はじめての起業 成功の秘訣

第26回

【松下幸之助の教え】37歳で本当の使命を知る

坂本 憲彦 2020年6月17日
 

今回は、37歳で本当の使命に出会った松下幸之助さんのお話です。


松下幸之助さんの人生に起こった大きな転機について

お話していきます。


 

松下幸之助さんは、

いわずと知れた昭和の大経営者です。


一代でパナソニックグループを立ち上げ、

経営の神様として、多くの経営者の育成にも力を注いできました。


私も、自分自身が経営に迷っていたときに、

改めて、しっかりと学びたいと思ったのが、

松下幸之助さんの教えでした。


いろいろなセミナーを聞きに行くと、

幸之助さんのお話は、

よく色々なところで引用されています。


中には

「ほんとかな?」

と思うようなお話もあり、

本当の幸之助さんは、どんな方だったのかを知りたくて、

私も1年間、松下経営塾で幸之助さんの考えや

足跡などを京都で勉強してきました。


そこで、学んだことは、

たくさんあったのですが、

その中でも印象的だったのが、

このお話です




このお話は、

幸之助さんが37歳のときに体験されたことを

お話しています。


それまで、15年近く会社を経営して、

規模も大きくなったけども疑問を抱えていました。


なぜ、自社の社員は、

不平不満を言うのかと。


しっかりと給料も払っているのに、

なぜ、みんな不平不満を持ちながら働いているのかと

悩まれていたそうです。


そんなときに、ある出来事をきっかけに、

気づくことがありました。


それは、自分自身の

「本当の使命=真使命」

です。


自分の真の使命を気づくことによって、

その後、松下電器の会社は大きな変革を行うことになっていきます。


経営者自身が自分の本当の使命に気づくこと。


これが会社の業績を大きく飛躍させる秘訣です。


長年、停滞している。


将来が見えない、

と悩んでいるなら、ぜひ、こちらの

幸之助さんの生の声を聞いてみてください。




何が大切なのかを教えてくれます。

 
 

プロフィール

一般財団法人 立志財団
理事長、株式会社ナレッジアクション代表取締役 坂本 憲彦

起業家教育の専門家。
1975年、和歌山県生まれ。
一般財団法人 立志財団 理事長、株式会社ナレッジアクション代表取締役。

下関市立大学を卒業後、西日本シティ銀行に入行。6年間、法人・個人向けの融資や営業を担当する。30歳で独立し、ビジネススクール、速読講座、飲食店、貸会議室などを立ち上げ年商5億円まで成長させる。また、10年以上にわたり、1万人以上の起業家の指導を続けている。

自社開催の起業教育セミナーは500回以上開催し、延べ1万人以上が参加。富士ゼロックスやメットライフ生命、商工会議所、倫理法人会などの法人向けにもセミナーを開催しており、パソナ創業者南部靖之氏との講演実績もある。
「すべての人を真に導く」を真の使命として志ある起業家の育成に全力をかけて邁進している。起業家育成の活動の一環として2017年9月、一般財団法人立志財団を設立。2017年12月には実務教育出版より書籍『6つの不安がなくなればあなたの起業は絶対成功する』を出版し、1.1万部のベストセラーとなる。

HP:一般財団法人 立志財団

このコラムをもっと読む はじめての起業 成功の秘訣

同じカテゴリのコラム

キーワードからコラムを検索する