コラム

マネジメントカテゴリ 新着コラム

  • 中小製造業のマーケティング業務

     マーケティング専任担当を置かなくても、マーケティング業務をきちんと回すことは可能です。その秘訣は仕組み化です。

  • 競合分析のコツ

     自社が持つ技術をマーケティングする際に、競合と比較して優位な点をアピールする方法があります。競合分析です。この競合分析を行う上で必要なことをご紹介します。

  • 人の振り見て、腹が立つ時の対処法

     怒りやイライラの対象が自分のコアコンセプトの裏とつながっていたら、まず改めるべきは経営者本人の言動。少しずつでも行動を変えていけば、社員にも少なからず影響が出てきます。

  • 捨てることで経営者として器を大きくする

     自分の価値判断の基準を知った上で、捨てるべきものは捨て、新しいものを取り入れる形で、柔軟に、かつ大胆に成長することで、経営者としての器を大きくしましょう。

  • 育成は「期待」「美点凝視」で

     筆者は顧問先の経営者との面談で、「社長が重要だと思う経営課題を3つ挙げるとするとどんなことか」を聞くことが多い。回答の中でほぼ共通している課題は人材の採用と育成だ。新入...

  • お客さまは神様か行き過ぎた顧客満足を思う

     先日「『お客さまは神様』は正しい?実は長時間労働生む大きな原因、問題はどこに?」という記事を目にした。それによれば、「お客さまは神様です」という言葉を生んだ演歌歌手の三...

  • 合成樹脂シート市場を創造

     独自の「池(市場)」を見つけ出し、その池の「クジラ(圧倒的なシェア・ナンバーワン)」となり高収益を実現した企業を紹介している。今回は合成樹脂繊維を用いた製品と、その技術...

  • オープンな組織でクローズにすべきこととは!?

     ビジネスパーソンにとって、情報とはパワーです。いかに情報を持っているかで、社内でも社外でもパワーを持てるようになります。オープンな組織で、クローズにコミュニケーションが...

マネジメントカテゴリ コラム一覧

実島 誠の IT新時代に士業経営者がするべきこと

IT新時代に士業経営者がするべきこと 実島 誠

 クラウドツールを組み合わせながら活用していくスキルが今後は重要になってきます。これから業種ごとなど、事業者である顧客をクラウドサービスで囲い込んだプラットフォームが500はできるといわれています。そうしたプラットフォームと連携して仕事ができるかどうかが、これからの士業において重要な課題になってくると思います。専門家のサービスを必要とするプラットフォームが、これから新しく生まれてきます。そこに、これからの士業のチャンスがあると考えています。

園田 千春の ミャンマー進出の極意 見たから言える生の声

ミャンマー進出の極意 見たから言える生の声 園田 千春

 ミャンマー進出のために必要な実情や、報道とのギャップなどの日本ではわからない面を見たから言える生の声を伝えします。

木村 朗男の コア業務に集中するためのアウトソーシング

コア業務に集中するためのアウトソーシング 木村 朗男

 このコラムでは、昨今いろいろな分野で非常に活発になっているアウトソーシングについて、わかりやすくお伝えします。

落藤 伸夫の マネジメントを再考してみる 後編<上級マネジメント>

マネジメントを再考してみる 後編<上級マネジメント> 落藤 伸夫

 昨年まで、現場マネジャーが行うマネジメントについて、世界標準のマネジメント理論である「MCS(マネジメント・コントロール・システム)論」をベースに考えてきました。日本では「マネジメント」について省みることがほとんどないようですが、世界では「マネジメントとはこういうものだ」という姿がきちんと描かれていて、それを学ぶように促されています。日本のホワイトカラーの生産性が低迷している原因は、もしかしたら、このあたりにあるのかもしれません。

落藤 伸夫の ドラッカーから学ぶ

ドラッカーから学ぶ 落藤 伸夫

 今も色褪せないドラッカーの教えから経営の神髄を学びます。

山中 一郎の どうしたら「利益を出し続ける」会社になれるのか

どうしたら「利益を出し続ける」会社になれるのか 山中 一郎

 「どうしたらしっかり根を張った、葉が生い茂る、倒れにくい会社にすることができるのか」を執筆していきます。

後藤 亘の 製造業者が知るべきテクニカルマーケティングのツボ

製造業者が知るべきテクニカルマーケティングのツボ 後藤 亘

 自社が持つコア技術の潜在的な価値をどう発信してビジネスとして刈り取るか?それにはテクニカルマーケティングが欠かせません。このコラムでは、耳慣れないテクニカルマーケティングのポイントと、それらを効果的に運用する「用途開発誘起戦略」について解説致します。

坂本憲彦の あなたの夢を叶える事業の作り方「ビジネス成功の5サークル」

あなたの夢を叶える事業の作り方「ビジネス成功の5サークル」 坂本憲彦

 「ビジネスは難しい」こう悩んでいる起業家や経営者は多いと思います。私もサラリーマンを辞めて起業してから10年が経ちましたが、沢山の問題にぶつかってきました。起業前は、起業のリスクに対する不安や、行動できない、決断できないといった問題がありました。

落藤 伸夫の マネジメントを再考してみる 前編<現場マネジメント>

マネジメントを再考してみる 前編<現場マネジメント> 落藤 伸夫

 当たり前すぎて省みることのない「マネジメント」について、改めて考えてみます。実は過去の経緯や誤解に基づいたマネジメントが常識となっている場合があり、これを改善することで飛躍的にマネジメントのパフォーマンスを改善することができる可能性があります。本編は前編として、現場マネジメントについて考えます。

岩井 徹朗の 自走する組織作りのためのコアコンセプト・マネジメント

自走する組織作りのためのコアコンセプト・マネジメント 岩井 徹朗

 はじめまして、ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。「自走する組織作りのためのコアコンセプト・マネジメント」と題し、弊社が行っているコンサルティング&コーチング事業の知識も交えながら組織作りの知識をお伝えしていきます。

山中 一郎の 中堅企業にも求められる移転価格税制対応

中堅企業にも求められる移転価格税制対応 山中 一郎

 中堅企業の経営・管理に携わる皆様は、移転価格税制と言えば、名だたる超大規模企業だけの問題ととらえておられないでしょうか?

駒井 研司の 駒井研司が聞く プロの自己管理術

駒井研司が聞く プロの自己管理術 駒井 研司

 さまざまな分野のプロフェッショナルへのインタビューから、駒井研司氏がプロフェッショナルの自己管理術を聞き出します。

アタックスグループの 知恵の経営

知恵の経営 アタックスグループ

 顧客企業1700社、スタッフ170人の会計事務所兼総合コンサルティング会社。「社長の最良の相談相手」をモットーに、東京、名古屋、大阪、静岡でサービスを展開しているアタックスグループが連載するコラムです。

木村 健太の 税理士のトリセツ

税理士のトリセツ 木村 健太

 「一家に一人医者と税理士」と言われる時代税理士が身近かにいるとどんないいことがあるのか税理士の使い方をお話しします 

中村 圭志の 組織に悩むなら、まずは超オープン経営にしてみよう

組織に悩むなら、まずは超オープン経営にしてみよう 中村 圭志

 組織の情報公開(オープン化)は、個人の成長を促し、チーム力を上げます。なぜ、オープンが必要なのか。どうしたらオープンになるのか。本気で自分の組織を変えたい、メンバーを成長させたい人に向けた超オープンな経営方法をお伝えします。

駒井 研司の プロフェッショナル の自己管理術

プロフェッショナル の自己管理術 駒井 研司

 さまざまな分野のプロフェッショナルへのインタビューから、プロフェッショナルの自己管理術を学びます。

駒井 研司の 今日から始める自己管理術

今日から始める自己管理術 駒井 研司

 今日からはじめられるよりよい自己管理のためのヒントを紹介しています。

企業検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。