コラム

新着コラム

  • 商標登録しても使用しないと取り消されるの!?~不使用取消審判にまつわる話

     大手百貨店のバイヤーが、会社を早期退職後にオリジナルアパレルブランド「イノーベ」を立ち上げるため、商標登録を受けました。しかし、商標登録から3年後に、ようやく起業にこぎつ...

  • 女性活用、需要の変化つかむ

     ひな人形・五月人形を中心に日本人形の製造・販売を行う、ふらここ(東京都中央区)を取り上げる。 原英洋社長に日本人形の世界で、いかに若い女性の感性を取り込んでいったかを聞...

  • ゴールを決める

     まずゴールを決めて、そこに至るまでのマイルストーンを設定し、今やるべきことを実行していく。ソフトバンクの孫正義社長は、“逆算”思考で次々と目標を達成してきました。ゴール...

  • 専門家の助けを借りる

     事業性評価をベースにした資金調達を考える場合、中小企業診断士や税理士、その他のコンサルタントなど専門家の活用を検討するようお勧めします。「格付けによる融資」の時代には、...

  • 「成功」=「ライフスタイル」×「年収」4

     伊勢隆一郎です、今回は、自分の成功を明確にするための最後のステップ、ステップ3になります。ステップ3)その金額をどのように稼ぐか?

  • 「働きがいある会社」づくり

     あるセミナーで、東レの日覚昭廣社長による講演「時流に迎合せず、時代に適応する」を聞いた。一番関心を持ったのは米国流株主資本主義に対する日本的経営の提唱だ。日覚氏は「公益...

  • 情報共有が乏しい

     会社はいわば情報の塊です。営業、購買、製造、管理・・・ 会社は機能ごとに多くの情報を保有しており、それらの情報はスムーズに、適切な処理がされる必要があります。せっかく有...

  • 日常業務と経営戦略実行を両立させるマネジメント

     上級マネジャーの役割を聞いている中川部長。次は「現場マネジャーをマネジメントする役割」です。以前は「当たり前すぎる」と感じましたが、今ではこの役割の重要さが身にしみて感...

  • 30年ぶりの母校で講師を務める

     私は、30年ほど前に、京都ノートルダム女子大学を卒業した。授業はサボるし、授業中に居眠りもしたし、良い生徒ではなかった。それでも合コンしたり、サークルに入ったりして、学...

  • 儲かる構図を作り上げる

     新製品開発などの前向き資金は事業性評価してもらいやすい題材ですが、企画の範囲が開発に留まってしまうと、事業性評価を受けることが難しくなります。それではせっかくの製品を顧...

好評連載中のコラム

木暮 知之の Indo Watcher

Indo Watcher 木暮 知之

 Indo Watcherの編集後記より皆様に様々な情報を発信します。

大竹 啓裕の 「後半戦起業」で人生が変わる・・・ストックビジネスで勝ち続ける

「後半戦起業」で人生が変わる・・・ストックビジネスで勝ち続ける 大竹 啓裕

 長寿社会での人生設計は、前半戦と後半戦に分けて考えたほうがいい。江戸時代は14歳~16歳で嫁入りが普通で18歳は年増と言われたそうですが、その時代の平均寿命は50歳以下だったわけですからこれも不思議なことではないです。

中村 亜弓の たかがデザイン、されどデザイン。ちょっとしたスパイスであなたの資料、変わります!

たかがデザイン、されどデザイン。ちょっとしたスパイスであなたの資料、変わります! 中村 亜弓

 皆さんが普段使いするパワポやワードに対するデザインのワンポイントアドバイスをしようと思います「たかがデザイン、されどデザイン。ちょっとしたスパイスであなたの資料、変わります!」

安田 政俊の 売上2番、生き様1番

売上2番、生き様1番 安田 政俊

 起業して、僕が最初にしたこと。多くの社長と同じように、それはスローガン作りでした。たとえば「売上げ30億円を達成しよう!」。初めは目新しくもあり、社員の気持ちをまとめてくれます。しかし、経営の状況は常に変化します。当然ながら違和感を持つ社員も現れ、言葉の求心力が失われる。するとまた新しいスローガンが必要となる……。まず思ったのは、果たして社長とは一生こんなことを続けるのか、という徒労感でした。

上田輝彦の 多言語化を制するものがグローバル化を制する

多言語化を制するものがグローバル化を制する 上田輝彦

 グローバル化の新たな局面を解説するとともに、その波に乗る、あるいはその波に呑み込まれないための方法論を、事例を交えながら論じる

落藤 伸夫の ドラッカーから学ぶ

ドラッカーから学ぶ 落藤 伸夫

 今も色褪せないドラッカーの教えから経営の神髄を学びます。

アタックスグループの 知恵の経営

知恵の経営 アタックスグループ

 顧客企業1700社、スタッフ170人の会計事務所兼総合コンサルティング会社。「社長の最良の相談相手」をモットーに、東京、名古屋、大阪、静岡でサービスを展開しているアタックスグループが連載するコラムです。

杉本幸雄の ネット販売で成功するためのノウハウ

ネット販売で成功するためのノウハウ 杉本幸雄

 ネットショップは、マーケットが「全国」に拡大します。受注時間も24時間365日とチャンスを広げます。 だから、ネット通販は、今のあなたの売上げを一桁も二桁も、またはそれ以上にも大きくする可能性がある『成長産業』なのです。今、ネット通販ビジネスを「難しいから」「やったことがないから」と縮小したり、撤退したりするのは、時代に逆行しています。チャンスをみすみす逃しています。しかし、簡単ではありません。

佐藤 亘の 越境EC・海外販売について知っておくべきこと

越境EC・海外販売について知っておくべきこと 佐藤 亘

 世界各国の知っておくべき基礎知識から、意外と知らない数値情報まで、各国ごとに分析し解説していきます。

佐藤 亘の ちょっと待った!インバウンドビジネス

ちょっと待った!インバウンドビジネス 佐藤 亘

 訪日観光客を集客したい方へ、実際に東京を訪れた欧米観光客を中心に、100名以上にヒアリングした日本の実情を解説します。

山中 一郎の 中堅企業にも求められる移転価格税制対応

中堅企業にも求められる移転価格税制対応 山中 一郎

 中堅企業の経営・管理に携わる皆様は、移転価格税制と言えば、名だたる超大規模企業だけの問題ととらえておられないでしょうか?

堀越 総明 の 知らなかったでは済まされない著作権の話 vol.4

知らなかったでは済まされない著作権の話 vol.4 堀越 総明

 本コラムでは、IT技術の進展により、これまで以上に、映像、音楽、イラスト、文章など多くの著作物に取り囲まれている日常で、知らず知らずのうちに、誰かの著作権を侵害してしまい、多額の賠償金を請求されたり、会社の信用を失墜させたりすることがないように、著作権に精通した弁理士が、身近な話題を例にとり、著作権のルールやマナーをやさしく解説していきます。

前田 出の 「教育で起業する」という生き方―協会ビジネス

「教育で起業する」という生き方―協会ビジネス 前田 出

 あなたがフランチャイズの本部になり、認定講師と言うフランチャイジーを募集・育成していくモデルです。販売する商品はセミナー。そして、「セミナー」と言う商品を販売する仕組みを作り上げていくことです。

伊勢 隆一郎の 伊勢隆一郎のマーケテイングを覚えれば人生はうまくいく

伊勢隆一郎のマーケテイングを覚えれば人生はうまくいく 伊勢 隆一郎

 『成功の道は人それぞれで100万通りある』。でも『そんな中でも成功者に共通する”基本”はあるよ』という話、その基本の1つについてお話したいと思います。それは、「あなたの成功とは何?」というのをまず決めるということです。「当たり前じゃん」と思うかもしれませんが聞いて下さい。成功するための最初のステップは「自分にとっての成功を決める」ということなのです。

浅野泰生の 経営の解体新書~いざ、未知を道へ~

経営の解体新書~いざ、未知を道へ~ 浅野泰生

 縁もコネもない会社に平社員で入社をし、わずか8年で代表取締役社長へ。経営計画専門会社で第一線のコンサルタントとしても活躍する著者が語る個人・組織としての「目標設定・目標達成」の秘訣をご紹介いたします。

佐藤 亘の 海外販売で世界へ!世界一周バックパッカーからの起業

海外販売で世界へ!世界一周バックパッカーからの起業 佐藤 亘

 海外販売・販路開拓、海外のWEBマーケティングの最新動向

日本リサーチセンターの 正しい「マーケティングリサーチ」で、ビジネス勝者に!

正しい「マーケティングリサーチ」で、ビジネス勝者に! 日本リサーチセンター

 日本リサーチセンターは、1960年の設立以来、リサーチ手法の開発とその実用化を通じて、企業の事業戦略、学術研究を支援してきました。インターネットリサーチが普及する中で、オンライン・オフライン問わず、クライアントの課題にカスタマイズした調査設計を提案しています。今回は、最近注目を浴びている新手法「リアルタイム・エクスペリエンス・トラッキング(RET)」を例に、スマホ時代に求められるリサーチのアプローチ方法について、ご紹介します。

山中 一郎の どうしたら「利益を出し続ける」会社になれるのか

どうしたら「利益を出し続ける」会社になれるのか 山中 一郎

 「どうしたらしっかり根を張った、葉が生い茂る、倒れにくい会社にすることができるのか」を執筆していきます。

別役慎司の 殻を破らせる社員教育の秘訣

殻を破らせる社員教育の秘訣 別役慎司

 はじめまして。株式会社ASCEND FEATHER代表の別役慎司です。私は、俳優を育てる演技講師であり、俳優トレーニングをビジネストレーニングに応用させたパイオニアの研修講師でもあります。このコラムでは、どうすれば、社員を創造的で表現力にあふれ、個性的で人間力の高い人材に変えていけるのか、様々な角度から話をしていきたいと思います。

落藤 伸夫の マネジメントを再考してみる 後編<上級マネジメント>

マネジメントを再考してみる 後編<上級マネジメント> 落藤 伸夫

 昨年まで、現場マネジャーが行うマネジメントについて、世界標準のマネジメント理論である「MCS(マネジメント・コントロール・システム)論」をベースに考えてきました。日本では「マネジメント」について省みることがほとんどないようですが、世界では「マネジメントとはこういうものだ」という姿がきちんと描かれていて、それを学ぶように促されています。日本のホワイトカラーの生産性が低迷している原因は、もしかしたら、このあたりにあるのかもしれません。

企業検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

ビジネスカレッジ(IBCセミナー)

一覧へ

シアタースタイル アルティメット 究極のプレゼン塾

二代目社長育成講座

お金儲けのためのSNS・ブログ勉強会