データセキュリティ | Varonis

筆者:Varonis Systems, Inc.  執筆

データセキュリティと振る舞い分析における新しい基準を打ち立ててきたVaronisより、サイバーセキュリティ、プライバシー、データ保護についての最新のトレンドや知見、分析情報、事例などをご紹介します。

  • 第10回  ISO 27001 (ISMS) 準拠ガイド: 重要なヒントと洞察

    「ISMS」の名で広く知られている情報セキュリティの国際規格「ISO/IEC 27001:2022」と、その内容、および認証を取得する方法を詳しく紹介します。この規格は、「JIS Q 27001:2023『情報セキュリティ、サイバーセキュリティ及びプライバシー保護-情報セキュリティマネジメントシステム-要求事項』」として、国内規格にもなっています。

    ISO 27001 (ISMS) 準拠ガイド: 重要なヒントと洞察
  • 第9回  クラウドデータセキュリティの未来:DSPM活用法

    データセキュリティ態勢管理(DSPM)とは何か、DSPMソリューションを評価する際に注意すべき点、IaaSに自動化が重要な理由、そしてDSPMの未来に向けて組織としてどのような準備をすれば良いのかを、データセキュリティの先駆者であるVaronisの視点からご紹介します。

    クラウドデータセキュリティの未来:DSPM活用法
  • 第8回  組織における責任共有モデルの理解と適用

    組織がどのセキュリティ側面に対して責任を持つのか、どのセキュリティ側面がSaaSアプリケーションの領域に属するのかを理解するためのモデルは、責任共有モデルと呼ばれています。クラウドデータを適切に保護するために最も重要な責任共有モデルを理解するためのポイントとその適用方法について解説します。

    組織における責任共有モデルの理解と適用
  • 第7回  Varonisを活用してMicrosoft Copilot for Microsoft 365の安全な導入を加速する方法

    VaronisとMicrosoftが、地球上でもっとも強力な生産性向上ツールの一つであるMicrosoft Copilot for Microsoft 365を企業が安全に活用できるよう、新たな戦略的協力関係を構築しました。Varonisを組み合わせることにより、企業が生成AIに関して抱いている不安を解消し、Microsoft Copilot for Microsoft 365の安全でコンプライアンスに準拠した配備の基盤を構築できるようになります。

    Varonisを活用してMicrosoft Copilot for Microsoft 365の安全な導入を加速する方法
  • 第6回  企業向けCopilotに入力して欲しくないプロンプト6選

    Microsoft 365の生成AI機能であるCopilotのしくみを紹介し、Copilotのプロンプトハッキングの例を挙げ、Copilotのプロンプトハッキングを防止するためには何をする必要があるのかを解説します。

    企業向けCopilotに入力して欲しくないプロンプト6選
  • 第5回  DSPMとCSPMソリューションの比較:データセキュリティとクラウドセキュリティを橋渡しするには

    データセキュリティ態勢管理(DSPM)ソリューションとクラウドセキュリティ態勢管理(CSPM)ソリューションの本質的な役割を考え、Varonisがどのようにして独自に両方の役割を兼ね備えたプラットフォームを実現し、クラウドセキュリティとデータセキュリティのギャップを埋めるのかについて説明します。

    DSPMとCSPMソリューションの比較:データセキュリティとクラウドセキュリティを橋渡しするには
  • 第4回  生成AIセキュリティ:Microsoft Copilotの安全なロールアウトに向けて

    マイクロソフト社が提供するオフィススイートを拡張する生成AI機能(Microsoft 365 Copilot)のセキュリティモデルの仕組みを説明し、その安全なロールアウトに先立って軽減しておくべきリスクを解説します。

    生成AIセキュリティ:Microsoft Copilotの安全なロールアウトに向けて
  • 第3回  Varonisが内部者の脅威との戦いを支援する3つの方法

    データセキュリティ3原則(機密性、アクセス許可、アクティビティ)を解説し、企業が内部者攻撃のリスクと影響を軽減するためにとるべき管理策を解説します。

    Varonisが内部者の脅威との戦いを支援する3つの方法
  • 第2回  VaronisがGigaOmの2023年版レーダーレポート「データセキュリティプラットフォーム」でリーダー...

    このコラムでは、サイバーセキュリティ、プライバシー、データ保護についての最新のトレンドや知見、分析情報、事例などを皆様にご紹介していきたいと考えております。第2回目では、Varonisが「リーダー (Leader)」に選出されたGigaOm社の2023年版データセキュリティプラットフォームのレーダーレポートを取り上げ、企業向けデータセキュリティプラットフォームとしてVaronisが育んできたコア機能に触れていきます。

    VaronisがGigaOmの2023年版レーダーレポート「データセキュリティプラットフォーム」でリーダーに選出
  • 第1回  Varonis誕生ものがたり

    このコラムでは、サイバーセキュリティ、プライバシー、データ保護についての最新のトレンドや知見、分析情報、事例などを皆様にご紹介していきたいと考えております。第1回目となる今回は、弊社の成り立ちをご紹介するとともに、私どもが取り組むデータセキュリティの重要性がこれまでになく増している背景を解説していきます。

プロフィール

Varonis Systems, Inc.

Varonis Systems, Inc. (NASDAQ: VRNS) はデータセキュリティと分析の先駆者で、データ保護、脅威の検出と対応、およびコンプライアンスに特化したソフトウェアを開発しています。Varonisはデータのアクティビティや境界テレメトリー、ユーザーの振る舞いを分析することにより企業のデータを保護し、機密性の高いデータのロックダウンにより事故を防ぎ、また、自動化によりセキュアな状態を効率的に維持します。


Webサイト:Varonis Systems, Inc.

おすすめコンテンツ

商品・サービスのビジネスデータベース

bizDB

あなたのビジネスを「円滑にする・強化する・飛躍させる」商品・サービスが見つかるコンテンツ

新聞社が教える

プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。