実情に応じたOEMエンジンの提供で新規事業開発期間を短縮する「知恵の和工場」がオープン

ヒーズ株式会社

投稿日:2020年7月7日

サービス分野: [ ものづくり ] [ コンサルティング ] [ マーケティング・リサーチ ]

実情に応じたOEMエンジンの提供で新規事業開発期間を短縮する「知恵の和工場」がオープン

■知恵の和を紡いで新しい価値を創造していく時代
 ~新事業や新商品の開発を効率よく推進する取り組み~

「2020年版中小企業白書」によると、企業が新事業領域・新事業分野に進出をしなかった理由の上位四つは、「特に必要性がなかった」、「 スキルや知識を有する人材の不足」、「人員数の不足」、「投資コストの負担」となっています。しかしながら、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、多くの企業では今まで主力だった商品がそのままでは売れなくなり、新しい事業を真剣に検討する必要性が高まっています。

この点、特に中小企業では、ノウハウ、人材やお金が足りない状況が今後も続く中、新しい事業の柱をできるだけ手間やお金をかけずに早期に打ち立てることが喫緊の課題となっています。そこで「知恵の和工場」では当社が今まで培ってきたノウハウを「知恵の和」として結集し、新規事業のパーツとなるオリジナルエンジンをOEMとして提供することで、新しい時代を切り開くインキュベーションセンターになることを目指しています。


■「知恵の和工場」の役割

◎「知恵の和工場」の基本的な取り組み姿勢
・「知恵の和工場」では「知恵の力」を使って、知らないことを自分の頭で考えられることに変換します。
・「知恵の和工場」では「和の力」を使って、単独ではできないことを協力して実践できることにします。
・「知恵の和工場」では「紡ぐ力」を使って、形のないものを価値のあるものに作り変えます。

「知恵の和工場」では、企業が新たに始めたい事業の概要をお聞きした上で、「あるもの」を活かしきるか、「ないもの」を創りだすかを見極めた上で、当社としてご提供できるエンジンと組み合わせることで、収益につながる事業作りに貢献します。

(1) 「あるもの」を活かしきる
本人にとっては当たり前のことでも、第三者が見るととても価値のあるものであることが珍しくありません。「あるもの」を活かしきる際には、その価値が最大限に伝わるよう、余計なものをそぎ落とし、顧客の需要を喚起する仕掛け作りが必要になります。この場合、「知恵の和工場」では、新商品のネーミングや商品リリースまでの工程表などを、ビジネスを前進させるためのエンジンとしてご提供することで、新しい事業が短期間でスタートできるようお手伝いします。

(2) 「ないもの」を創りだす
顧客が何に困っているのか分かっているのに、自社の経営資源ではそのニーズにはすぐに応えられないことがあります。その際、一定の事業分野においては当社のコンテンツを活用することで、すぐに新事業として始めることができます。過去の事例として、ある企業ではセラピスト向けのビジネス経営塾を始める際、当社のコンテンツの一部をOEMとしてご提供したことで、顧客であるセラピストの方にたいへん喜ばれました。

(3)現在ご提供できるエンジンの種類
当社ですぐにご提供できるエンジンは大きく分けると次の3種類になります。
・キャッシュ・フロー関連  :資金繰りの見える化や資金繰り改善対策の実施
・マーケティング・フロー関連:フロントエンド商品やバックエンド商品の開発
・マネジメント・フロー関連 :業務改善や人材育成を通した組織作り

なお、OEMエンジンの価格は内容によって個別にお見積もりしていますが、開発段階のご相談はオンライン会議(1回90分、6万円[税別])で実施しています。また、当初の目標として1年間で延べ20個のOEMエンジン供給を計画しており、「知恵の和工場」経由で創出される売上高は6,000万円を目指しています。

★「知恵の和工場」の概要は「こちら」をご参照ください。
  → https://www.heeze.co.jp/information/865

■ヒーズ株式会社 代表取締役 岩井徹朗について
第一勧業銀行(現みずほ銀行)、イーバンク銀行(現楽天銀行)、ベンチャー企業での勤務を経て2006年7月にヒーズ株式会社を設立。「自力を紡いで会社の品質を上げる」ことをミッションとして、中小企業やオーナー企業を中心に、業務改善、社内体制の構築や新規事業の創出に日々取り組んでいる。自身もアウトソーシング先や専門家等のビジネスパートナーとの連携を図りながら、妻でマーケティングコーチである取締役との2名の少人数体制で14年以上に渡ってビジネスを続けている起業家である。

■会社概要
商号  : ヒーズ株式会社
所在地 : 東京都千代田区六番町6-4 LH番町スクエア5F
代表  : 代表取締役 岩井 徹朗
事業内容: 経営コンサルティング、ビジネスコーチング
URL   : https://www.heeze.co.jp/

お問い合わせ先

■本件に関するお問い合わせ
ヒーズ株式会社 PR事業部
〒102-0085 東京都千代田区六番町6-4 LH番町スクエア5F
担当   : 岩井 徹朗、岩井 洋美
電話   : 090-4375-6062(担当者直通)
       03-4477-5608(事業部番号)
メール  : cs@heeze.co.jp

 

ヒーズ株式会社によるその他のプレスリリース

キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する