコロナ規制が全く効いていない実態

     週末の夜の楽しみをイギリス政府はコロナの蔓延を阻止するためという名目で奪おうとしている。でも、それは失敗するに違いない。イギリス人は夜の楽しみだけは譲れない。この夜だけ...

  • 第3回 Signs and Premonitions (印と前兆)

     いよいよ、出発前だ。会いたい人に別れを告げる一環で、とある「ギャングスター」と打ち上げに行った。彼の名は「ルード」で、日本人でありながら独特なポイントは、まるで怪獣のよ...

  • 第2回 最後の片付け

     とうとう、”ユーラシアン・オデッセイ”に旅立つ準備をしなければならなくなった。住んでいるアパートの契約も満期まで残り10日。このアパートはいわゆる「デザイナー系」で100平米...

  • 第1回 旅立つ決意

     2020年、新型コロナウイルスにより世界に大きな異変が起きた。 人々の行動が極端に制限される中、僕は自転車でユーラシア大陸横断の旅に出る。 「こんな時に?そんな無茶な!」しか...

プロフィール

インターナップ・ジャパン株式会社
マーケティング・ストラテジスト ジュリアン

日英ハーフでイギリス育ちのバイリンガル。
営業マン、寿司屋の見習いなどを経て、2015年に東京に移住し、英会話講師兼実業家として新たなキャリアをスタートさせる。
西洋文化や歴史の解説を取り入れたユニークなスタイルの英語レッスンで数多くの日本企業を顧客に持つ他、自身のスーツブランド"LEGENDARY"にてファッション業界にも進出。
2016年よりINAP Japanのマーケティング・ストラテジストとして、グローバルビジネスをサポート。
組織の形式や常識にとらわれない”自由人”として、常に先鋭的な情報を発信しビジネスに新しい発想や刺激を与え続けている。


Webサイト:インターナップ・ジャパン株式会社

キーワードからコラムを検索する