マネジメント 新着コラム

  • アジアの経営者に思う

     数年前からであるが、毎月のようにアジアの国々の経営者が、私たちの唱える業績や勝ち負けではなく「人を大切にする経営学」を学びにわざわざ来日する。その国・地域は、タイ・台湾...

  • 販売業ではなく購買代理業

     先日、本連載執筆者の1人である坂本光司氏が、それぞれの顧問を務めている、静岡県中小企業経営革新フォーラム21、福井県経営革新フォーラム、そして神田経営者クラブの3つの異...

  • 経営者は経営理念の伝道師

     筆者はアタックスグループの創業メンバーであり、社員研修の場で当グループの創業の志・理念をベースとしてミッション・ビジョン・行動原則からなる「アタックスウェイ」を毎年話す...

  • 中小特化のビジネススクール開講に見る、その重要性

      来年4月より、日本初の「中小企業人本経営(EMBA)プログラム1年コース」が、千葉商科大学大学院商学研究科と筆者が会長を務める人を大切にする経営学会とが共同し、開講す...

  • 価値を伝える

     企業は、社会・市場・顧客に対して自社の情報や独自性、イメージなどを伝えるためメッセージの発信を行います。競合との差異や付加価値をきちんと伝えるためには、適切なデザインの...

マネジメント コラム一覧

木川 務の 〝稼ぐ〟ためのリスクマネジメント

〝稼ぐ〟ためのリスクマネジメント 木川 務

 先を見越した戦略的リスクマネジメントの観点から、本当の意味で〝稼げる〟ビジネスを構築するための提案をします。

落藤 伸夫の ドラッカーから学ぶ

ドラッカーから学ぶ 落藤 伸夫

 今も色褪せないドラッカーの教えから経営の神髄を学びます。

朝日税理士法人の 日本・ASEANだより

日本・ASEANだより 朝日税理士法人

 すでに各紙記事でご存知と存じますが、タイの労働者保護法(Labour Protection Act;LPA)の一部が改正され、2019年5月5日より施行されています。その概要と、問い合わせの多い「用事休暇(Personal Leave)」の実務的対応についての見解をお伝え致します。

岩井 徹朗の 自走する組織作りのためのコアコンセプト・マネジメント

自走する組織作りのためのコアコンセプト・マネジメント 岩井 徹朗

 はじめまして、ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。「自走する組織作りのためのコアコンセプト・マネジメント」と題し、弊社が行っているコンサルティング&コーチング事業の知識も交えながら組織作りの知識をお伝えしていきます。

アタックスグループの 知恵の経営

知恵の経営 アタックスグループ

 顧客企業1700社、スタッフ170人の会計事務所兼総合コンサルティング会社。「社長の最良の相談相手」をモットーに、東京、名古屋、大阪、静岡でサービスを展開しているアタックスグループが連載するコラムです。

山中 一郎の どうしたら「利益を出し続ける」会社になれるのか

どうしたら「利益を出し続ける」会社になれるのか 山中 一郎

 「どうしたらしっかり根を張った、葉が生い茂る、倒れにくい会社にすることができるのか」を執筆していきます。

落藤 伸夫の マネジメントを再考してみる 前編<現場マネジメント>

マネジメントを再考してみる 前編<現場マネジメント> 落藤 伸夫

 当たり前すぎて省みることのない「マネジメント」について、改めて考えてみます。実は過去の経緯や誤解に基づいたマネジメントが常識となっている場合があり、これを改善することで飛躍的にマネジメントのパフォーマンスを改善することができる可能性があります。本編は前編として、現場マネジメントについて考えます。

山中 一郎の 日本企業の海外進出と子会社管理

日本企業の海外進出と子会社管理 山中 一郎

 今回のシリーズでは、日本企業が進出する際、また進出した後に気を付けるべきことについて改めて考えてみたいと思います。

会の

ク

 経

待谷 忠孝の 経営におけるデザイン活用

経営におけるデザイン活用 待谷 忠孝

 少子高齢化、中国や東南アジアの国々の技術力の向上など、日本の企業を取り巻く環境はどんどん変化している中、今までのように技術力を生かして機能・性能の高いものを作っていれば良いという時代ではなくなっています。適切な価値の伝達、付加価値向上、競合との差別化を行うために、経営においてデザインをどう活用すべきかについて執筆いたします。

実島 誠の IT新時代に士業経営者がするべきこと

IT新時代に士業経営者がするべきこと 実島 誠

 クラウドツールを組み合わせながら活用していくスキルが今後は重要になってきます。これから業種ごとなど、事業者である顧客をクラウドサービスで囲い込んだプラットフォームが500はできるといわれています。そうしたプラットフォームと連携して仕事ができるかどうかが、これからの士業において重要な課題になってくると思います。専門家のサービスを必要とするプラットフォームが、これから新しく生まれてきます。そこに、これからの士業のチャンスがあると考えています。

駒井 研司の プロフェッショナル の自己管理術

プロフェッショナル の自己管理術 駒井 研司

 さまざまな分野のプロフェッショナルへのインタビューから、プロフェッショナルの自己管理術を学びます。

山中 一郎の 中堅企業にも求められる移転価格税制対応

中堅企業にも求められる移転価格税制対応 山中 一郎

 中堅企業の経営・管理に携わる皆様は、移転価格税制と言えば、名だたる超大規模企業だけの問題ととらえておられないでしょうか?

山本 孝幸の 平成31年度税制改正大綱で国際課税何が変わる?

平成31年度税制改正大綱で国際課税何が変わる? 山本 孝幸

 平成30年12月14日に公表された税制改正大綱から国際課税を中心に紹介します。平成31年度税制改正の基本的考え方の一文に、「わが国は「BEPSプロジェクト」において主導的役割を果たしてきたが、引き続き、電子化を含む経済実態の変化等に対応する国際的ルール作りに積極的に参画するとともに、諸外国における取組みも踏まえ、国際合意に則った制度の見直しを進める。」と記載があるとおり、今回の国際課税の改正はBEPS行動計画の内容に沿った改正が中心となります。

駒井 研司の 駒井研司が聞く プロの自己管理術

駒井研司が聞く プロの自己管理術 駒井 研司

 さまざまな分野のプロフェッショナルへのインタビューから、駒井研司氏がプロフェッショナルの自己管理術を聞き出します。

駒井 研司の 今日から始める自己管理術

今日から始める自己管理術 駒井 研司

 今日からはじめられるよりよい自己管理のためのヒントを紹介しています。

三河 康治の 海外駐在員の税務

海外駐在員の税務 三河 康治

 日本における消費税率は、段階的に引き上げられ、日本で生活をしている居住者にとっては実に悩ましい問題です。一方、日本に来日した外国人旅行者等の非居住者が、みやげ品等として国外へ持ち帰る目的で輸出物品販売場において購入する物品については、一定の要件のもとに消費税が免除されることになっています。この外国人旅行者等には、海外駐在員で一時帰国する日本人も含まれます。なお、“消費税法上の非居住者”は、“所得税法上の非居住者”と必ずしも同じではないので、その点注意が必要です。

落藤 伸夫の マネジメントを再考してみる 後編<上級マネジメント>

マネジメントを再考してみる 後編<上級マネジメント> 落藤 伸夫

 昨年まで、現場マネジャーが行うマネジメントについて、世界標準のマネジメント理論である「MCS(マネジメント・コントロール・システム)論」をベースに考えてきました。日本では「マネジメント」について省みることがほとんどないようですが、世界では「マネジメントとはこういうものだ」という姿がきちんと描かれていて、それを学ぶように促されています。日本のホワイトカラーの生産性が低迷している原因は、もしかしたら、このあたりにあるのかもしれません。

小林 広治の 「組織とひと」のRe:Design 〜働き方と生産性を革新する〜

「組織とひと」のRe:Design 〜働き方と生産性を革新する〜 小林 広治

 「情報化社会」が終焉し、新たな時代に向かって変化が加速しています。2000年当初、ドラッカーもまだ新時代の形は見えない、と言っていた時代が少しづつ目に見える形になって現れつつあります。いま企業の本質的な課題は、「組織そのもの」という時代になりました。旧時代的な組織が、新時代における企業活動のボトルネックになっています。なぜ、組織そのものが企業活動のボトルネックになってしまったのか、これからの時代に向けてどう変化すべきなのか。この場を通じて、みなさまと共に学び、成長できればと考えております。

増田 耕一の 平成31年度における移転価格税制の改正

平成31年度における移転価格税制の改正 増田 耕一

 国際的大企業等が税負担を軽減する目的で、自社が保有する知的財産等の無形資産を海外へ移転する行為が、国際的に問題となっていました。この問題について、日本では平成29年度与党税制改正大綱において「BEPSプロジェクトで勧告された所得相応性基準の導入を含め、必要な見直しを検討する」と明記され、翌年の平成30年度与党税制改正大綱において「BEPSプロジェクトの勧告や諸外国の制度・運用実態等を踏まえて検討を進める」と記載されました。その改正内容について逐次ご報告をしていきたいと思います。

坂本憲彦の あなたの夢を叶える事業の作り方「ビジネス成功の5サークル」

あなたの夢を叶える事業の作り方「ビジネス成功の5サークル」 坂本憲彦

 「ビジネスは難しい」こう悩んでいる起業家や経営者は多いと思います。私もサラリーマンを辞めて起業してから10年が経ちましたが、沢山の問題にぶつかってきました。起業前は、起業のリスクに対する不安や、行動できない、決断できないといった問題がありました。

木村 健太の 税理士のトリセツ

税理士のトリセツ 木村 健太

 「一家に一人医者と税理士」と言われる時代税理士が身近かにいるとどんないいことがあるのか税理士の使い方をお話しします 

革新ビジネスアワード2019表彰式&交流会参加者募集
キーワードからコラムを検索する