木村 賢嗣の 起業道場 鬼武羅塾

木村 賢嗣

 創業支援や起業アドバイスなど、政府機関をはじめとして多数の団体から支援やアドバイスを得られる日本。しかし、その支援やアドバイスは正しいのか?起業後の1年で60%が倒産。10年で90%が倒産。こんな日本に未来はあるのか?今年、3期目を迎える当社は倒産しない理由が見えました。創業の現実と地獄、存続に向けた将来展望を赤裸々に吐露します。創業者にとって必要なこと、全て伝えます。

  • 第2回 鬼武羅塾 リスクを考えるなら起業しないこと

     成功体験談は聞く意味が無い!あなたは、その人になれないから。 G-FROGのCEOが伝えるリアルな「創業」から「廃業・倒産」の苦難を経験しつつも 絶対に倒産しない確信へと至った「今」...

  • 鬼武羅塾 発動 第1回 鬼武羅塾 発動

     成功体験談は聞く意味が無い!あなたは、その人になれないから。 G-FROGのCEOが伝えるリアルな「創業」から「廃業・倒産」の苦難を経験しつつも 絶対に倒産しない確信へと至った今、起...

プロフィール

合同会社ジーフロッグ
代表社員 木村 賢嗣

富士通株式会社へ新卒入社後、日本初の銀行ATM搭載タッチパネル設計に従事(スマホのタッチパネルなど現代に欠かせない礎を築く)、世界初となるプラズマディスプレイ設計に従事。その後、セイコーエプソンにおいて、USB2.0規格に準拠したスキャナーの組込みソフトウェア開発に従事。リーマンショックの影響により建築業界へ転職、飛び込み営業として営業スキルを習得。

2018年 合同会社ジーフロッグを設立、CEOに就任
日本の人口減少という課題にミャンマー人材と共に解決に取り組み、ミャンマー発展のために寄与することを経営理念として、Myanmar一筋の専門家として事業展開。

2019年 Golden Ocean Myanmar Company Limited、顧問に就任
Trade Name : G-Ocean(ジーオーシャン)

2020年 O-HARA INTERNATIONAL JAPANESE LANGUAGE SCHOOL CO., LTD. 設立
大原キャリアスタッフ(大原学園)との業務提携により、ミャンマーのヤンゴン市において「大原国際日本語学校」を開校予定。正しい日本語教育とブローカーが介在しない安心で安全な日本への留学や就労に向けて取組んでいる。

2020年 顧問看護師の就任により、コロナウィルス予防など、ミャンマーへの健康教育を開始

30年以上のエンジニア経験と過去の実績を活かしたイノベーターとして、ミャンマーと日本の新しい未来を創造するため活動している。


Webサイト:合同会社ジーフロッグ

キーワードからコラムを検索する