助成金・補助金

企業の資金調達を専門とする支援機関が、多数ある助成金・補助金の中から、選りすぐりの情報をピックアップし、わかりやすく解説します。 気になる助成金・補助金がありましたら、情報提供支援機関へお気軽に問い合わせください。

ビジネスカレッジ(IBCセミナー)

一覧へ

シアタースタイル アルティメット 究極のプレゼン塾

二代目社長育成講座

お金儲けのためのSNS・ブログ勉強会

企業検索

情報提供支援機関:V-Spiritsグループ
担当者:岩楯 大輔(Web集客コンサルタント)
お問い合わせはこちら

IT導入補助金(平成28年度2次補正予算)

ITツール・Webサイト構築、Webの広告などに最適な補助金

募集期間:2017年3月31日~ 2017年6月30日 助成・補助額:100万円以下 対象エリア:全国 実施団体:経済産業省

販売管理ソフトや会計ソフトなど、ITツールの導入に使える補助金です。実は、Webサイト構築やリスティング広告などのWeb広告にも使うことが可能です。補助率は2/3で、最大100万円。150万円の対象経費を使うと、あとで100万円の補助金が支給されるイメージです。


   ・活用例(ほんの一例です)
    各種Webサイト制作費 50万円
    リスティング広告費  10万円×10ヶ月間=100万円 計150万円
    ⇒補助金100万円支給(補助率2/3)


ということは、実質負担は50万円で、新たなWebサイト制作&10ヶ月ほどの期間、新たなキーワードの模索、新たな集客・マーケティング手法を試みることができます。弊社のYahoo!出身の役員が補助金獲得、Webサイト制作、アクセス解析、最適検索キーワード分析、リスティング運用・コンサルティングまでサポート可能です。締め切りまで期間が短いので、お早めにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

情報提供支援機関:V-Spiritsグループ
担当者:渋田 貴正(社会保険労務士)
お問い合わせはこちら

キャリアアップ助成金(正社員化コース)

有期契約社員を正社員に転換させることで受給できる助成金

募集期間:通年 助成・補助額:100万円以下 対象エリア:全国 実施団体:厚生労働省

有期雇用した社員を、社内の制度に基づいて正社員に転換させた場合、1名あたり最大57万円がもらえる助成金です。(元々正社員にすることを約束して有期雇用契約を結んでいる場合は対象外です。)


【受給までの流れ】
1) 6ヶ月以上3年未満の有期雇用契約を結んでいる社員を、有期雇用契約期間満了後に正社員に転換正社員に転換させる
2) その後半年間継続雇用
3) 1人につき、57万円受給


【活用例】
6ヶ月以上3年未満の有期雇用契約を結んでいる社員を、有期雇用契約期間満了後に正社員に転換することで受給できる。年間15名まで認められるため、採用人数によっては、最大で855万円の助成金を受給することも可能。※さらに東京都の場合は、1人あたり50万円の上乗せ受給が都から支給される可能性があります。

お問い合わせはこちら

情報提供支援機関:V-Spiritsグループ
担当者:渋田 貴正(社会保険労務士)
お問い合わせはこちら

職場定着支援助成金(評価・処遇制度導入)

労働者の処遇を改善する制度を導入することで受給できる助成金

募集期間:通年 助成・補助額:100万円以下 対象エリア:全国 実施団体:厚生労働省

賃金制度の整備や、新たな手当の創設により、労働者の離職率を低下させた場合に、70万円が受給できる助成金です。


【受給までの流れ】
1) 賃金制度や昇給・昇格制度、諸手当制度を整備
2) ハローワークに制度導入を届け出ることで10万円受給
3) その後1年間、制度を運用して労働者の離職率が低下
4) 60万円受給


【活用例】
労働者の離職率を低下させるために、新たに住宅手当や家族手当、役職手当などの諸手当制度を導入。実際に離職率を低下させることができれば、合計で70万円を受給。

お問い合わせはこちら

情報提供支援機関:V-Spiritsグループ
担当者:渋田 貴正(社会保険労務士)
お問い合わせはこちら

生涯現役起業支援助成金

シニア起業家の雇用に関する費用に対する助成金

募集期間:通年 助成・補助額:100万~500万円以下 対象エリア:全国 実施団体:厚生労働省

40歳以上で起業した人が、創業から11カ月以内に労働局に計画を提出して、その後1年以内に一定の労働者を雇い入れた場合に、採用などにかかった費用の助成を受けられます。


雇い入れる人数は、以下の通りです。
・60歳以上の者-1名以上
・40歳以上の者-2名以上
・40歳未満の者-3名以上
60歳以上であれば1人雇えば要件を満たしますが、20歳代や30歳代であれば3人以上の雇用することが必要です。また、40歳代1名と40歳未満2名でも、40歳未満の者3人とみなされ、要件を満たします。


【助成額】
起業者が高年齢者(60歳以上)の場合 かかった費用の2/3 (最大200万円)
起業者が上記以外の者(40歳~59歳)の者の場合 かかった費用の1/2 (最大150万円)


【活用例】
求人サイトへの掲載や、雇用管理を改善するため社会保険労務士に就業規則の作成を依頼した場合などに、採用人数によって1/2~2/3の助成が受けられます。

お問い合わせはこちら

情報提供支援機関:V-Spiritsグループ
担当者:渋田 貴正(社会保険労務士)
お問い合わせはこちら

人材開発支援助成金(キャリア形成支援制度導入コース)

従業員のキャリア形成のため、研修やキャリアコンサルティングを受けさせる場合に受けられる助成金

募集期間:通年 助成・補助額:100万円以下 対象エリア:全国 実施団体:厚生労働省

従業員のキャリア形成のため、キャリアコンサルタントが実施するキャリアコンサルティングを受けさせた場合に助成を受けられます。


【助成額】 47.5万円~60万円
また、研修時間については、1時間あたり380円~480円、及び研修などにかかった費用の30%~45%の助成も受けることができます。


【活用例】
従業員の技能向上のため研修を受けさせるとともに、将来的なキャリアプランを明確にするために、キャリアコンサルタントによるキャリアコンサルティングを受けてもらうことで、助成が受けられます。

お問い合わせはこちら

情報提供支援機関:V-Spiritsグループ
担当者:三浦 高(中小企業診断士)
お問い合わせはこちら

インバウンド対応力強化支援補助金

宿泊施設・飲食店・免税店等のインバウンド対応の支援が受けられる補助金

募集期間:2017年4月27日~ 2018年3月30日 助成・補助額:100万~500万円以下 対象エリア:東京都 実施団体:東京都及び(公財)東京観光財団

※この補助金は予算がなくなり次第終了になります。


都内の民間宿泊施設、飲食店、免税店が、メニューなどの多言語化、無線LAN環境の整備、トイレの様式化など外国人観光客の取り込みを図るために行うことに対し、受けられる補助金です。予算が無くなり次第終了、つまりは早い者勝ちのため、早めの申請をオススメします。迅速な申請のお手伝いが可能です。ご不明な点などありましたら、弊社までお問い合わせください。


【補助金額】
宿泊施設・飲食店・免税店向け  1施設/店舗あたり300万円を限度
補助対象経費の1/2


【活用例】
都内の飲食店が日本語のみの自店ホームページを、英語・中国語といった多言語に対応したものを作成。都内のホテルが外国人宿泊客の利便性を向上するために、無線LAN環境を整備など。

お問い合わせはこちら

情報提供支援機関:V-Spiritsグループ
担当者:三浦 高(中小企業診断士)
お問い合わせはこちら

海外ビジネス戦略推進支援事業

海外展開を考えている中小企業が、海外経験豊富な専門家チームによるアドバイスや、現地調査時の旅費や通訳費用、外国語 Web サイト作成費用の支援が受けられます。

募集期間:2017年5月15日~ 2017年6月30日 助成・補助額:100万~500万円以下 対象エリア:全国 実施団体:中小企業基盤整備機構

海外展開を考えている中小企業が、海外経験豊富な専門家チームによるアドバイスや、現地調査時の旅費や通訳費用、外国語 Web サイト作成費用の支援が受けられます。


【補助金額】
■投資型
海外現地同行調査支援
補助率:対象経費の1/2(最大140万円まで補助)


■輸出型(1~3のうちいずれか1つ)
1海外現地同行調査支援
2マーケティング調査支援
3外国語 Web サイト作成支援
補助率:対象経費の1/2(最大50万円まで補助)


【活用例】
海外に出店したい小売店が、現地調査を行うための旅費や通訳費用の補助が受けられたり、海外に輸出を検討しているメーカーが、現地語に対応したWebサイトを作成したりする場合に補助が受けられます。

お問い合わせはこちら