ネット販売で成功するためのノウハウ

第36回

【変な名前】レストルフ効果で サイト滞留時間を引き延ばして、客単価もコンバージョンもUPした話

杉本幸雄 2016年9月23日
 
私は、コンサルティング先で、常々、「違和感」を出す事を指導しています。

違和感は「レストルフ効果」を発揮します。
場違いで際立ったものほど、ありきたりなものよりも記憶に残りやすい。
このレストルフ効果は、基本的な学びをきちんと終えているマーケターの間では広く知られている事です。


あなたが、アクセス者に「注文ボタン」を押してほしい時、
まず、目指すべきは、アクセス者をランディングページ(商品ページ)にアクセスしてもらう事、そして、出来るだけ長い時間(例えば、120秒間ほど)、そのページに滞留してもらう事です。


ページ滞留時間が長いほど、コンバージョンも客単価も、高くなるからです。


その目標を達成させる戦術が、「違和感」を出しておく事です。違和感を出して、目立てば、アクセス者にリーチ出来る可能性を高めます。

変なものには、普通のものよりも、意識が動くからです。
ただ一点、難点がありますから、これは覚悟しておかなければイケマセン。目立つから、批判や否定などを普通にしているよりは、はるかに浴びる副作用があります。
そういう点では、違和感は「劇薬」です。



しかしながら、効果的な事は、確かです。



つい、さっき
私は【変な名前】の会社から、お試し品を買った後、すぐに、何万円かの商品を定期購入してしまいました。



その会社、会社名が変 でした。(私の会社には及びませんがー)


変な名前に引き寄せられて、
その会社の公式ホームページ、人材募集広告、Twitter、YouTubeと次々と閲覧しました。

中々、素敵な商品を販売していましたし、販売ページも 良く出来ていたので、4日間ほど考えた末に、定期購入する前提で トライアルのお試し品を買いました。


きっかけは、【変な名前】。
それが、未顧客に関心を抱かせ、受け皿として、公式ホームページ、Twitter、YouTubeなどが用意されていたので、私は 新規客として ゲットされました。



あなたの会社名や商品名は、普通ですか? 変ですか?


公式ホームページは、ちゃんと ある? ちゃんとはナイ?



会社名で検索したら、たくさん 検索にヒットしますか? 少ししかヒットしませんか?




全ては 「仕掛け」です。仕掛けは、準備です。


網を仕掛けておく
罠を仕掛けておく



準備がなければ、ターゲットはゲット出来ません。




 
 

<プロフィール>

ネット通販の魔術師
杉本幸雄(すぎもと・ゆきお)


大企業お断りのネット通販コンサルタント、起業家支援コンサルタント
昭和44年1月生まれ。小さな会社のビジネスモデルの仕組みを策定する事を得意としている。
【必ず儲かる鉄板公式】売上=商品×(集客+接客)を考案し、自らのコンサルティング指導では、商品企画・集客活動・接客活動と最適な価格戦略とターゲッティングなどのマーケティングを総合的に指南する点が、他のwebコンサルタントや広告営業会社とは大きく異なる。
これまで、自らが起業家に対してコンサルティング指導を行い、110億円の売り上げ作りに関与し、中でも楽天市場では、総合1位、ダイエット1位、健康1位、コスメ1位、食品1位などの実績は度々。
他にクライアント独自のドメインショップの売り上げを30倍にするなどの実績もある。
コンサル指導を行った、83.6%のクライアントが、それぞれの目標を達成している(平成26年2月在)。

コラム ネット販売で成功するためのノウハウ

同じカテゴリのコラム

コラム検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。