交際術につながるクラシック音楽雑学 <楽器編>?音楽を“音学”して、あなただけのコミュニケーションツールに!?

第8回

良質な音楽を一生涯の良友に…。

 

■ クラシック音楽雑学「知ってよかったランキング ベスト5! 」

初回のコラムで取り上げた楽器「ピアノ」から、楽器の集合体とも言える「オーケストラ」まで、過去7回にわたり楽器の特性も交えながら、音楽雑学をお伝えしました。

そこで、このコラムをお読みいただいた方々からいただいた感想の中から、「初めて知って良かった!」との意見が多かった雑学のベスト5を公開します。

*****************************************************************
第5位 オーケストラ全体のチューニングの要は、なぜオーボエなのかの理由
第4位 サックスはフランスの特許品だったこと
 〃  マリンバの解体後の様変わりの姿を知ったこと
第3位 サックスは金管楽器ではなく、木管楽器だったこと
第2位 世界一値段の高いヴァイオリンは、12億7000万円もすること

そして第1位は…、
 楽器の王様の高貴なピアノは、貴族の王子のワガママから生まれたこと"でした。
*****************************************************************

「楽器は誰の知恵で生まれたのか」、これが一番の興味となったのでしょう。
 まさに、モノづくりの極意ですね。

■ メッセージ

このコラムを書き始めた当初から、見聞きして初めて刺激や感動を得る「音楽」を、活字でどのように書き記していくかについて、楽しみながら思考を重ねてきました。

これまで音楽に親しむ機会が少なかった方々に、コラムを通して、まずは音楽を雑学感覚の「活字」で読み親しんでいただくことで、今度は実際に音楽を「見聞き」するきっかけとなれば、とても光栄に思います。

最後に、音楽の極意をお伝えしたいと思います。

① 生の演奏で聴いた"良質な音楽"は、一生涯の「良友」になります。
② 自ら楽器を奏でて"体感した音楽"は、一生涯の「宝」になります。
③ 雑学を学んで"納得した音楽"は、一生涯の「交際術」になります。

そして、このどれか1つでも身につけていただけたなら、

音楽は必ずや、一生涯を通しての"心の財産"になってくれるはずです。

4ヶ月間、ご愛読いただき、有難うございました。

 
 

プロフィール

BRANDING MESSAGE
代表 宮川 則子


東京都新宿区生まれ。東邦音楽大学卒業。音大卒業後、商船会社の総務部に勤務。
退職後、音楽講師、音楽事務所経営を経て、2015年、箔押し印刷、彫刻加工販売の「BRANDING MESSAGE(ブランディング メッセージ)を立ち上げる。


企業宣伝ツール、セルフイメージアップツールに有効な箔押し印刷、並びに彫刻加工品を提供し、企業・店舗・団体のブランディング活動のサポート事業を行っている。
小ロット対応。デザイン提案から納品まで、親切丁寧に対応いたします。


BRANDING MESSAGE ホームページ:http://www.branding-message.com


<事業内容>

① 箔押し印刷
・クリアファイルへの企業ロゴ、イベントロゴの印刷
・名刺、封筒への箔押し印刷
・革製品への箔押し印刷(応相談)
・ノート、カード類等、ステーショナリーへの箔押し印刷

② 彫刻加工
・プロモーション用のメタルボールペンの加工、販売
・プロモーション用のメタルキーホルダーの加工、販売

<併設事業>
・ E-muse音楽事務所(クラシック音楽事務所)
・ 目白レッスンスタジオ(貸しスペース)

同じカテゴリのコラム

キーワードからコラムを検索する