【ワールド・ビア・アワード2011】でサンクトガーレンがIPA部門のワールドベスト受賞

サンクトガーレン有限会社

投稿日:2011年11月10日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 食品・食材 ]

【ワールド・ビア・アワード2011】でサンクトガーレンがIPA部門のワールドベスト受賞

神奈川県厚木市の元祖地ビール屋サンクトガーレン(代表取締役 岩本伸久)は2011年のワールド・ビア・アワード(WORLD BEER AWARDS)」に初参加。IPA部門で「YOKOHAMA XPA http://www.sanktgallenbrewery.com/beers/yokohama-xpa/ 」がワールドベストに輝きました。

▼サンクトガーレン「WORLD BEER AWARDS 2011」受賞特設ページ
http://www.sanktgallenbrewery.com/about/prize/WBA2011.html

┏┏┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■┫ワールド・ビア・アワード(WORLD BEER AWARDS)とは?
┗┛┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ワールド・ビア・アワード(World Beer Awards - WBA)とは、2007年よりイギリスで年1回開催されているコンテストです。 世界中から参加したビールがブラインドによるテイスティングングで評価され、ラガー/ペールエール/スタウト/ヴァイツェンなどのスタイル部門ごとに一位が選ばれます。

まず、ヨーロッパ・アメリカ・アジアの3つの地域で予選が行われ、それぞれの地域のベストビールが選出されます。そこで勝ち残ったビールが本戦へと進み、他地域とのベストビールと争い世界一が決定されます。2010年の大会では、世界27か国から500以上ものビールが参加したグローバルな大会です。


┏┏┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■┫サンクトガーレンがワールドベストを受賞した、IPA部門とは?
┗┛┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

IPAは「インディア・ペール・エール(India Pale Ale)」の略で、ワールド・ビア・アワードの開催国イギリスを発祥とするビールのスタイルです。その誕生はイギリスがインドを植民地にしていた時代に遡ります。イギリスからインドまでビールを運ぶには、赤道を2回越える過酷な気候の下での半年近くにもおよぶ航海が必要でした。当時は冷蔵保存の設備も発達していなかったため、インドに到着する頃には、ビールは腐敗してしまうことも度々。

そこでビールの保存力を高めるため、通常よりも麦芽を多く使用してアルコールを強め、防腐効果のあるホップを大量に加えたビールが造られるようになりました。ホップは防腐効果の他、ビールの苦みと香りの基となります。そのためIPAとは、強いホップの苦みと香り、やや高めのアルコール度数が特徴となっています。
ペリーが日本来航時に日本に持ち込み、幕府に献上したビールもこのIPAスタイルだったという説もあります。

サンクトガーレンの造るIPA「YOKOHAMA XPA」は仕込に、横浜市のオフィシャルウォーター「はまっ子どうし」を使用。大航海時代に世界の船乗りに“赤道を越えても腐らないゴールデンウォーター”と絶賛され、今なお0.0000の驚異の透明度を誇り横浜市の生活を支えている水です。

使用しているホップ量は通常の4倍で、 “カスケード”という品種を用いています。グレープフルーツを思わせる華やかな柑橘香と、余韻にまで残るビター感が特徴。アルコールは5.8%と高めで、サンクトガーレンのレギュラービール内で最も濃く、苦いビールです。


┏┏┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■┫代表取締役 岩本コメント“「これはIPAじゃない」と言われたことも”
┗┛┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

IPAは海外ビールや地ビール愛飲家の中で、人気を誇るスタイルの1つです。IPAを飲み慣れた人たちは、だんだんその苦味や香りの強さに慣れてしまい「もっと強い香りを、もっと強い苦味を」と求める傾向があります。

ところが、サンクトガーレンのIPAは苦味や香りの強さばかりを重視している訳ではなく全体のバランスをとても重視しています。そのため、近年の香りや苦みが極めて強調されたIPAと比較すると、決してインパクトは強くありません。「これはIPAじゃない」と言われ、悔しい思いをしたこともあります。

“バランスの良い、ずっと飲み続けられる綺麗なバランスのIPA”それが私の目指しているIPAです。苦味や香りの極端に強調されたビールは最初の数口はインパクトもあるし美味しいけれど、長く飲み続けるには疲れてしまう、と私は考えています。

今回の受賞で、目指していた味は間違いでは無かったということが証明でき、本当に嬉しく思っています。また、横浜市水道局の皆様、サンクトガーレンを日頃から応援して下さっている皆様、支えて下さっている皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。


┏┏┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■┫審査評価
┗┛┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【評価】 Golden colour. Citrusy hop aromas. Peaches,lemon, strawberries and honey in the nose. Well-balanced, chewy, bready, clean malt, peaches in the mouth. Moderately bitter finish, refreshing. (原文まま)

【訳】ゴールデンカラー。柑橘系ホップのアロマ、桃、レモン、ストロベリー、ハチミツの香り。 口に含むとバランスよく、しっかりとした飲みごたえ、クリーンなモルト風味、桃、の味わい。程よくビターな後味が続く。


┏┏┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■┫ブラウンポーター、湘南ゴールドは同大会アジアベストに!
┗┛┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■Asia's Best Porter Stout & Porter受賞 :ブラウンポーター
http://www.sanktgallenbrewery.com/beers/brown-porter/
豊かなコーヒーの風味とビターホップがバランス良く調和しており、ほろ苦く黒糖のような味わい。リッチでチョコレートやトフィのようなダークフレーヴァー、焦がしたモルト。程よくスムースな飲み口。と評価されました。

■Asia's Best Flavoured Pale Ale受賞:湘南ゴールド
http://www.sanktgallenbrewery.com/beers/shonan-gold/
フルーティーな柑橘系ホップのアロマ、オレンジ、グレープフルーツ。穏やかなグレープフルーツと酸味を帯びた苦味が通り抜けていく。フルーティーさは圧倒的ということはなく、スムースなボディでとても飲みやすい。と評価されました。

お問い合わせ先

サンクトガーレン有限会社  
TEL:046-224-2317/FAX:046-244-5757
〒243-0807 神奈川県厚木市金田1137-1  
Web: http://www.sanktgallenbrewery.com/
担当 :中川、岩本   
mail :info@sanktgallenbrewery.com

■ブログ:地ビール会社で働く広報の日記 http://sweetsbeer.cocolog-nifty.com/blog/
■Twitter http://twitter.com/SanktGallenSHOP
■FaceBook http://www.facebook.com/SanktGallenBrewery
■mixiページ http://p.mixi.jp/beer

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する