ネット販売で成功するためのノウハウ

第1回

本気で取り組めば、小さな会社や地方の会社でも「No.1」になれる!それがネット通販ビジネスの醍醐味。

杉本幸雄 2015年8月19日
 
(実例エピソード)
いつもシャッターが降りていて、当然来店するお客様がいない中華料理店があります。
しかし、通行人は不思議な光景を目の当たりにする時があります。
それは、1日に何度も、ヤマト運輸や佐川急便のトラックがそのお店に横付けされて停車し、しかも、結構な時間停車しては、またやってくるという風景に遭遇します。
その店の事を、「もう潰れちゃったんじゃないかしら」「引越しか改装でもやっているんじゃないの」と話す人もいるようですが、真相は、楽天市場に出店して、手作りの大ぶりな餃子の注文が殺到していました。

実店舖の世話まで手が回らないので、来店客を拒んで、ネット通販業務に集中しているとの事。

店主によると来店客の客単価は、定食一品分がほとんどで、最近では、飲み物を注文するお客は、半分以下、その利益額や手間を考えるとネット通販業務に集中した方が利益も多く、日本語が得意ではないスタッフも働きやすく、店を開けているより断然経済的でイイらしい。

このお店は約30席で、通販をやっていない時でも、この餃子が評判で利益はともかく売上げは年商で3千万円ほどは出ていました。
楽天ショップでヒットして、売上げは、年商で1億円を裕に超えています。

楽天ランキング総合1位も獲得し、有名デパートやテレビからも声がかかりました。
この夫婦二人とアルバイト4人のお店のコンサル指導を私がやっていました。
ネットショップは、マーケットが「全国」に拡大します。受注時間も24時間365日とチャンスを広げます。
だから、ネット通販は、今のあなたの売上げを一桁も二桁も、またはそれ以上にも大きくする可能性がある『成長産業』なのです。
今、ネット通販ビジネスを「難しいから」「やったことがないから」と縮小したり、撤退したりするのは、時代に逆行しています。チャンスをみすみす逃しています。


しかし、簡単ではありません。


思い付きや片手間では絶対に失敗します。これが、真実です。
あなたが小さな会社の経営者で稼ぎたい、儲けたい、成功したいなら、まず根性、しかも〝ど〟が付くど根性が必要です。
その次に、適切なやり方を選ぶ事とやり続ける事です。これは、ネット通販に限らない事だと思います。
他の事業でも、スポーツで記録を残すためにも、お笑い芸人としてトップの座に君臨するにも同じではないでしょうか。

私はネット通販ビジネスでなくても、どんなジャンルであれ、成功を手にするためには、
①目的(ゴール)を明確にして、そこに辿り着くための
②手段を勉強し、計画した方法を成功するまで、
③粘り強く実践し続ける事だと、信じています。


≪今回のメッセージ≫
お金、時間、体力、頭は、「投資」として使い続けましょう。地味な努力なくして、片手間や秒速で大成功するなんて事は、どんな商売にもありませんよ。
あったら、私だけにこそっと教えて下さい。

 
 

<プロフィール>

ネット通販の魔術師
杉本幸雄(すぎもと・ゆきお)


大企業お断りのネット通販コンサルタント、起業家支援コンサルタント
昭和44年1月生まれ。小さな会社のビジネスモデルの仕組みを策定する事を得意としている。
【必ず儲かる鉄板公式】売上=商品×(集客+接客)を考案し、自らのコンサルティング指導では、商品企画・集客活動・接客活動と最適な価格戦略とターゲッティングなどのマーケティングを総合的に指南する点が、他のwebコンサルタントや広告営業会社とは大きく異なる。
これまで、自らが起業家に対してコンサルティング指導を行い、110億円の売り上げ作りに関与し、中でも楽天市場では、総合1位、ダイエット1位、健康1位、コスメ1位、食品1位などの実績は度々。
他にクライアント独自のドメインショップの売り上げを30倍にするなどの実績もある。
コンサル指導を行った、83.6%のクライアントが、それぞれの目標を達成している(平成26年2月在)。

コラム ネット販売で成功するためのノウハウ

同じカテゴリのコラム

コラム検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。