日本弁理士会著作権委員会からのお知らせ

日本弁理士会が2022年6月29日(水)~7月1日(金)開催の「コンテンツ東京2022」へ出展します。

弁理士の著作権情報室

日本弁理士会が、2022年6月29日(水)~7月1日(金)に東京ビッグサイト(東展示棟)で開催される「コンテンツ東京2022」へ出展します。

日本弁理士会が2022年6月29日(水)~7月1日(金)開催の「コンテンツ東京2022」へ出展します。

「コンテンツ東京」とは?


「コンテンツ東京」は、日本最大のコンテンツビジネスの総合展示会です。「コンテンツの制作から配信、権利、ブランディング、マーケティング、映像表現技術に関する製品・サービスが出展。企業の宣伝・マーケティング部門やメディア、エンターテイメントの方々などが来場し、活発な商談が行われています。」(コンテンツ東京2022のウェブサイト

コンテンツ東京の開催時間や会場へのアクセスなどの詳細は、コンテンツ東京2022のウェブサイトをご参照ください。

日本弁理士会の出展内容


会場内に日本弁理士会のブースを設け、著作権をはじめ商標、意匠、不正競争に関するミニセミナーを3日間で計20本、開催します。ブースには弁理士が1~2名常駐していますので、著作権など知的財産についてお気軽にご質問ください。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

 

※ この記事は執筆時の法令等に則って書かれています。

※ 著作権に関するご相談はお近くの弁理士まで(相談費用は事前にご確認ください)。
また、日本弁理士会各地域会の無料相談窓口でも相談を受け付けます。以下のHPからお申込みください。

【日本弁理士会著作権委員会からのお知らせ】に関連する情報

おすすめコンテンツ

商品・サービスのビジネスデータベース

bizDB

あなたのビジネスを「円滑にする・強化する・飛躍させる」商品・サービスが見つかるコンテンツ

新聞社が教える

プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。