コロナ後の世界

第21回

「灯台下暗し」とよくいうが…

イノベーションズアイ編集部  経済ジャーナリストA

 

経済ジャーナリストAは訳あって静岡にいる。

まだ来て2か月だが、ここはつくづく温暖なところだと感じる。東京と行き来する度に思うが、12月初旬段階では5度程度は暖かい。水もいい。食べ物は海産物を中心に新鮮な上に安価だ。そしてなにより、いつも大きな富士山が見える。

東京のような鉄道網がないため移動は車が中心だが、大きな橋などを渡ると富士山のある絶景に目を奪われ、運転がおろそかになるほどだ。

そんな静岡だが、現地では博物館や図書館、水族館、水上公園をはじめ、いわゆる箱モノの建設が目立つ。それらには「地域活性化の切り札」「地域活性化の起爆剤」との口上も。来年のNHKの大河ドラマは「どうする家康」だが、静岡は家康ゆかり地。ドラマ館は、幼少期と晩年を過ごした静岡のほか、青年期を過ごした浜松にも作る。愛知県の岡崎にもできるが、県内2か所はなかなかスゴい。

他の地方都市と同様に、東京など国内の大都市や海外からの観光客を誘致し、活性化につなげようということだが、誘致のために地元の魅力をアピールしなければならない。食材や自然、景色、歴史文化…。そういう意味では、静岡には打ち出すべき“資産”がたくさんある。しかし、外から来たばかりの者の眼には、打ち出すモノ、打ち出し方がズレているようにも映る。

そういうことを考えていると、デジャブではないが、東京でのあまたの中小企業取材が思い出された。打ち出すモノ、打ち出し方がズレている企業が多かったからだ。

好きなことややりたいことと、その企業の持つ価値は往々にして違う。当該企業やその経営者、従業員は自分たちが好きなこと、やりたいことは明確に理解している一方、その企業のもつ魅力や価値が何か、がわかっていないことも多い。灯台下暗し、という感じだ。

静岡に来て改めて思う。自らの強みや魅力、価値を今一度客観的に見直す必要があるのではないか、と。

先日、東京の企業経営者をオンラインで取材したが、その経営者は経験やノウハウといったブラックボックス、いわゆる暗黙知にこそ価値があり、そうした暗黙知を棚卸して形式知に変え共有することが大きな力になるという。その通りだ。暗黙知もそうだし、そもそも備えている有形無形の“価値ある資産”に気づくことが重要だ。とはいえ、これがなかなか難しい。

自己紹介などで「私はこういう性格で、こういう人です…」というが、それも前述の話と一緒。自分のことは、実は自分ではわからない。「こういう人です」という自分のことは、実は他人の目から見た自分だ。人は他人とのコミュニケーションの中で他人と比較し、自分を絞り込むように見つけ出したもの。自分で思う自分の性格や性質は、実は他者から見た自分なのだ。

静岡も企業も、そうした他者の目で形作られている。では、本質的にはどうなのか。実は自分で打ち出している強みや価値は本当にその通りなのか。

そうして形作られたものが間違っているとは思わない。それはそれで価値がある。焦点は、それ以外に本当の価値がある何かがあったりするのではないか、ということだ。その何かが暗黙知のようなものであればあるほど見えないし、見つけるのも大変だ。

「うちはこういう企業で、こういうことを得意としている」…

それが収益の柱で自社のビジネスモデルだとしても、それを再確認してみたい。顧客が実は違ったところに魅力や価値を感じているかもしれないからだ。

「うちの看板メニューはコロッケだ」という総菜店は、看板メニューのおいしさで集客し収益を上げている。が、分析し直したところ、実はおいしさではなく地域の観光ガイドに載っている3年も前の紹介記事による集客効果が最も大きく、売り上げこそコロッケが一番だが、利益面ではとんかつが一番だった。

思い込みを排し、本質を追求する。その結果に基づかないと、施策を実行する段階ではいろいろズレが生じてしまう。静岡も企業も自分も、そうならないようにしないといけない。


経済ジャーナリストA


 

プロフィール

イノベーションズアイ編集部

イノベーションズアイ編集部では、経済ジャーナリストや専門家などと連携してさまざまな角度からビジネス情報を発信しています。

コロナ後の世界

同じカテゴリのコラム

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。