ネット販売で成功するためのノウハウ

第2回

ネットとリアルを、分けて考えるなんて非現実的。

杉本幸雄 2015年8月25日
 

時代遅れの経営者は、ネットとリアルを分けてしまう、そんな残念な話。

 

 

あなたは、いまある経営資源、いま持っている「実力」を十二分に生かしていますか?

「全体像」を見渡してビジネスをしていますか?

 

インターネットは特別な存在ではありません。単なる「手段」の一つです。道具です。

リアルとの融合を考えてみましょう。

 

・ネットショップ

・カタログ通販

・雑誌広告や新聞広告

・卸売り

・店頭販売

 

すべてをそれぞれ分ける必要など、本当はありません。

 

・つなげ合う

・関連付ける

・相乗させる

 

1つの機会から、他に影響を与えていくようにします。1つの事柄から、他にも次々と生み出していきます。

 

 

コストパフォーマンスを高めるコツは、何かと何かを「掛け算」するという思考が役立ちます。

 

 

それは、スティーブ・ジョブズの「点と点をつなぐ」と同じこと。

リアルとネットを違うものとして別々に考えるというのは、実に、非現実的です。今はどんな人にもインターネットは生活の一部として入り込んでいます。携帯電話、スマートフォン、パソコン、タブレット…。

 

 

 

今のこの瞬間放送されているテレビ番組で、取り上げられている人物・企業・ブランド・飲食店なんかのホームページやブログ、SNSにはアクセスは、普段の数十倍、数百倍の数になっているなんて、ごく普通の現象です。

 

 

 

今は、リアルのお客は、こういう人で、ネットのお客はこんな人、そんな分け方はできません。

ネットで見て、実店舗で買う。実店舗で見て、ネットで買う。こんなことはごく普通に行われている消費行動です。こういう「オムニチャンネル」という消費経路が、ごく普通です。新聞広告やDMで見て、ネットショップで購入するというような消費行動です。

 

ですから、今では、リアルとネットを分けて考えるのは、時代の変化に対応できていない残念な経営者だという訳です。

 

 

 

また逆に、ネットビジネスをすでに行っている場合でも、「あえて紙媒体」のDMやニュースレター “も”是非、顧客へ送ってみて下さい。

あなたが実践する、この「非・ネット」のマーケティング戦術は、競合にとって"逆張り"になっていますから、順張りしかやっていない、その他大勢からあなただけ抜け出せて、一人勝ちできるchanceを引き寄せられる確率が高まりますから。

 

 

 
 

<プロフィール>

ネット通販の魔術師
杉本幸雄(すぎもと・ゆきお)


大企業お断りのネット通販コンサルタント、起業家支援コンサルタント
昭和44年1月生まれ。小さな会社のビジネスモデルの仕組みを策定する事を得意としている。
【必ず儲かる鉄板公式】売上=商品×(集客+接客)を考案し、自らのコンサルティング指導では、商品企画・集客活動・接客活動と最適な価格戦略とターゲッティングなどのマーケティングを総合的に指南する点が、他のwebコンサルタントや広告営業会社とは大きく異なる。
これまで、自らが起業家に対してコンサルティング指導を行い、110億円の売り上げ作りに関与し、中でも楽天市場では、総合1位、ダイエット1位、健康1位、コスメ1位、食品1位などの実績は度々。
他にクライアント独自のドメインショップの売り上げを30倍にするなどの実績もある。
コンサル指導を行った、83.6%のクライアントが、それぞれの目標を達成している(平成26年2月在)。

コラム ネット販売で成功するためのノウハウ

同じカテゴリのコラム

コラム検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

ビジネスカレッジ(IBCセミナー)

一覧へ

シアタースタイル アルティメット 究極のプレゼン塾

二代目社長育成講座

お金儲けのためのSNS・ブログ勉強会