知れば知るほどミャンマー

第2回

在日ミャンマー人とは?

木村 賢嗣 2020年4月27日
 

法務省のデータによると、日本に住んでいるミャンマー人は約 2.8万人(2019年6月)です。

フィリピン 約27万人、ベトナム 約37万人ですから、まだまだ、ミャンマー人と出会う機会も少ないと思います。都道府県で多い順は、東京都、愛知県、埼玉県です。

ミャンマー人と話したことがある人はいますか?


リトル・ヤンゴン



東京の高田馬場は「リトル・ヤンゴン」と言われているようで、ミャンマー料理店などがあります。


ミャンマーでは日本と異なる部分が多くあります。


印鑑   サインの文化

硬貨   紙幣のみで硬貨は無い

食文化  魚醤、油が多い、生野菜は食べない

食べ方  素手、スプーン(外食時)

敬意   僧侶、お客、年上の人に最初に食べ物を取り分ける

タクシー 乗る前に交渉する

トイレ  手動洗浄

日焼止め 「タナカ」を使う

日本に来て初めて出あう日本特有の「物事」に戸惑うことがたくさんあります。



印鑑を選ぶ?


印鑑の文字を選ぶことに困るようです。

当社社員に選んだ理由を聞くと「カッコいい」からとのこと・・・


印鑑登録しなければ、銀行口座開設などで規定は存在しないようですが、何でも良いとなると、今さらながら不思議な感じがします。


ミャンマー人も「漢字はカッコいい」と思う人が多いようです。



戸惑うこと満載


電車の乗り方と、行き先や乗り換えなど、戸惑うことが満載です。


実話として、京浜東北線の「大船行き」と「大宮行き」はハードルが高いようです。


自動改札機もミャンマーには存在しません。


切符も昔ながらの駅員に行先を伝えて買います。



仕事のミスマッチ


グローバル人材は、仕事のミスマッチや悪徳なブローカーに騙されていたりして、転職を希望している人が多い現状があります。


特に IT業界で多いのは、派遣会社とは知らずに入社して、一人で社外へ派遣されてしまうことです。


派遣会社の多くは「正社員採用」としか伝えませんし、間違ってもいません。


しかし、定着率は想像の如くです。



嘆かわしい現実


就労ビザが取得できる高度人材の場合、日本企業から直接雇用が可能です。


ミャンマーでは「送り出し機関」が介在して、ビザ取得手続きが必要です。


しかし、「送り出し機関」を介在させなかったり、ブローカーが高額な手続き代行費用を要求している現状があります。


技能実習生が失踪してしまう、その背景と理由があります。

国によって異なりますが、技能実習生として来日するために 100万円以上の借金をして、手数料を支払っている人もいます。

日本で働きたいと願う気持ちに、悪意のある人が介在して多額の借金を背負わされ、日本のブラック法人で劣悪な労働環境で働かされています。


当社には毎週、多くの在日ミャンマー人から仕事や労働環境、ビザなどの相談がきています。

ブラック法人が、どのようなことをしているのか一部を紹介します。


・暴力

・パワハラ、威嚇、人格否定

・残業代の未払い

・寮の冷暖房設備を使用させない

・留学生をビザ取得前に自主退学させる

・自社作業で単純作業しかさせない(高度人材)

・組立工場のライン作業者として派遣(高度人材)

・ビザ要件の手続きを放置(高度人材)


このようなことをしていては、グローバル人材は日本で働きたいと思わなくなります!

嘆かわしい現実があります。


人気スポット



ミャンマーは仏教徒が多く、日本の仏教について興味を持つ人が多くいます。


奈良、鎌倉、牛久などが人気スポットです。


仏像への興味は、私達では理解できない部分もあります。


「信じる心」がある在日ミャンマー人から、今の日本に欠けている事、学ぶべきことがたくさんあります。



最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大爆発!好評コラム「驚愕の発展を加速するミャンマー」
https://www.innovations-i.com/column/all_article/myanmar/

最新好評連載コラム「知れば知るほどミャンマー」
https://www.innovations-i.com/column/all_article/more_myanmar/

 
 

プロフィール

合同会社ジーフロッグ
代表社員 木村 賢嗣

富士通株式会社へ新卒入社後、日本初の銀行ATM搭載タッチパネル設計に 従事(スマホのタッチパネルなど現代に欠かせない礎を築く)、世界初と なるプラズマディスプレイ設計に従事。その 後、セイコーエプソンにおい て、USB2.0規格に準拠したスキャナーの組込みソフトウェア開発に従事。 リーマンショックの影響により建築業界へ転職、飛び込み営業として営業スキルを習得。

日本の人口減少という課題にミャンマー人材と共に解決に取り組み、ミャ ンマー発展のために寄与することを経営理念として、2019年3月に合同会 社ジーフロッグを設立、CEOに就任。

30年以上のエンジニア経験と過去の実績を活かしたイノベーターとして、 ミャンマーと日本の新しい未来を創造するため活動している。


HP:合同会社ジーフロッグ

同じカテゴリのコラム

キーワードからコラムを検索する