新聞掲載情報

経営者が自然体で力を発揮できる「自走する組織」を構築

ヒーズ株式会社 掲載日:2018年6月30日

null
ヒーズ株式会社 代表取締役 岩井徹朗氏

当社は中小企業に向けた経営コンサルティングを行っており、経営者が自然体で力を発揮しながら、長く事業を続けていくためのレールを敷くことをミッションに掲げています。

経営者が、自分にとって何が本当に大事で、何が本当に嫌なのかという、感情の一番深い部分に根差す「コアコンセプト」(深層価値観)を知るためのお手伝いをすることが、当社のコンサルティングの基本。「コアコンセプト」の中には、「なぜ自分はこの事業をやるのか」という、今の事業に結びつく思いや、自分がその事業を本当にやるべき理由が隠されています。それが見つかれば、経営者は自信をもって事業に懸ける思いを語ることができるようになり、判断基準もぶれなくなります。その結果、経営者は社員やお客様の心を動かし、会社のミッションやビジョンも明確になり、商品・サービスの構築から打ち出し方、紹介に至るまで、「コアコンセプト」がうまく反映されるようになるのです。

当社の「社長選任の社外チーム」サービスでは、顧客先企業の社長と私、取締役の3人が定期的に打合せを重ねて社長の悩みごとを1つひとつ解消し、社長の信念を具体的な形にしながら、ぶれない「カクシン(確信&革新)経営」の実現をサポート。当社が「社外チーム」として参画し、戦略から実務までの自然な流れを作り「自走する組織」の構築を目指します。

6月には「後継社長の実践経営学校」を開校します。後継社長が自身の「コアコンセプト」を掘り下げ、「感情→思考→行動」の3ステップを通じて自らの価値判断の基準を知り、 一を聞いて十を知る応用力を身につけ、相手の気持ちに寄り添うという、後継者に求められる経営センスを身につけていただけるサービスです。

【問い合わせ】
〒102-0083
東京都千代田区麹町6-2-6 ユニ麹町ビル4階
03・4477・5608

「フジサンケイビジネスアイ」

 

「ヒーズ株式会社」 配信のプレスリリース

新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索