フランチャイズ本部構築展開の成功の秘訣

第11回

フランチャイズ本部構築立ち上げ展開におけるフランチャイズの設計とは?

田口 勝 2022年6月10日
 

フランチャイズ本部構築立ち上げ展開時にフランチャイズ設計を行います。どのようなことを実施するのか?コラムの中で解説をしていきたいと思います。


フランチャイズの基本設計で行う事項

フランチャイズ本部構築しようと考えるとフランチャイズの基本設計を実施していかなければなりません。代表的には、「加盟金をいくらにするか?」ということを検討していくことになります。大前提としては、成功モデルの分析を実施してあることが前提です。成功モデルによって、このフランチャイズ設計は全く異なるからです。


◯フランチャイズ本部とフランチャイズ加盟店の役割分担を実施する

フランチャイズの基本設計で最初に重要な点は、フランチャイズ本部とフランチャイズ加盟店の役割分担を明確にしなくてはなりません。例えば、大きく言うと(実際はもっと細かいですが。。。)飲食店において、フランチャイズ本部は商品開発や商圏調査・立地調査・経営指導・全体的な販売促進を実施する。フランチャイズ加盟店はフランチャイズ本部のレシピを元に材料は、基本的には、自分で仕入れ先を選定し、仕入れを行うが、核となる調味料は、フランチャイズ本部から仕入れを行う。従業員の募集採用教育はフランチャイズ加盟店が実施し、店舗の個別の販促活動は加盟店が実施する等、事業運営において、何をするのか?をフランチャイズ本部とフランチャイズ加盟店の役割分担を明確にすることです。


ここで重要なことは、フランチャイズ本部に加盟するメリットをしっかり構築していないと、フランチャイズ加盟店はなんのために「ロイヤリティを払っているんだろう」と考えて、事業がうまくいっているかいないかに関わらず、辞めていくということになります。フランチャイズ本部に加盟するメリットについては、他のコラムでも明記しておりますのでご確認下さい。


◯フランチャイズ本部に支払う費用を決定する

フランチャイズに加盟する際して本部に支払う費用を決めていきます。これは例えば加盟金であったり、研修費用や、保証金、ロイヤリティ等です。これはフランチャイズ本部の初期収益になる部分でもありますので、慎重に決定していきます。参考情報は、他の同業のフランチャイズ本部ということになりますが、これを実施するためには、他のフランチャイズ本部の情報も横比較する必要があります。


ただ、これだけでは不充分で、同業のフランチャイズ本部がどのような加盟開発手法を講じているか?という視点も必要です。フランチャイズの加盟開発は、広告代等を講じて、フランチャイズ加盟店を募集していかなければなりませんので、加盟金等の初期費用でここが回収できなければ、フランチャイズ本部として儲かりにくい環境になってしまいます。そのため、同業のフランチャイズ加盟開発手法から、自社のフランチャイズ加盟獲得戦略も考慮しておかなければなりません。そこに係る費用も検討材料になります。


また、併せて、自社の売上利益シュミレーションモデルの利益から、初期のフランチャイズ本部に支払う費用+初期投資(内外装工事や設備代など)を加えた投資がどれぐらいで回収ができるのか?という視点も必要です。


また、どのようなフランチャイズ加盟店をターゲットにするか?という視点でも見方が変わります。個人の独立と新規事業でも掛けることができる初期投資は融資の関係上全く違います。フランチャイズ本部に支払う費用はこれらも考慮して決めていかなければなりません。


また、ロイヤリティも自社の売上利益シュミレーションからどの程度であれば、フランチャイズ加盟店の利益から頂ける額なのか?その対価に匹敵するフランチャイズ本部の提供するメリットはどのようなものか?ロイヤリティがフランチャイズ本部の収益計算から妥当な金額であるか?等を競合比較もしながら実施していくことが必要であると思います。


つまり、フランチャイズ本部とフランチャイズ加盟店の互いの分配・収益・利益を決めていく作業ともいえると思います。


◯フランチャイズ加盟基本契約書の諸条件を決める

フランチャイズ本部に支払う費用だけでなく、お互いの分配についてもフランチャイズ加盟基本契約書には明記しなければなりませんが、その他にも様々な内容があります。

例えば、競業避止規定。このフランチャイズ事業をすることで、おなじような事業をやって良いのか?やってはいけないのか?


テリトリー権設定。特定のエリアに排他的・独占的権利を与えるのか?与えないのか?これはエリア権を与えることで、フランチャイズ加盟店の商圏の保護をするのか?しないのか?ということです。


契約期間の設定。契約期間はどれぐらいにするのか?という視点です。また、営業時間や営業日の設定はどのようにするのか?等です。


原材料等の仕入れについて。原材料の仕入れはフランチャイズ本部から仕入れるのか?それとも自由に選定するのか?等です。


上記は、一部ですが、フランチャイズ本部とフランチャイズ加盟店の役割分担と成功モデルから導き出された内容が本来はフランチャイズ加盟基本契約書に反映さえることになります。同じ業態であっても正直、内容は変わるというのが実状です。


重要なことはフランチャイズ本部とフランチャイズ加盟店が共存共栄できるフランチャイズ加盟基本契約書にすることと思います。


このフランチャイズの設計は、量として多い内容ですので、今後のコラムの中でさらにブレイクダウンして解説をしていきたいと思います。今後フランチャイズ本部構築立ち上げ展開を検討されている企業の参考になれば幸いです。




↓↓↓ フランチャイズ化初回無料相談実施中!! 詳細はこちら ↓↓↓

https://hanrokikaku.com/top/fc-consaru/

↓↓↓【著書】小さな会社のフランチャイズ 本部構築・展開に成功する50のポイント↓↓↓

https://hanrokikaku.com/top/tyosyo/



【コラム配信企業概要】

株式会社販路企画

[本社]福岡県福岡市博多区寿町3丁目4-16 エレガンス南福岡駅前(古賀ビル)601号

TEL:092-571-7778

[東京事務所]東京都品川区東五反田1丁目6−3 いちご東五反田ビル3階 プレミアムオフィス内

TEL:03-6868-3167

https://hanrokikaku.com

 
 

プロフィール

株式会社販路企画
代表取締役 田口 勝

大学卒業後、経営コンサルタント会社入社。マーケティング戦略立案支援、社員研修経験。
㈱セブンイレブンジャパン本部へ転職。店長、SV、マネージャー経験。多店舗展開、フランチャイズ本部展開、 既存店売上利益改善を経験し、中小企業でも具現化できるようにノウハウ化。
株式会社販路企画設立。
フランチャイズ本部構築展開支援、小売業既存店活性化支援、店長・SV研修を実務的な支援を実施。
飲食店、サービス業、小売業多数実績。支援実績300社以上。


【ホームページ】:株式会社販路企画

同じカテゴリのコラム

キーワードからコラムを検索する