起業道場 鬼武羅塾

第1回

鬼武羅塾 発動

木村 賢嗣 2020年6月30日
 

他のコラムと異質な記載となります。
それは、当社が存続をかけて生き抜いている現実を書いているからです。
承知のうえ、お読みください。


私が経験した「創業」というリアルな真実、日本政府や自治体、メディアから得られる情報と、本当の現実から、人生の選択肢の参考になればと思います。


人生には多くの困難が待ち構えています。

「勝ち組」、「負け組」とよく言われています。

しかし、結果がでるのは最後、「諦めは敵」です。


同期入社した人が出世して役員になったり、転職して活躍していたり、起業して夢を叶えたり、と。


「隣の芝生は青く見える」


G-FROGの創業

G-Frog Logo

このロゴは社員が考案。


当社は、2018年3月に創業しました。

日本政策金融公庫、千葉県信用保証協会からの融資を得ることができ、順調にスタートしましたが・・・


売上確保は容易なことではありません。


融資から 1年を過ぎ財務悪化により、何度も挫折と廃業を考え苦悩の日々を過ごしました。


金融機関に追加融資を依頼しても・・・

「御社に、お金は貸せません」


個人資産も投入して、先の見えない事業運営を続けて行くしかない状況。

誰にも相談できない孤独な日々。



「鬼武羅塾」から創業の事実を!

誰も教えてくれない「鬼武羅塾」だから伝えたい。


中小零細企業の倒産理由は「資金繰り」


社会保険、雇用保険、源泉徴収税、法人県民市民税、法人税など、固定的に発生する費用。


販路拡大で交流会などへ参加する費用。


甘い手口で近寄る不埒で悪徳な連中。


売上よりも、支出が加速度的に増加するのが創業期。


会社の残高が数万円に、何度もなりました。


このようなこと、会社として有得ない。


自分の財布とは意味が違う。



政府の考えと金融機関の考えは乖離しており、コロナウィルスの影響に関係なく、融資はしてもらえません。


金融機関に見放され、融資の資金繰りはノックアウトです。

全て断られました。

金融機関は頼ることができない。


これが現実!


これが「創業」という事実です。


何故、生き延びているのか?

不思議なことに当社は今も、存続しています。


コロナウィルスの影響により、大きなダメージを受けています。

しかし、絶対に倒産しません!


何故なら創業時に決めた

経営理念「ミャンマーの発展」というキーワード

Myanmar一筋の専門家として貫いてきたからこそ、

暗雲立ち込める混沌とした世界から、雲一つない快晴の世界へと足を踏み入れることができたからです。

歩みはこれから、前進あるのみ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。


ーーーーーーーーー

顧問看護師 Facebook Page (ぜひ、ご登録ください)

 https://www.facebook.com/%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%81%AA%E3%81%99Labo-106035357607744/


HINOMARU Classroom Facebook Page (ぜひ、ご登録ください)

 https://www.facebook.com/Hinomaru-Classroom-%E6%97%A5%E3%81%AE%E4%B8%B8%E6%95%99%E5%AE%A4-111242917192316/


HINOMARU Classroom YouTube (ぜひ、ご登録ください)

 https://www.youtube.com/channel/UCf7UJaiUnFghvc7k8oBWg0w


大爆発!好評コラム執筆「驚愕の発展を加速するミャンマー」

 https://www.innovations-i.com/column/all_article/myanmar/


最新好評連載コラム執筆中!「知れば知るほどミャンマー」

 https://www.innovations-i.com/column/more_myanmar/1.html

 
 

プロフィール

合同会社ジーフロッグ
代表社員 木村 賢嗣

富士通株式会社へ新卒入社後、日本初の銀行ATM搭載タッチパネル設計に従事(スマホのタッチパネルなど現代に欠かせない礎を築く)、世界初となるプラズマディスプレイ設計に従事。その後、セイコーエプソンにおいて、USB2.0規格に準拠したスキャナーの組込みソフトウェア開発に従事。リーマンショックの影響により建築業界へ転職、飛び込み営業として営業スキルを習得。

2018年 合同会社ジーフロッグを設立、CEOに就任
日本の人口減少という課題にミャンマー人材と共に解決に取り組み、ミャンマー発展のために寄与することを経営理念として、Myanmar一筋の専門家として事業展開。

2019年 Golden Ocean Myanmar Company Limited、顧問に就任
Trade Name : G-Ocean(ジーオーシャン)

2020年 O-HARA INTERNATIONAL JAPANESE LANGUAGE SCHOOL CO., LTD. 設立
大原キャリアスタッフ(大原学園)との業務提携により、ミャンマーのヤンゴン市において「大原国際日本語学校」を開校予定。正しい日本語教育とブローカーが介在しない安心で安全な日本への留学や就労に向けて取組んでいる。

2020年 顧問看護師の就任により、コロナウィルス予防など、ミャンマーへの健康教育を開始

30年以上のエンジニア経験と過去の実績を活かしたイノベーターとして、ミャンマーと日本の新しい未来を創造するため活動している。


HP:合同会社ジーフロッグ

このコラムをもっと読む 起業道場 鬼武羅塾

  • 第1回   鬼武羅塾 発動

同じカテゴリのコラム

キーワードからコラムを検索する