フランチャイズ本部構築展開の成功の秘訣

第20回

フランチャイズ本部構築立ち上げ展開企業が設定するフランチャイズ加盟の審査基準とは?

株式会社販路企画  田口 勝

 

フランチャイズ本部構築立ち上げ展開企業が設定するフランチャイズ加盟の審査基準とは?フランチャイズ本部や小売業、飲食業、サービス業から様々な問合せを頂きます。今回は、フランチャイズ本部の加盟店審査基準について解説をしていきたいと思います。


●加盟店の加盟審査基準はなぜ必要か?

フランチャイズ加盟店の審査基準とは、フランチャイズ本部構築立ち上げ展開企業が、自社のフランチャイズモデルに加盟する加盟希望者を一定以上の条件をつける目的で審査基準を設けます。理由は、フランチャイズ加盟は誰でも加盟できると実際に経営に不向きな方であっても加盟ができることになりますが、実際の経営を行うことが出来ずに、撤退の要因になったり、ブランドイメージの棄損の要因にもなったりするからです。

フランチャイズ加盟審査基準をつくることは、「自社のフランチャイズ本部を有効活用できるのはいったいどうのような人または会社か?」を明確にすることでもあります。誰でも活用ができればいいですが、実際はそうではありません。そのため、フランチャイズ本部としてもフランチャイズ加盟店としてもお互いが幸せになるために、フランチャイズ加盟基準を設定するのです。


しかし、実際の現場では初期段階では、フランチャイズ加盟者の審査基準は深くは検討できないことが多い状況です。それは、初期段階では、加盟店の審査基準を構築しても、加盟開発で新たに新規加盟店を獲得する優先順位が高く、基準を満たしてなくても加盟をさせてしまうというのが実状であるからです。


現実的には、多少はやもえない部分もあるでしょうが、それは危険な行為であります。特に初期段階の加盟店については、本部と一緒に成長して頂く候補者でもあるため、フランチャイズ本部として、完璧な体制が出来ていない時でもあります。「誰と組むか?」は非常に重要な要素となるからです。


初期段階でのフランチャイズ本部加盟で審査基準を適用するためには、「初期段階から高い加盟獲得目標を設定しないこと」「資料請求など加盟希望者から問い合わせを出来る限り多くする」ことの2つがないと解決することはできません。


目標設定は、自社で決める話ですが、フランチャイズ加盟希望者の問い合わせは、フランチャイズ加盟戦略や実行度に応じて変化しますので、ここが一番難しい問題なのではないかと思います。


どのようなフランチャイズ本部としても自社のビジネスモデルだけで、全ての加盟店を成功に導くことは正直難しいのは実状です。そのため、フランチャイズ加盟側の元々持っている力や資源を充分に活用していく必要があります。そのため、事前にフランチャイズ加盟審査基準を構築し、それに沿った人や会社と契約を実施していく方向性で進めることが重要なのです。


●加盟審査基準の設定内容とは?

フランチャイズ加盟審査基準としては下記は一例ですが、次のようなものがあります。


〇年齢基準。例えばハードな仕事であったとして、年齢的な限界があるとき等。

〇加盟時の必要人数基準。1人ではできないビジネスモデル等。

〇自己資金基準。実際に事業を開始し運営する際に最低限自己資金としていくらぐらい必要か等。

〇過去の経歴基準。過去の同業界での経験や資格などが必要な場合の時等。

〇信用性の基準。過去の金銭的な信用性や経歴や人物像等。

〇自社のフランチャイズ本部への適正度等。考え方や志望の動機等。


前述の項目から「どの程度必要なのか?」を基準にしたものが加盟基準です。それを実際何で審査や確認するのか?(証拠等)を含めて決定します。口頭でヒアリングを行う判断をする場合もあるでしょうし、実際の証拠書類を提出頂くこともあります。証拠書類としては、身分証明書や履歴書、住民票、登記簿謄本や法人の会社のホームページの情報、信用調査会社の情報等があります。


当然、全てを満たしている加盟店は実際には少ない場合もありますので、最低限必要なものと、希望上必要なものとにウェイト分けをすることも必要です。


実際には、フランチャイズ加盟者の状況を見ながら、このフランチャイズ加盟基準は変更されていくものです。それは初期段階の想定と実際加盟店を獲得し、支援する中での実際の状況に乖離が出る場合があるからです。


しかし、最初にフランチャイズ加盟基準を設けないことは、不適格なフランチャイズ加盟店を加盟させるだけでなく、最初の段階で必要な既存店の成功に結び付けにくい環境となります。


現在のフランチャイズ本部では、実際に、「初期の加盟者をもっと適切な加盟基準を元に選択をすべきであった」という事例は多数ありますので、簡易的にも加盟審査基準が設けることが必要です。


今後、フランチャイズ本部構築立ち上げ展開をご検討の企業のお役に立てれば幸いです。

↓↓↓ フランチャイズ化初回無料相談実施中!! 詳細はこちら ↓↓↓

https://hanrokikaku.com/top/fc-consaru/


↓↓↓【著書】小さな会社のフランチャイズ 本部構築・展開に成功する50のポイント↓↓↓

https://hanrokikaku.com/top/tyosyo/


【コラム配信企業概要】

株式会社販路企画

[本社]福岡県福岡市博多区寿町3丁目4-16 エレガンス南福岡駅前(古賀ビル)601号

TEL:092-571-7778

《東京事務所》東京都港区浜松町1丁目27-17 三和ビル 4階

TEL:03-6823-9293

https://hanrokikaku.com

 

プロフィール

株式会社販路企画
代表取締役 田口 勝

大学卒業後、経営コンサルタント会社入社。マーケティング戦略立案支援、社員研修経験。
㈱セブンイレブンジャパン本部へ転職。店長、SV、マネージャー経験。多店舗展開、フランチャイズ本部展開、 既存店売上利益改善を経験し、中小企業でも具現化できるようにノウハウ化。
株式会社販路企画設立。
フランチャイズ本部構築展開支援、小売業既存店活性化支援、店長・SV研修を実務的な支援を実施。
飲食店、サービス業、小売業多数実績。支援実績300社以上。


【Webサイト】:株式会社販路企画

フランチャイズ本部構築展開の成功の秘訣

同じカテゴリのコラム

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。