ネット販売で成功するためのノウハウ

第25回

【ネット販売の成功者】何を売るのかよりも、どう売るのかにフォーカスしている習慣がある

杉本幸雄 2016年6月30日
 
先週、滅多に参加しない経営者同士の集まりに、親しい人から誘われて参加した時の事です。


私のクライアントさんのネット販売の実情について、
質問が相次いだので、私は最近では


・楽天市場出店 わずか10日目、しかも広告費10万円ほどで、175万品目がしのぎを削っている化粧品ジャンルで、ランキングの1位を獲得できた話


・医薬品のネット販売が解禁され、ある地味な漢方薬が、大ヒットしている話


を、事例として、お話ししました。



すると、起業して間もない経営者や、数年間経営はしているものの苦戦している人達と、キャリアに関係なくガンガン儲けている経営者たちとの間で、


この事例に対する「反応」が明らかに、違っていたんです。


成功傾向を継続している経営者からは、「杉本先生、どうやったら売れるんですか」という反応、片や今一つ波に乗り切れないで、模索を繰り返している経営者たちは「何を売っているんですか」という反応に、集約される事に、私は気付きました。



そういえば、私もクライアントには「何を売るかよりも、どう売るか、ですよ」といつも口を酸っぱくして指導しています。


あなたは、世間で何かのブームが起こっている時、「商品」にフォーカスしますか?
それとも、ブームを起こした「やり方」にフォーカスしますか?


今の日本、商品で、明らかで、圧倒的な差別化を図るのは、無理です。
この考えから、ヒット商品を産み出す発想をスタートしてみては、いかがでしょうか。




 
 

<プロフィール>

ネット通販の魔術師
杉本幸雄(すぎもと・ゆきお)


大企業お断りのネット通販コンサルタント、起業家支援コンサルタント
昭和44年1月生まれ。小さな会社のビジネスモデルの仕組みを策定する事を得意としている。
【必ず儲かる鉄板公式】売上=商品×(集客+接客)を考案し、自らのコンサルティング指導では、商品企画・集客活動・接客活動と最適な価格戦略とターゲッティングなどのマーケティングを総合的に指南する点が、他のwebコンサルタントや広告営業会社とは大きく異なる。
これまで、自らが起業家に対してコンサルティング指導を行い、110億円の売り上げ作りに関与し、中でも楽天市場では、総合1位、ダイエット1位、健康1位、コスメ1位、食品1位などの実績は度々。
他にクライアント独自のドメインショップの売り上げを30倍にするなどの実績もある。
コンサル指導を行った、83.6%のクライアントが、それぞれの目標を達成している(平成26年2月在)。

コラム ネット販売で成功するためのノウハウ

同じカテゴリのコラム

コラム検索
ビジネスカレッジ(IBCセミナー)

一覧へ

シアタースタイル アルティメット 究極のプレゼン塾

二代目社長育成講座

お金儲けのためのSNS・ブログ勉強会