コラム

マネジメントカテゴリ 新着コラム

  • 海外進出時のリスク管理

     海外進出におけるリスクをコントロールするためには、進出前にそのリスクを測定して、進出の是非を含めて判断することが重要です。「進出する事業が現地に適合するか」、「海外進出...

  • 海外進出時のトラブル

     日本企業が海外に進出する場合、直接進出と間接進出という2つの形態に分かれます。直接進出とは、企業が海外に出資をして子会社や現地企業との合弁会社を設立したり、支店や駐在員...

  • マーケティングリサーチとツールの考え方

     新しい用途開発を促すための調査とマーケティングツールの考え方を解説いたします。

  • 技術の見せ方のポイント

     テクニカルマーケティングの役割の一つである、見せ方の最適化とはどういうことか解説します。

  • バリフラット組織のコーチ制度とは

     ISAOはバリフラットで役職もありませんので、全ての人に上司は存在しません。個人への成長支援が不十分になることをどうカバーしていくのか。バリフラットを始めるに当たって最も頭を...

  • 高齢社会の行く末 

     普段テレビをあまり見ることはないが、たまたまNHKで放送されていた「人生100年時代を生きる 第1回『終の住処はどこに』」という番組を見て、直接、知恵の経営につながらな...

  • 業績拡大の信金にみる「池クジラぶり」 よろず相談で差し出る経営実践

     独自の「池(市場)」を見つけ出し、その池の「クジラ(圧倒的なシェア・ナンバーワン)」となり、高収益を獲得・維持している企業を紹介している。今回は、但陽信用金庫(兵庫県加...

  • 事業承継に3つの質問

     中小企業を悩ます事業承継の困難さは、おおむね現経営者に2つの心配があるからだ。一つは今の事業構造では存続が難しいこと、もう一つは後継者が不在か、能力の不足だ。筆者は事業...

マネジメントカテゴリ コラム一覧

山中 一郎の 日本企業の海外進出と子会社管理

日本企業の海外進出と子会社管理 山中 一郎

 今回のシリーズでは、日本企業が進出する際、また進出した後に気を付けるべきことについて改めて考えてみたいと思います。

木村 健太の 税理士のトリセツ

税理士のトリセツ 木村 健太

 「一家に一人医者と税理士」と言われる時代税理士が身近かにいるとどんないいことがあるのか税理士の使い方をお話しします 

後藤 亘の 製造業者が知るべきテクニカルマーケティングのツボ

製造業者が知るべきテクニカルマーケティングのツボ 後藤 亘

 自社が持つコア技術の潜在的な価値をどう発信してビジネスとして刈り取るか?それにはテクニカルマーケティングが欠かせません。このコラムでは、耳慣れないテクニカルマーケティングのポイントと、それらを効果的に運用する「用途開発誘起戦略」について解説致します。

山中 一郎の どうしたら「利益を出し続ける」会社になれるのか

どうしたら「利益を出し続ける」会社になれるのか 山中 一郎

 「どうしたらしっかり根を張った、葉が生い茂る、倒れにくい会社にすることができるのか」を執筆していきます。

園田 千春の ミャンマー進出の極意 見たから言える生の声

ミャンマー進出の極意 見たから言える生の声 園田 千春

 ミャンマー進出のために必要な実情や、報道とのギャップなどの日本ではわからない面を見たから言える生の声を伝えします。

中村 圭志の 組織に悩むなら、まずは超オープン経営にしてみよう

組織に悩むなら、まずは超オープン経営にしてみよう 中村 圭志

 組織の情報公開(オープン化)は、個人の成長を促し、チーム力を上げます。なぜ、オープンが必要なのか。どうしたらオープンになるのか。本気で自分の組織を変えたい、メンバーを成長させたい人に向けた超オープンな経営方法をお伝えします。

木村 朗男の コア業務に集中するためのアウトソーシング

コア業務に集中するためのアウトソーシング 木村 朗男

 このコラムでは、昨今いろいろな分野で非常に活発になっているアウトソーシングについて、わかりやすくお伝えします。

春明 力の 「やらなきゃ」じゃなく、「やりたくなる」仕事のつくり方

「やらなきゃ」じゃなく、「やりたくなる」仕事のつくり方 春明 力

 今まで4000人以上の経営者さんが、僕の講座を受講していただきました。僕のこれまでの経験と、生徒さんの経験から「やらなきゃ」じゃなく、「やりたくなる」仕事のつくり方をお伝えしていきます。

落藤 伸夫の マネジメントを再考してみる 後編<上級マネジメント>

マネジメントを再考してみる 後編<上級マネジメント> 落藤 伸夫

 昨年まで、現場マネジャーが行うマネジメントについて、世界標準のマネジメント理論である「MCS(マネジメント・コントロール・システム)論」をベースに考えてきました。日本では「マネジメント」について省みることがほとんどないようですが、世界では「マネジメントとはこういうものだ」という姿がきちんと描かれていて、それを学ぶように促されています。日本のホワイトカラーの生産性が低迷している原因は、もしかしたら、このあたりにあるのかもしれません。

実島 誠の IT新時代に士業経営者がするべきこと

IT新時代に士業経営者がするべきこと 実島 誠

 クラウドツールを組み合わせながら活用していくスキルが今後は重要になってきます。これから業種ごとなど、事業者である顧客をクラウドサービスで囲い込んだプラットフォームが500はできるといわれています。そうしたプラットフォームと連携して仕事ができるかどうかが、これからの士業において重要な課題になってくると思います。専門家のサービスを必要とするプラットフォームが、これから新しく生まれてきます。そこに、これからの士業のチャンスがあると考えています。

アタックスグループの 知恵の経営

知恵の経営 アタックスグループ

 顧客企業1700社、スタッフ170人の会計事務所兼総合コンサルティング会社。「社長の最良の相談相手」をモットーに、東京、名古屋、大阪、静岡でサービスを展開しているアタックスグループが連載するコラムです。

駒井 研司の 駒井研司が聞く プロの自己管理術

駒井研司が聞く プロの自己管理術 駒井 研司

 さまざまな分野のプロフェッショナルへのインタビューから、駒井研司氏がプロフェッショナルの自己管理術を聞き出します。

落藤 伸夫の ドラッカーから学ぶ

ドラッカーから学ぶ 落藤 伸夫

 今も色褪せないドラッカーの教えから経営の神髄を学びます。

岩井 徹朗の 自走する組織作りのためのコアコンセプト・マネジメント

自走する組織作りのためのコアコンセプト・マネジメント 岩井 徹朗

 はじめまして、ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。「自走する組織作りのためのコアコンセプト・マネジメント」と題し、弊社が行っているコンサルティング&コーチング事業の知識も交えながら組織作りの知識をお伝えしていきます。

落藤 伸夫の マネジメントを再考してみる 前編<現場マネジメント>

マネジメントを再考してみる 前編<現場マネジメント> 落藤 伸夫

 当たり前すぎて省みることのない「マネジメント」について、改めて考えてみます。実は過去の経緯や誤解に基づいたマネジメントが常識となっている場合があり、これを改善することで飛躍的にマネジメントのパフォーマンスを改善することができる可能性があります。本編は前編として、現場マネジメントについて考えます。

坂本憲彦の あなたの夢を叶える事業の作り方「ビジネス成功の5サークル」

あなたの夢を叶える事業の作り方「ビジネス成功の5サークル」 坂本憲彦

 「ビジネスは難しい」こう悩んでいる起業家や経営者は多いと思います。私もサラリーマンを辞めて起業してから10年が経ちましたが、沢山の問題にぶつかってきました。起業前は、起業のリスクに対する不安や、行動できない、決断できないといった問題がありました。

駒井 研司の プロフェッショナル の自己管理術

プロフェッショナル の自己管理術 駒井 研司

 さまざまな分野のプロフェッショナルへのインタビューから、プロフェッショナルの自己管理術を学びます。

駒井 研司の 今日から始める自己管理術

今日から始める自己管理術 駒井 研司

 今日からはじめられるよりよい自己管理のためのヒントを紹介しています。

山中 一郎の 中堅企業にも求められる移転価格税制対応

中堅企業にも求められる移転価格税制対応 山中 一郎

 中堅企業の経営・管理に携わる皆様は、移転価格税制と言えば、名だたる超大規模企業だけの問題ととらえておられないでしょうか?

企業検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。