日商エレ、OpenFlow、OVS技術を利用したソリューションを拡充

サービス分野: [ IT技術 ]

日商エレ、OpenFlow、OVS技術を利用したソリューションを拡充

日商エレ、OpenFlow、OVS技術を利用したソリューションを拡充~業界初、OVS標準実装のハードウエアベンダー米Pica8と販売代理店契約を締結~

日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:瓦谷 晋一、以下、日商エレ)は、Pica8 Inc.(ピカエイト、本社:米国カリフォルニア州、CEO:James Liao、以下、Pica8)と販売代理店契約を締結し、同社が提供するOpenFlow(※1)/レイヤー2、3スイッチ「Pronto(プロント)シリーズ」の販売を開始しました。
日商エレは、Prontoシリーズの取り扱いを開始したことで、クラウド事業者やプライベートクラウドを利用している法人企業向けにOpenFlow、OVS技術を利用した新たなネットワーク仮想化ソリューションを提供します。

(※1)OpenFlow:スタンフォード大学に在籍していたMartin Casado(現、Nicira, Inc. CTO)による研究が発端となり、2009年12月31日にスタンフォード大学が中心となって策定したネットワーク機器への新規設定、設定変更を自動化するオープンソースの次世代型プロトコル

┃Prontoシリーズについて
Prontoシリーズは、OpenFlow対応のみならず、物理スイッチとして業界で初めてOpen vSwitch(以下、OVS)(※2)を標準実装した次世代型イーサネットスイッチです。高集積チップセット(Trident+)を実装し、最大1.28Tbpsの転送を実現します。さらに、同位機種の他社スイッチ製品と比較して20%~50%抑えた価格で提供します。

<製品ラインナップ>
製品名/構成/価格(税別)
Pronto 3920/48Port×10GbE(SFP+) + 4Port×40GbE(QSFP)+ 冗長電源/\1,545,000~
Pronto 3780/48Port×10GbE(SFP+) + 冗長電源/\1,212,000~
Pronto 3295/48Port×1GbE(SFP) + 4Port×10GbE(SFP+) + 冗長電源/\356,000~
Pronto 3290/48Port×1GbE(SFP) + 4Port×10GbE(SFP+)/\323,000~

(※2)Open vSwitch: Nicira, Inc.が中心となり開発した技術で、XenServer、KVMなど、仮想化ソフトウェア内のカーネル上で、レイヤー2-4のネットワーク仮想化機能を生成・制御することで、柔軟かつ高性能なネットワーク仮想化環境を実現するオープンソースの仮想ソフトウエアスイッチです。


┃日商エレのネットワーク仮想化ソリューション
日商エレのネットワーク仮想化ソリューションの特長は以下のとおりです。
(1) 従来は、物理マシン群とのオンデマンドな接続は不可能でしたが、OpenFlowプロトコルを用いることで、物理スイッチ上の物理ポートに必要なVLAN IDを付与し、物理マシンをオンデマンドに接続して利用することが可能です。
(2) これまでは、複数拠点に存在する仮想/物理マシン間を顧客・部署ごとに接続できませんでしたが、OVS技術を用いることで、顧客・部署ごとにセキュアな仮想/物理マシン間接続が可能になりました。また、仮想化ソフトウエアのカーネル上や、物理スイッチ上でレイヤー2-4通信を行うため、高性能な通信が行えます。

【ネットワーク仮想化ソリューション概要図】


日商エレは、Nicira製NVPを中心としたOpenFlowやOVSなどを、単なるツールとしてではなく、今後のクラウド基盤として不可欠なネットワーク仮想化ソリューションとして、広く国内に推進してまいりました。今回のProntoシリーズを用いた新たなソリューションの拡充に加え、7月上旬にApache Software Foundationで承認されたオープンソースのクラウド管理システム(Apache CloudStack)でのNicira NVP Patch対応など、新たな機能拡充に向けた評価・検証を引き続き行ない、日商エレならではネットワーク仮想化ソリューションを展開・促進してまいります。

┃Pica8 Inc.について
Pica8は、2009年に米国カリフォルニア州パロアルトに設立されたOpenFlow対応スイッチのリーディング・カンパニーです。Pica8のより詳しい情報はhttp://www.pica8.org/をご覧ください。

┃日商エレクトロニクスについて
日商エレは、世界の最先端技術やビジネスモデルの発掘をすることで、競争力あるユニークな製品・サービスを提供しています。今回、Prontoシリーズの販売を開始したことで、上記ソリューションのみならず、Software Defined Network(SDN)まで、技術革新により広がっていく市場トレンドをいち早く捉え、関連製品の販売・検証・商用構築・運用などを支援するクラウドイネーブリング事業を展開・強化してまいります。

お問い合わせ先

[サービスに関するお問い合わせ先]
事業推進部門 マーケティング本部
第二プロダクトマーケティング部 坂田
TEL: 03-6272-5740 E-mail: pica8@nissho-ele.co.jp

[プレスリリースに関するお問い合わせ先]
IT&コミュニケーション室 IT&コミュニケーショングループ 岡田
TEL: 03-6272-5014 E-mail: pr-info@nissho-ele.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する