元祖地ビール屋サンクトガーレン 【麦のワイン エル ディアブロ2011】 を11月17日解禁

サンクトガーレン有限会社

投稿日:2011年11月10日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 食品・食材 ]

元祖地ビール屋サンクトガーレン 【麦のワイン エル ディアブロ2011】 を11月17日解禁

神奈川県厚木市の元祖地ビール屋サンクトガーレン(代表取締役 岩本伸久)は2011年11月17日(木)ボジョレー・ヌーボー解禁日に、ワイン並の高アルコールを持ち、ワインのように長期熟成するビール「バーレイワイン エル・ディアブロ2011 http://www.sanktgallenbrewery.com/beers/el-diablo/ 」を6000本限定で発売いたします。
※バーレイ(barley)・・・大麦。ビールの主原料/エル ディアブロ(el Diablo)・・・スペイン語で悪魔の意味


その昔、寒冷で葡萄のつくれなかったイギリスがフランスワイン人気に嫉妬して造ったビールがあります。

その名は バーレイワイン(Barley Wine/大麦のワイン)。
ワインと名のつく通り、ワイン並ハイアルコールを持ち、ワインのように長期熟成する珍しいビール。

原材料は通常ビールと同じ麦芽、ホップ、水。
違うのはその使用量の多さと、熟成時間の長さ。
完成までにかかる手間も並大抵ではなく、日本では滅多に口にすることが出来ませんでした。

ところが2006年。神奈川県の地ビール会社がボジョレー・ヌーボーの盛上りに対抗してバーレイワインを世に送り出しました。それはとろりと蜜のように濃厚で、魔性を秘めた官能的な口当りから「エル・ディアブロ(el Diablo/悪魔)」と命名されました。

1年に1度しか造れないそのビールは本当の悪魔のように多くの人を虜にし、昨年は発売日を待たず完売。
解禁日は平日にも関わらず100人を超えるビールファンが、カウントダウンを祝うために集結予定です。


┏┏┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■┫商品概要
┗┛┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【商品名】日本語:バーレイワイン「エル・ディアブロ2011」
     英語:Barley Wine「el Diablo2011」
【発売日】2011年11月17日(木)  
【内容量】300ml  
【希望小売価格】1,050円(税込)
【販売場所】当社オンラインショップ他、全国のサンクトガーレンお取り扱い店
◆サンクトガーレン オンラインショップ
http://www.sanktgallenbrewery.com/online-shop/
◆サンクトガーレン お取り扱い店マップ
http://www.sanktgallenbrewery.com/retail-store/


┏┏┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■┫普通のビールとこんなに違う
┗┛┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

サンクトガーレンのバーレイワイン「エル・ディアブロ」は通常の2.5倍の麦芽と、6倍ものホップを使用。さらに麦汁の濃度の高い部分だけを使っているため、非常に濃厚で蜜のようにとろりとした口当たりが特徴です。アルコールは10%で、通常のビールの約2倍もあります。

出荷時点で通常の6倍の熟成期間を費やしているため、すぐに飲んでもブランデーやシェリー酒を思わせる熟成感がありますが、購入後に1年、2年、3年・・・と熟成させることで、香りも味わいも驚くほど変化します。
若い新鮮なときは柑橘を思わせるホップの華やかな香りと苦みを強く感じますが、年月を経るごとに麦芽の甘味が全体を支配するようになり、香りはドライフルーツを思わせる複雑で甘味を感じるものへと変化します。

また、通常ビールは新鮮な出来たてのもののほうが喜ばれますがバーレイワインは逆。ビールファンの間では古いもののほうが価値が高いとされます。そのため多目に購入して熟成させ、前年のものと飲み比べを楽しむ方や、結婚した年や出産の年の記念に購入し節目の年に楽しむという方も多くみられます。

サンクトガーレンのバーレイワインはシャンパンと同じ瓶内2次発酵製法で仕上げています。通常なら完成の状態である、発酵の終了したビールから古いビール酵母を取り除き、瓶詰め直前に新しいビール酵母と、そのエサとなる糖分(麦汁)を添加して1本1本手作業で密封。栓を開ける瞬間まで発酵が続く、単なる酵母入りビールとは一線を画す、本当の生きているビールです。


┏┏┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■┫ボジョレー・ヌーボー同時解禁。カウントダウンイベントも。
┗┛┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎年ボジョレー・ヌーボーの解禁は酒業界にとって大きなイベントで、酒類販売店やレストランは盛んに宣伝を行って盛り上がります。サンクトガーレン取扱店も例外ではなく、普段はワインを扱っていないビアバー(ビール専門バー)もこの時期だけは例外的にボジョレー・ヌーボーがメニューに登場していました。

そんな状況に疑問を感じ「ビアバーならではのボジョレー解禁日の楽しみを」とこのビールを発売したのが2006年。今年で発売6年目、徐々にではありますが「ビールファンならボジョレー解禁日はバーレイワイン エル・ディアブロで」が定着しつつあります。各地のビアバーで行われている解禁のカウントダウンイベントも2007年は6店舗での開催でしたが、昨年は25店舗で開催されました。

◆2011年11月17日0時、ディアブロ解禁のカウントダウン実施予定店→http://bit.ly/sGz211

お問い合わせ先

サンクトガーレン有限会社  
TEL:046-224-2317/FAX:046-244-5757
〒243-0807 神奈川県厚木市金田1137-1  
Web: http://www.sanktgallenbrewery.com/
担当 :中川、岩本   
mail :info@sanktgallenbrewery.com

■ブログ:地ビール会社で働く広報の日記 http://sweetsbeer.cocolog-nifty.com/blog/
■Twitter http://twitter.com/SanktGallenSHOP
■FaceBook http://www.facebook.com/SanktGallenBrewery
■mixiページ http://p.mixi.jp/beer

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する