Catch the Future<未掴>!

第42回

中小企業の生産性問題を考える

StrateCutions (ストラテキューションズ)グループ  落藤 伸夫

 

日本の産業構造、特に中小企業の位置付けをどう見るかは、日本が今後発展できるか、あるいはせっかく持つ宝を潰してしまうかに大きく影響します。日本製鉄名誉会長で前日本商工会議所会頭でもある三村明夫さんの日本経済新聞「私の履歴書」記事(4月27日(土))から、中小企業をどのように位置付けられるかを検討します。


中小企業の生産性が低い理由

三村前会頭は「私の履歴書」第26回記事『続投要請 「中小はサボっていない」取り組みに評価、望外の喜び』で、中小企業の生産性について次のように述べています。「生産性に劣るとされる中小企業だが、実質労働生産性の伸び率は年間3~5%を記録し、実は大企業と遜色ない。ところが、単価の引き下げにより付加価値が減少するため、中小企業の生産性(1人あたり名目付加価値額)の伸び率が1%程度に低迷しているのだ。(中略)中小はサボっているのではない。大企業に負けない勢いで改善やイノベーションに取り組んでいるが、その果実が手元に残らず、取引先に吸い上げられているだけなのだ。」


三村会頭はどのようにして、この結論に至ったのか?中小企業の実質労働生産性(年間3~5%の伸び率)と1人あたり名目付加価値額(1%程度の伸び率)の差に着目、それを「価値創造企業に関する賢人会議」事務局が製造業の過去30年のビッグデータを精査することで「中小企業の生産物を大企業が買い取る時の単価が低いため、中小企業の付加価値が減少。この結果、特殊事情がなければ連動する成長率に差が出た」と結論付けたようです。



小規模にとどまることが怠惰なのか

これまで中小企業の生産性については「小規模性にあぐらをかいて生産性の劣った状況を続けている、だから淘汰して規模を拡大する策をとるべきだ」との主張を声高に繰り返えす者がおり、注目されていました。確かにIT導入等により生産性を向上できるチャンスがあるのに「我が社は小さすぎて無理だ」などと言い訳して導入しなかったという例はあるとも感じ、「小規模性にあぐらをかいて生産性の劣った状況を続けている」という前段はある意味、正鵠を射ていると感じることはあります。


しかし規模拡大の努力を怠ったとの言い方には違和感を感じます。1つには間接金融が主の日本では既存事業継続資金は借入できても、事業拡大資金を投資等で調達することは難しかったこと、そしてもう1つ、規模は企業の意思により拡大すべきものというより、事業環境に従い適正規模に落ち着く側面があるということです。「従業員10人は小規模過ぎる」と言われようとも、事業によっては10人が適正規模な場合もあるのです。このような状況を鑑みると、小規模であることを続け、統計上の生産性が低くなることの責任を中小企業にのみ負わせるのは適当なのか?再考する必要があると考えられます。



他国中小企業の高生産性はどのように実現しているか

これを分かりやすく例で考えてみましょう。これまで日本の中小企業が低い生産性に低迷することを糾弾する論者は「欧州アルプスの農産製品生産者や酪農業者を見てみろ、日本では低生産性の典型例とされている業種・事業の同業者が高い生産性を誇っている。アルプスの事業者は総じて日本の事業者よりも規模が大きい。つまり規模を拡大しようとする意志が薄弱なことが日本中小企業が低調の理由なのだ。有無を言わさず無理やりにでもM&Aして規模を拡大させるのが事業者にも、日本にとっても良いことなのだ」と主張していると感じられます。


一方で三村前会頭のコメントからすると状況が変わると思われます。欧州アルプスの農産製品生産者や酪農業者に「あなたたちは高い生産性を実現して素晴らしいですね。規模の拡大を目指した賜物でしょう。一方で日本の中小企業は規模拡大を目指さないので低生産性に甘んじています。あなたたちとは大違いです」と言うと、「我々の高い生産性の一因が規模の拡大やIT導入等にあることは否定しない。でも一番の要因は私たちが十分な利幅を載せた値付けをしても買ってくれる人や企業がいるからで、日本のように買い叩かれる状況だと自分たちが今と同様に儲けられるかは自信がない。こう考えると、我々の高生産性は国内の大企業がしっかり儲けてくれて、その恩恵を自分たちにも波及させてくれるからだと言えるのではないか」と答えるのではないかと思います。


ここ数年の日本では、中小企業は小規模過ぎるがゆえに生産性が低いとされ、有無を言わさず拡大を促す政策が採られていると感じます。しかし三村前会頭の意見によるなら、それらの策は生産性向上には役立たず、国全体への影響としてはマイナスになりかねません。今改めて実態を確認し政策を見直す必要があると感じています。




本コラムの印刷版を用意しています

本コラムでは、印刷版を用意しています。印刷版はA4用紙一枚にまとまっているのでとても読みやすくなっています。印刷版を利用して、是非、未来を掴んでみてください。


<印刷版のダウンロードはこちらから>



冒頭の写真は写真ACから photoB さんご提供によるものです。photoB さん、どうもありがとうございました。

 

プロフィール

中小企業診断士事務所 StrateCutions 代表
合同会社StrateCutions HRD 代表社員
落藤 伸夫

早稲田大学政治経済学部卒(1985 年)
Bond-BBT MBA 課程修了(2008 年)
中小企業診断士登録(1999 年)
1985 年 中小企業信用保険公庫(日本政策金融公庫)入庫
2014 年 日本政策金融公庫退職
2015 年 中小企業診断士事務所StrateCutions 開設
2018 年 合同会社StrateCutions HRD 設立


Webサイト:StrateCutions

Catch the Future<未掴>!

同じカテゴリのコラム

イノベーションズアイに掲載しませんか?

  • ビジネスパーソンが集まるSEO効果の高いメディアへの掲載
  • 商品・サービスが掲載できるbizDBでビジネスマッチング
  • 低価格で利用できるプレスリリース
  • 経済ジャーナリストによるインタビュー取材
  • 専門知識、ビジネス経験・考え方などのコラムを執筆

詳しくはこちら

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

  • 補助金活用Q&A

    補助金活用Q&A

    ものづくり補助金、事業再構築補助金、IT導入補助金、小規模事業者持続化補助金及び事業承継・引継ぎ補助金に関する内容を前提として回答しています。

  • M&Aに関するQ&A

    M&Aに関するQ&A

    M&Aを専門とする株式会社M&Aコンサルティング(イノベーションズアイ支援機関)が、M&Aについての基本的な内容をQ&A形式でお答えします。

おすすめコンテンツ

商品・サービスのビジネスデータベース

bizDB

あなたのビジネスを「円滑にする・強化する・飛躍させる」商品・サービスが見つかるコンテンツ

新聞社が教える

プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。