アスリート・マインド ~挑戦者~

第12回

【白須康仁選手】キックボクサー/現在41歳、約10年ぶりの復帰に挑戦

柏木 太郎 2021年9月21日
 

<白須康仁選手プロフィール>

元キックボクサー。現在は格闘技ジム「EXFIGHT」で指導者を務めながら、現役復帰に向けトレーニングをしている。

人生に悔いを残さない。限界突破。40代の挑戦。

空手との出会い

白須 小さい頃から空手をやっていた訳ではないですね。小学校3年生から中学校3年生までの6年間は野球をやっていました。高校では3年間ラグビー部に所属していました。高校を卒業して、板前の見習いをしていた時、一緒に働いていたホール長が空手をやっていて、いろいろ空手の話を聞いていたら、自分の中で「何か」のスイッチが入りました。ホール長が通っていた空手道場が、当時住んでいた家から近かったので通い始めるようになったのがきっかけです。スタートは空手から。その後、キックボクシングですね。

キックボクサーとしてプロデビュー

白須 空手で大会に出るようになって、世界大会で3位までいきました。その後、キックボクシングのプロテストを勧められ、受けました。キックボクサーとしてのプロデビューは21歳の時だったと思います。



一番印象に残っている試合は、現役最後の試合

白須 タイでの試合もあわせると、今までに40戦くらいは試合をしていると思います。タイトルを獲った試合も強く印象に残っていますが、一番と言われると、現役最後の試合ですね。タイ王国が国をあげてやっているタイファイト(THAI FIGHT)が日本で興行することがあって、その試合でタイのスーパースターと試合したことが一番印象に残っています。

99%勝てないと言われていた

白須 怪我で1年間試合をしていなくて、ちょうど復帰できるタイミングでタイファイトからオファーが来ました。対戦相手はヨードセングライ・フェアテックス選手です。当時タイ王国でムエタイのスーパースターでした。周りからは99%勝てないと言われたりしましたが、激闘の末、判定ですけど勝つことが出来ました。実は、この試合が決まり、それに向けてのハードトレーニングをしていて、古傷に血が溜まり動けなくなりました。試合を諦めた方が良いという人も沢山いたんですけど、やらなきゃ後悔するなと思って、血を抜いて試合をしました。結果、勝利することが出来ましたが、勝手も負けても引退する決意で挑みました。当時はやり切った感があったので、この試合で引退しました。



引退後

白須 最初は引退してからインストラクターの仕事をしていました。ただ自分は高校を卒業してから早くにプロとしてキックボクサーとなり、社会のことをあまり知りませんでした。言ってみれば、ジム(GYM)のことしか知らなかった。知らないことがあまりにも多すぎて、それで損をすることも多いと思ったのと、話すのが苦手だったので、保険の営業も経験しました。大変だったですね。これも勉強です。

身体を動かすことの楽しさを知ってもらいたい

白須 格闘技ジム「EXFIGHT」から縁あって声をかけて頂き、指導者としてインストラクターをしています。身体を動かすことの楽しさを、一人でも多くの人に伝えたいですね。身体を動かすことでうつ病を克服できた会員さんもいます。運動はメンタルも鍛えられることを伝えていきたいです。

やり残したこと・・・再挑戦「現役復帰」を決意

白須 格闘技ジム「EXFIGHT」には、世界チャンピオンを目指して頑張っている若い選手が沢山います。そんな彼らを見ていると、昔のチャンピオンを目指していた自分を思い出してしまいます。当時はやり切ったと思って引退したのですが、引退してしばらくすると正直モヤモヤした感じがありました。今もあります。正直やり残したことがあります。今は名前は言えませんが、やりたい、対戦した相手がいるんです。その選手とどうしても戦いたい、そう思って現役復帰を決意しました。



次のゴール

白須 今はその選手と戦いたいという思いだけが強いです。その先はまだわかりません。とにかく結果を出して、試合をお願いしたいですね。

41歳、現在のコンディション

白須 昔はとにかくがむしゃらに練習をしていました。今は科学的なトレーニングや身体の使い方も勉強したので、当時よりも今の方が強いんじゃないかって真剣に思っています。昔、手術した膝も今はなんともないですね。正直、10年のブランクもありますし、若い時よりも疲れはとれにくいですが、身体作りや身体の使い方で限界を超えられるような手応えを掴んでいます。メンタル面でも、年齢のこと、時間のこと、そのような制限があるので若いころよりも決意や気持ちは強いです。

メッセージ

白須 40歳過ぎての復帰に関して、周りからは無理だと言われることもあります。ただ、モヤモヤした気持ちを抑えて人生を過ごすより、出来ることは挑戦したい。もちろん、守らなければいけないものもあります。挑戦するために周りの応援やサポートも必要です。今、我慢をしたり、モヤモヤして過ごしている同世代の人の見本になるような生き様を見せていくつもりで戦います。



情報

白須選手のエキシビジョンマッチがあります!!

キックボクシングイベント 鉄拳13

日時:2021年10月3日 15時30分開場

会場:ハミルトンホテル上総

住所:千葉県君津市中野4-6-28


白須康仁の40代挑戦チャンネル

協力

場所:ウィラサクレックムエタイジム

撮影:山さん

 
 

プロフィール

株式会社アゴラ
柏木 太郎

様々な業種業態(異業種)と交流し、共同で新規プロジェクト立上げに参加する。



HP:株式会社アゴラ

同じカテゴリのコラム

キーワードからコラムを検索する