ネット販売で成功するためのノウハウ

第51回

ネット担当部長は、虎の巻として必携のこの2冊。読んでおくと社長やweb会社に一目置かれる。

杉本幸雄 2017年1月26日
 
私は、これまで数えきれないほどの
 
・webコンサルタント
・webプロデューサー
・通販プロデューサー
・ITコンサルタント など
の人や、ブログ集客コンサルタント、facebookコンサルタント、LINEコンサルタント  などという人とも 接点がありました。
 
 しかしながら、ごく一部の人を除いて、ほとんど多くのこういう肩書の人には、ある重大な欠落点があり、そういう"先生"に教わっている生徒さん(クライアント)は、不幸だなと思っていました。
 
 
 その欠落している、重要なことって、何だと思いますか?
 

それは、【全体像】を把握していない、という事です。
 
 
 
インターネットを介して、「モノを売る」「サービスを売る」「情報を売る」というのは、
リアルの現場で、普段交わされている売買行為と、基本的には、何ら変わりはないのです。
 
 
 
しかしながら、マーケティングの専門知識や消費者心理、経営学や税務会計などを学ばずに、安易に、ネットの部分(さらに、そのどこかの一部分)だけをことさら強調して、その部分だけで、あたかもビジネスの全てが完結するかのように思い込んで、表面的なテクニックだけを教えている、いわば、ミスリードしている先生方が少なくないのです。
 
 
 
私は、常々、自分がコンサルティング指導したことが、全体として理に適っているのかを意識しています。
重箱の隅をつついて、大部分に好影響を及ぼすはずもないことに、クラインアントの時間とコストをムダ使いしていないか……
 
 
 
ただ、誰しも、何かに集中すると、その副作用として、全体像を見失ったり、バランス感覚を失ったりすることがありますよね。
 

【基礎】が、一番大切です。基礎は、原則とも言えるかもしれません。
基礎は、「容易で軽視しても良い」とバカにされがちですが、それは全然違い!ます。
 

私は、後輩のコンサルタント達に、次の二冊は必携で、いつも自分の指導に「漏れ」や「勘違い」がないかを確認するように伝えています。その二冊を、クライアント先の、「ネット担当部長」にも読んでおくように勧めています。


読んでおくと、ネットマーケティングの全体像を理解しているので、

・コンサルタントからの指導や提案
・web制作会社からの提案
・広告代理店からの提案
・部下からの稟議書   

などを"適切な決裁"をするのに非常に役立ちます。
上司である社長や、取引先のweb関連会社、広告代理店、制作会社から、一目置かれる存在になることでしょう。


なぜなら、本質的な、的を射た会話ができるようになるからです。

 
 
【お勧めの2冊】
 
『Web集客が驚くほど加速するベネフィットマーケティング「ベネマ集客術」』(インプレス)松本大河
 
 
『そのネット集客はいますぐやめなさい!』(秀和システム)臂守彦
 
 
 

この二冊は、大半のビジネス書にありがちな「○○だけで簡単に成功する」とは書かれていません。楽して、儲けたいという人には不向きな真っ当な、ご本です。







 
 

<プロフィール>

ネット通販の魔術師
杉本幸雄(すぎもと・ゆきお)


大企業お断りのネット通販コンサルタント、起業家支援コンサルタント
昭和44年1月生まれ。小さな会社のビジネスモデルの仕組みを策定する事を得意としている。
【必ず儲かる鉄板公式】売上=商品×(集客+接客)を考案し、自らのコンサルティング指導では、商品企画・集客活動・接客活動と最適な価格戦略とターゲッティングなどのマーケティングを総合的に指南する点が、他のwebコンサルタントや広告営業会社とは大きく異なる。
これまで、自らが起業家に対してコンサルティング指導を行い、110億円の売り上げ作りに関与し、中でも楽天市場では、総合1位、ダイエット1位、健康1位、コスメ1位、食品1位などの実績は度々。
他にクライアント独自のドメインショップの売り上げを30倍にするなどの実績もある。
コンサル指導を行った、83.6%のクライアントが、それぞれの目標を達成している(平成26年2月在)。

コラム ネット販売で成功するためのノウハウ

同じカテゴリのコラム

コラム検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。