ネット販売で成功するためのノウハウ

第13回

コンバージョン率が高い【ランディングページ】の作り方

杉本幸雄 2016年3月24日
 
ネット販売においての「接客活動」で重要なのが、「L.P」、ランディングページです。

ランディングページをどう作るか、は販売者さんから非常にたくさんのご相談を頂いています。それだけ、だれもが悩んでいるポイントなのです。


ランディングページを作る時に、大切なのは次の2点です。


1、マーケティング理論

2、顧客心理


理論ばかりでも、感情ばかりでもいけません。なぜなら、それが顧客だからです。


作り始める前には、まず設定しなくてはいけないのが「目的」です。これから作るランディングページは、具体的に、あなたに何をしてくれればいいのか、これが目的です。

お勧めは、例えば「フロント商品」を販売する事や「メールアドレスなど連絡先」を取得する事を目的にする戦術です。

ランディングページのコンバージョン率を高めるためには、そういう消費者が行動しやすい商品やサービスを用意する事が、前提になります。100円のお試し品や、無料登録の類いがこれです。


そして、具体的なランディングページの制作ですが、

デザイン < コピーライト < コンセプト  で、作ります。


デザインよりも言葉、言葉よりもコンセプトを大切にして下さい。


人がお金を使う時、必ず「感情」が動いているものです。感情の流れに沿って、ページ制作をして、セールスをします。


私がよく目にする「売れないページ」は、独りよがりでナルシストなページになっています。
小説張りの起承転結になっていて、"全部丸々読み進めると"魅力的で、惹きつけられる内容になっていますが、アクセス者の9割以上は、あなたのページに付き合ってくれるほど、暇でも我慢強くもありません。

ですから、最初の一行目の文から結論を全力で書かなくては、次の二行目には読み進んでくれません。「結→理由→事例→結」の順序で、ランディングページ構成します。


そして、デザインや文章、画像において絶対に忘れてはいけないのが、ターゲットです。
ターゲットに寄り添ったデザイン・文章・画像で制作します。
デザイナーの思い込みで、作っている場合が少なくありません。充分、注意してみて下さい。

 
 

<プロフィール>

ネット通販の魔術師
杉本幸雄(すぎもと・ゆきお)


大企業お断りのネット通販コンサルタント、起業家支援コンサルタント
昭和44年1月生まれ。小さな会社のビジネスモデルの仕組みを策定する事を得意としている。
【必ず儲かる鉄板公式】売上=商品×(集客+接客)を考案し、自らのコンサルティング指導では、商品企画・集客活動・接客活動と最適な価格戦略とターゲッティングなどのマーケティングを総合的に指南する点が、他のwebコンサルタントや広告営業会社とは大きく異なる。
これまで、自らが起業家に対してコンサルティング指導を行い、110億円の売り上げ作りに関与し、中でも楽天市場では、総合1位、ダイエット1位、健康1位、コスメ1位、食品1位などの実績は度々。
他にクライアント独自のドメインショップの売り上げを30倍にするなどの実績もある。
コンサル指導を行った、83.6%のクライアントが、それぞれの目標を達成している(平成26年2月在)。

コラム ネット販売で成功するためのノウハウ

同じカテゴリのコラム

コラム検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。