知れば知るほどミャンマー

第10回

ミャンマー語 ~ミャンマー語の記号~ ⑤

木村 賢嗣 2022年5月2日
 

今回はミャンマー語の基本文字+記号の使い方について説明したいと思います。

記号は多数ありますが、今回は以下の4つの記号を使います。


下の画像の左から右の数字について説明します。

1番は、基本文字そのままを使います。

2番は、「〇」の記号です。基本文字の上に置いて使います。

3番は、英語の「 L 」と同じような記号です。基本文字の下に付けて使います。

4番は、「 \ 」と同じ記号と「 ○」小さい丸を使用します。基本文字の上と下に付けて使います。 

5番は、「〇」「 L 」「 ○」を記号の上下に付けて使用します。





基本文字「အ」(日本語の発音は「あ」)を使って記号と合わせて、日本語の「あ行」を説明します。

・「အ」、基本文字そのままの発音は「あ」になります。

・「အိ」、記号2番を使用します。発音は「い」になります。

・「အု」、記号3番を使用します。発音は「う」になります。

・「အဲ့」、記号4番を使用します。発音は「え」になります。

・「အို့」、記号5番を使用します。発音は「お」になります。




同様に基本文字「က」(日本語の発音は「か」)を使って記号と合わせて、日本語の「か行」は以下の通りになります。




続きは次回…


 
 

プロフィール

合同会社ジーフロッグ
代表社員 木村 賢嗣

富士通株式会社へ新卒入社後、日本初の銀行ATM搭載タッチパネル設計に従事(スマホのタッチパネルなど現代に欠かせない礎を築く)、世界初となるプラズマディスプレイ設計に従事。その後、セイコーエプソンにおいて、USB2.0規格に準拠したスキャナーの組み込みソフトウェア開発に従事。リーマンショックの影響により建築業界へ転職、飛び込み営業として営業スキルを習得。

日本の人口減少という課題にミャンマー人材と共に解決に取り組み、ミャンマー発展のために寄与することを経営理念として、2019年3月に合同会社ジーフロッグを設立、CEOに就任。

30年以上のエンジニア経験と過去の実績を活かしたイノベーターとして、ミャンマーと日本の新しい未来を創造するため活動している。


Webサイト:合同会社ジーフロッグ

同じカテゴリのコラム

キーワードからコラムを検索する