【特集】今こそ「誇り高きフォロワー」を目指せ!リーダーの良きパートナーとして組織の共通目的を実現する

株式会社インソース

投稿日:2021年10月18日

サービス分野: [ 教育・人材 ]

【特集】今こそ「誇り高きフォロワー」を目指せ!リーダーの良きパートナーとして組織の共通目的を実現する

先日は、これまでの組織論であまり語られてこなかった「フォロワー」についてお届けしました。
▼前回の記事
https://www.insource.co.jp/contents/column_follower.html

リーダーにとって都合のいい「従属者」という存在から脱却し、ともに組織の共通目的を実現するための「パートナー」になることで、フォロワーとしてはもちろん、一人のビジネスパーソンとして大きなやりがいを見出すことができます。

今回は、どのようなフォロワーのタイプがリーダーの良き「パートナー」になれるのか、フォロワーの考え方や行動に基づく4つのタイプを解説します。また、リーダーへの支援力や提言力を磨き、フォロワーとしてさらに成長するにはどうすればよいかについてもお伝えします。参考にしていただければ幸いです。

なお、本記事の最下部に、本テーマに関連する研修サービスをご紹介しております。ぜひ、最後までご覧ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.フォロワーの4つのタイプとは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フォロワーとしての最も本質的な役割と言える「部下としてリーダーをサポートする役割」を果たすために、必要な2つの力「支援する力」と「リーダーに提言する力」について前回お伝えしました。

▼フォロワーに求められる2つの力についてはこちらをご覧ください
https://www.insource.co.jp/contents/column_follower.html

この2つの力をマトリックスの2軸としたうえで、フォロワーの考え方や行動に基づき、次の4つのタイプに分けることができます。
[画像]フォロワーの4つのタイプ
https://www.insource.co.jp/common/img/column/follower_goalc.png

(1)パートナー(支援:高、提言:高)
積極的にリーダーを支えると同時に、組織の共通目的のためならリーダーの言動や方針に異を唱えることも辞さないタイプです。リーダーとはもちろん、周りの人とも調和しながらも決して流されることなく、組織の問題に果敢に立ち向かえるこのタイプこそ、リーダーにとっての「真のフォロワー」であり、組織力の最大化に貢献することができます。

(2)実行者(支援:高、提言:低)
自分の職務をきっちり果たし、率先してリーダーの支援を行うことができるタイプです。何も言わずとも、リーダーの考えていることを先回りして実行してくれるので、頼りになる存在である一方、リーダーを批判しない「イエスマン」にもなりがちです。そのため、リーダーが誤った判断をしていても意見できず、たとえできたとしても否定されると簡単に引き下がってしまいます。

(3)個人主義者(支援:低、提言:高)
リーダーを始め、周囲に対して自分の意見をはっきり主張できる一方、リーダーを支援する意識に乏しく、あまりに不遜な態度で周囲と対立してしまうことも珍しくありません。忖度せず組織の問題に切り込むことができるフォロワーは貴重な存在ですが、メンバーが一丸となってリーダーを支えようとしているチームにおいて「浮いた存在」になってしまうこともあります。

(4)従属者(支援:低、提言:低)
給料に見合うだけの最低限の仕事のみを行い、それ以上の働きをしないという人が、どこの組織にいるものです。言われたことだけやろうとする指示待ち人間でいては、良きフォロワーとしての役割を果たすことができません。 中には、育児や介護など他に優先すべき事情を抱えているため率先してリーダーの支援にあたれない、という人もいるかもしれません。しかし、どうすればチームのメンバーと協力して仕事を前に進められるか、多様な視点を活かしてリーダーへ提言できることはないか、といったことを常に考え、発信していくことができれば、フォロワーとしての存在感を示すことができます。


全てのフォロワーが(1)のタイプなら、黙っていてもリーダーへの支援力と提言力を存分に発揮し、組織の発展に貢献することができます。しかし実際には、2つのうちどちらかの力が不足している、あるいはどちらも足りないフォロワーが多いものです。どうすれば足りない力を補い、成長することができるのでしょうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.リーダーの判断軸を理解する~支援力を養うために
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リーダーへ報告をしているときや、リーダーからアドバイスをもらうとき、リーダーがよく口にする言葉は何でしょうか。その「キーワード」こそ、「このポイントで考えてほしい」というリーダーの「判断軸」です。リーダーはフォロワーに対して、「その判断軸を持って仕事をすすめ、報告をしてほしい」と思っています。

■具体的な判断軸の例
・緊急度や優先順位を意識しているか
・推測ではなく、事実に基づいた判断かどうか
・コストパフォーマンス(費用対効果)を念頭においているか
・その対策を実施することによって、他業務に悪影響を及ぼさないか など

自分の判断軸で考えるのではなく、リーダーの判断軸(ひいては組織としての判断基準)で考える習慣を身につけることで、共通目的の実現に向かって奔走するリーダーを支えるために自分にできることは何か、明確になるはずです。

また、リーダーは各担当業務の隅々まで把握できているわけではありません。リーダーの判断を助けるために、より現場を知っているフォロワーが、起こったことや状況などの事実を報告し、リーダーが判断できる材料を揃えることも、目に見える支援の形のひとつです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.「フィードバック」の仕方を工夫する~提言力を養うために
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フィードバックというと、普通は上司から部下にするものと考えられがちです。しかし、共通目標の実現のために自身の考えをリーダーに提言していくことも、フォロワーの大切な役割です。日頃からリーダーを積極的に補佐し、リーダーの目線で考えることができるフォロワーからの提言であれば、リーダーはその内容を重視するものです。

ただし、いくら信頼を寄せるフォロワーからのフィードバックでも、伝え方を間違えると、せっかく築いた人間関係にヒビを入れかねません。リーダーも一人の人間です。個人的に攻撃されていると捉えられてしまったり、リーダーのプライドを傷つけるような言い方をしてしまうと、フォロワーの提言を快く受け入れてもらえなくなります。

リーダーを慮ったうえの進言であると受け取ってもらうためには、伝え方を工夫する必要があります。

(1)なるべくリーダーと二人きりの時に提起する
上司から部下へ注意しなくてはならない場合、別室に呼ぶなどの配慮をするのは、部下指導の際の鉄則です。それと同様に、リーダーに批判的なことを言わなければならないときも、できるだけ他の人が周囲にいないタイミングで切り出すようにしましょう。

しかし、多忙なリーダーほど常に周りに人がいるものです。リーダーが一人になるのを待って適切なタイミングを逃してしまうよりは、割り切って人前でフィードバックする勇気も時には必要です。その場合、こちらの言い分を一方的に話し続けてリーダーのメンツをつぶしてしまうことのないよう、ほどほどにしておくのがポイントです。


(2)間接的に異議を申し立てる
リーダーの計画に欠点や問題があると感じても、それを正面切って指摘するのはフォロワーの立場ではなかなか難しいものです。その場合、リーダーが自分の視野を広げ、より良い代案を見つけられるような問いかけをしてみましょう。

■問いかけの例
・(ある状況に対して)○○さん(リーダー)と違う見方の人はいませんか?
・(ある問題に対して)別の視点からのアプローチがあればそれも聞かせてください

また、非協力的な第三者からの意見に対してどう対応したらよいか、リーダーの指示を仰ぐような形で質問してみると、下手に対立することなく間接的に問題点を指摘することができます。

■問いかけの例
×これまでの方針と矛盾していると思います
〇これまでの組織の方針と矛盾しているのでは?という利害関係者からの批判に対して、どう反論したらよいでしょうか?

×この予算じゃ絶対通らないですよ
〇なぜこのような予算申請をするのか、経理部門も納得がいくような解釈はありますか?


(3)「I(アイ)メッセージ」で伝える
リーダーに限らず、誰かにフィードバックをするときは、相手の行動について批判するより、その行動によって自分がどう感じたかを伝える方が、相手に「間違いを指摘されたくない」という自己防衛心理を抱かせることなく、効果的に伝えることができます。

つまり、「自分」を主語にして話し、「相手」を傷つけるような言い方を避ける「I(アイ)メッセージ」のスキルを活用することがポイントです。

■I(アイ)メッセージによる伝え方の例
×「あなたの方針では悪影響が出ます」
〇「私の調査によれば、この方針ではなんらかの悪影響が出ます」

×「情報を隠蔽なさるとは、あなたは不誠実だ」
〇「私は正直さを重んじます。したがって、私たちが持っている情報はただちに公表すべきだと思います」

(4)すぐに受け入れられなくても粘り強く交渉する
フォロワーが勇気を出してフィードバックしたとしても、リーダーがそれを受け入れ、すぐ変化を起こすとは限りません。賛同する部分はあったとしても、今は一度決めた方針を変えるべきではないと判断する場合もあるからです。そもそも誰かの意見に簡単に振り回されてしまうのでは、リーダーとしての役割を果たすことはできません。

しかし、大抵のリーダーは優れた洞察力を持っています。フォロワーが何かにこだわっていたら、ずっと無視はしないはずです。しばらくしてから、リーダーの方からその問題について検討していたことを率直に打ち明けてくる可能性も大いにあります。

その可能性を残しておくためには、リーダーからの拒絶にあってもその場で即決せず、自分たちの見解や提案を手短に伝え、とにかく一度考えてもらうよう頼んでみることが大切です。フォロワーから批判され反射的に断ってしまった、という場合でも、一旦リーダーに判断をゆだねることで、リーダー自身がフォロワーの提案を客観的に考えられるようになります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.最後に~「フォロワーとしての務め」を全うするには
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リーダーが一度実行すると決断し、実施段階に入った方針や施策は、全面的に支援しなくてはなりません。もちろん、リーダーのプランに改善点を見つけた場合は積極的に提言するべきですが、リーダーが大局観に立って判断し、実行に移したことを妨害する権利はフォロワーにはありません。自分の考えと違っていても、成功に向けてリーダーを徹底的にサポートするのが、良きフォロワーとしての務めです。

しかし、リーダーの方針が自分のポリシーと相反する場合、迷ってしまうかもしれません。そんな時に参考にしていただきたいのが、三菱の四代目社長である岩崎小彌太の言葉です。

1941年12月8日、日本の真珠湾攻撃により太平洋戦争が開始した2日後、小彌太は開戦や三菱としての立場などについて、こう述べています。

「我等は平素においては国民の一員として、あるいは政治外交の問題に種々の意見を立て主張を明らかにしたことがなくはないけれども、事すでに今日に至っては、国是の向う所、昭々としてあきらかである......」

これまで多くの英米人と提携して事業を行ってきた小彌太の中には、様々な葛藤があったに違いありません。それでも小彌太は、いったん戦争が始まったら、国家を支えるフォロワーの一人として、課せられた責務の遂行に全力を尽くすという立場を明確にしました。

それと同時に、小彌太はこうも述べています。

「他日平和克復の日が来たならば、彼等は過去において忠実なる好伴侶であったように、将来においてまた忠実なる盟友でありえよう。かくて両者が相提携して再び世界の平和、人類の福祉に裨補(ひほ:助けおぎなうこと)する機会が到来して欲しい」

開戦2日目に、公に対して上記のような英米に対する配慮を、冷静に、かつ臆することなく語った小彌太。潔く国家へ貢献することを選びつつも、自身の信念を捨て去ることはなかった小彌太の行動は、誇り高きフォロワーの姿として参考にしていただけるのではないでしょうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コラム】今こそ「理想のフォロワー」を目指せ!
 ~組織の大多数を占める「リーダーをサポートする人」の働き方を考える
https://www.insource.co.jp/contents/column_follower.html
【コラム】全階層がリーダーシップを発揮できる組織へ!
 ~役割に応じたスタイルが見つかる「リーダーシップの4類型」とは
https://www.insource.co.jp/contents/column_leadership.html
【ラインナップ】フォロワーシップ研修
https://www.insource.co.jp/chuken/followership_top1.html
【公開講座】中堅社員研修~管理職を補佐し、部の成果を出す!
https://www.insource.co.jp/bup/bup_followership.html
【公開講座】4SHIP研修~視座を高め、組織的に活躍するための4つのシップ
https://www.insource.co.jp/bup/bup_chuken_activity.html

元記事:株式会社インソース
    今こそ「誇り高きフォロワー」を目指せ!
    ~組織の共通目的を実現する「リーダーの良きパートナー」に成長する
https://www.insource.co.jp/contents/column_follower_goal.html

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒
▼メールマガジン購読希望の方はこちら
https://www.mrc-s.com/pwpnpv/index.html
キャンペーンや無料セミナー、新作研修など、お得な情報をご案内しています。
さらに、メルマガ購読者限定コンテンツも!? ぜひ、この機会にご登録ください。
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆過去の特集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【特集】今こそ「理想のフォロワー」を目指せ!
 組織の大多数を占める「リーダーをサポートする人」の働き方
https://www.innovations-i.com/release/37171.html [2021年9月30日]
【特集】内定者の不安を払拭する3つの知~同期を知り、仕事を知り、会社を知る
https://www.innovations-i.com/release/36013.html [2021年9月15日]
【特集】環境・社会・ガバナンスの3つの観点から「ESG」の取り組みを考える
https://www.innovations-i.com/release/36012.html [2021年9月13日]
【特集】適切なフィードバックの行い方~助言と対話を活用し、相手の成長の一助となる
https://www.innovations-i.com/release/36011.html [2021年9月9日]
【特集】ケースで学ぶアサーティブコミュニケーション~心の中を整理して相手に伝えたいことを明確にする
https://www.innovations-i.com/release/35815.html [2021年7月21日]
【特集】アサーティブコミュニケーション~不安に打ち克ち、勇気を持って相手に率直に話す方法
https://www.innovations-i.com/release/35814.html [2021年7月19日]
【特集】管理職の役割を徹底解剖!一般職との違いと経営視点を持つということ
https://www.innovations-i.com/release/35772.html [2021年6月28日]
【特集】全階層がリーダーシップを発揮できる組織へ!
 自分の強みを活かす「リーダーシップ4類型」とは
https://www.innovations-i.com/release/35771.html [2021年6月23日]
【特集】人は経験から成長する~経験学習サイクルを効果的に活かした指導法
https://www.innovations-i.com/release/35719.html [2021年5月26日]
【特集】仕事における経験学習サイクルとは
 ~4つのステップを回し、経験をノウハウに変えて成長する
https://www.innovations-i.com/release/35717.html [2021年5月24日]
【特集】交渉が苦手な方必見!~Win-Winの合意に導く交渉のポイントと実践的なテクニック
https://www.innovations-i.com/release/35698.html [2021年5月13日]
【特集】心理的安全性とは~1人ひとりが自然体でいられる環境をつくる4つの処方箋
https://www.innovations-i.com/release/35696.html [2021年5月11日]
【特集】世代間ギャップを乗り越え、部下の活躍を支援する(第2回)
 ~ベテランの複雑な感情と役回り
https://www.innovations-i.com/release/35628.html [2021年4月1日]
【特集】世代間ギャップを乗り越え、部下の活躍を支援する(第1回)
 ~若手世代の常識と力を引き出す接し方
https://www.innovations-i.com/release/35626.html [2021年3月31日]
【特集】若手社員がぶつかりやすい「4つの壁」~1年間の成長ストーリー
https://www.innovations-i.com/release/35603.html [2021年3月22日]
【特集】コロナ禍で改めて注目される「ビジネスマナー」~仕事を円滑に進める3つのポイント
https://www.innovations-i.com/release/35601.html [2021年3月17日]
【特集】「リフレクション(振り返り)」のススメ!~成長実感でモチベーションを上げる手法とは?
https://www.innovations-i.com/release/35594.html [2021年3月15日]
【特集】オンラインでも「伝わる」プレゼンテーションに必要な3つのポイント
https://www.innovations-i.com/release/35589.html [2021年3月12日]
【特集】リモートハラスメント(リモハラ)とは?よくある事例と防止策
https://www.innovations-i.com/release/35590.html [2021年3月10日]
【特集】いま注目の行動経済学「ナッジ理論」とは~自治体の活用事例をご紹介
https://www.innovations-i.com/release/35494.html [2020年12月25日]
【特集】オンラインでも使える!会議を活性化させる、4つのファシリテーションスキルと活用事例
https://www.innovations-i.com/release/35425.html [2020年11月4日]
【特集】内定者によくある「10のお悩み」~ニューノーマル時代の内定者教育とは?
https://www.innovations-i.com/release/35378.html [2020年10月12日]
【特集】DX推進人材に必要な5つのスキルとIT教育
https://www.innovations-i.com/release/35324.html [2020年9月16日]
【特集】トランジション(キャリアの転換期)は人生を豊かにする絶好のチャンス!
https://www.innovations-i.com/release/35284.html [2020年8月27日]
【特集】OODAループで“前例踏襲”が通用しないニューノーマル時代を勝ち抜く!
https://www.innovations-i.com/release/35261.html [2020年8月14日]
【特集】逆輸入される「ikigai(生きがい)」~コロナ禍でのベテラン世代の充実した働き方を考える
https://www.innovations-i.com/release/35247.html [2020年8月6日]
【特集】ストレスに負けない「レジリエンス」の鍛え方! ~ABC理論で自己効力感を高める
https://www.innovations-i.com/release/35225.html [2020年7月22日]
【特集】お客さまに好印象を与えるオンライン商談の進め方~ビデオ会議を使った新しい営業手法
https://www.innovations-i.com/release/35212.html [2020年7月17日]
【特集】アフターコロナに必要な人材教育とは~コロナ禍を乗り越えるための3つの課題と対策
https://www.innovations-i.com/release/35155.html [2020年7月1日]
【特集】不景気でも成果を上げ続ける、"優秀な人材のコンピテンシーモデル”を導入する
https://www.innovations-i.com/release/35130.html [2020年6月19日]
【特集】「セルフマネジメントの達人」を目指す~テレワークでも成果をあげるカギ
https://www.innovations-i.com/release/35109.html [2020年6月10日]
【特集】[2020年6月施行]パワハラ防止法~「これってハラスメント?」現場で悩みがちなグレーゾーン
https://www.innovations-i.com/release/35078.html [2020年5月29日]
【特集】ポストコロナ・ウィズコロナ時代のこれからと事業戦略・人事戦略を4つの観点から考える
https://www.innovations-i.com/release/35066.html [2020年5月21日]
【特集】インソース商事(仮)における、新人がぶつかりやすい「3つの壁」 と先輩からのアドバイス例
https://www.innovations-i.com/release/35067.html [2020年5月21日]

お問い合わせ先

株式会社インソース(証券コード6200)
https://www.insource.co.jp/index.html
TEL:0120-800-225(※ガイダンスに従って②を選択)

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する