マネジメント体制構築、人材開発を支援

代表社員 落藤伸夫氏
代表社員 落藤伸夫氏

私はこれまで中小企業診断士事務所StrateCutions代表として活動してきましたが、2018年11月に合同会社StrateCutionsHRDを設立しました。企業研修をはじめとした人材育成、組織開発、戦略支援に関する事業を本格的に推進するためです。「会社を変える!イノベーションを量産できる次世代リーダー養成研修」を特にお勧めしています。今、企業は変革を求められています。その原動力となる「イノベーション開発「力」を身につけ、量産できる次世代リーダーの育成を目的とした企業研修です。受講生からは「考え方や行動に活用できる話が多く、すぐに実践できる」「自分の立ち位置を明確にし、役割を見直せた」などの評価、感想を頂いています。

米国の経営学者クリステンセンは、「イノベーションとは一見は関係なさそうな事柄を結びつける思考」と定義しています。では、企業の現状に何を組み合わせればイノベーションになるのか?私はアップルやグーグル、ソフトバンクなどの時代の最先端をいく企業の取り組みを分析し、これら企業が手法と推進要因、環境を組み合わせてイノベーションを生み出していることに気がつきました。それが「新しいビジネスモデルをイノベーションする25の方法、4つの推進要因、4つの環境」です。研修ではまず、企業の現状、特にビジネスモデルと強み、弱みをしっかりと分析することが出発点です。次に「新しいビジネスモデルをイノベーションする25の方法、4つの推進要因、4つの環境」を理解していただきます。仕上げは受講者に「わが社で取り組みたいイノベーション」を考案し、発表してもらいます。これを可能にするため当研修では、座学や個人、集団ワーク、プレゼンテーション指導などを組み合わせた効果的な学習方法を採用しています。

社名のStrateCutionsとは、戦略(strategy)と実行(execution)を組み合わせた造語です。目まぐるしく変わるビジネス環境のもとで、当社はお客さまの存立基盤を明らかにする戦略を策定し、それを日常業務のなかで実現していただくことだ、という思いで名付けました。「うちの会社は良いものを持っているのに、なぜか儲からない」という話をよく聞きますが、倒産審査に携わった経験からすると、「戦略を立てていないこと」と「それを実行して実現するという意識がないこと」に尽きます。一方で「稼ぐ」会社は企業経営者と働き手が同じ方向を向き、協力しあっています。

これは、言葉では簡単ですが、実行するのは簡単ではありません。そこで活用できるのがMCS(マネジメント・コントロール・システム)論です。マネジメントは20世紀初頭にアメリカで開花しましたが、その目的は「働き手にベストな作業方法を教えて実行してもらうことで、会社を繁栄させ、従業員にも十分な報酬を与える」ことにあります。マネジメントとは、嫌がる働き手を無理やり従わせる手法ではなく、「どうすれば儲かる会社ができるのか?どう働いてもらえれば会社と働き手がWinWinになれるのか」を考え、実行することなのです。

日本政策金融公庫で約1万8000の倒産企業を審査したのが私の原点です。苦境に陥る企業が1社でも少なくなり、繁栄し活気あふれる企業が1社でも増えることに貢献することが、StrateCutionsグループの使命だと考えています。

【問い合わせ先】
〒104-0061
東京都中央区銀座7―13―6
URL:http://stratecutions.jp/

「フジサンケイビジネスアイ」

 
タイプからプレスリリースを検索する
キーワードからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する