「スリーピース今里」が障害者・就労支援に心理学導入

サービス分野: [ 福祉・少子高齢化 ] [ 教育・人材 ] [ その他(障がい者就労支援) ]

「スリーピース今里」が障害者・就労支援に心理学導入

― 就労支援メニューの独自性が人気、10月に講座体験会 ―

今年8月中旬に一般社団法人社会福祉学び支援協会(大阪市東成区、代表理事:時長瑠美子、以下「学び支援協」)は、1事業所目となる障がい者・就労移行支援事業所「スリーピース今里」(以下「3PS今里」)を開所しました。学び支援協が運営する3PS今里では、障がい者(精神疾患、うつ病、軽度発達障がい含む等)の方々を就きたい仕事に長く就労するため、独自の支援サービス“より良い人間関係を築ける”「選択理論心理学」講座を障害者福祉に導入したことが話題を呼んでいます。

ホームページや口コミの他、障害者支援機関や特別支援学校などから相談・見学希望の問合せが増えており、約1ヵ月半で利用者10名が通所するまでに至っています。学び支援協では、人間関係の不満足により発症したうつ病等が原因で、働くことに障害を抱えている方が多く、いかにそこから脱するかに苦悩しているからこそ、この心理学に期待を寄せているのでは無いかと考えています。好評につき10/11(火)、10/25(火)に当講座の体験会を開催する。希望者は予約が必要。*


「スリーピース今里」の3つの本気支援メニューについて

(1)“より良い人間関係を築く”「選択理論心理学」講座とメンタルケア
社会復帰した後に、再発させないためのメンタル面を鍛え、本当に望んでいる個々の人生目的に気づかせる心理学です。選択理論心理士を講師に招き、毎月2~4回定期開催します。また事業所内で利用者同士、および支援員との基本的な日常的コミュニケーションに取入れています。

(2)短期間で就職を目指せる
3PS独自の支援フローにより、最短6ヵ月間で就職を目指します。就業訓練を短期間で修了し、職場見学や実習へ移行します。就職後の定着支援はきめ細かい支援で、利用者と企業担当者も安心です。

(3)「試験免除」や「事業所内受験」で、落ちない資格取得プログラム
事業所内で各資格のビデオ講座を受講修了し、レポート提出すれば、試験免除され資格取得ができます。さらに著名な資格試験が事業所内で緊張せず受験できる制度など、3PS独自の支援メニューが利用できる。

上記のような他社にはない3PS独自の就労支援フローにより、短期間で職場実習⇒トライアル雇用⇒定着支援へと結びつけることが可能です。学び支援協では今後5年間で関西圏に4事業所の開業を目指しています。

*より良い人間関係を築く「選択理論心理学」講座の体験会のお申込み:直接ご連絡頂けるか、当事業所HPの問合せから。

お問い合わせ先

一般社団法人 社会福祉学び支援協会
就労移行支援事業所「スリーピース」グループ運営
担当者:広報室・専務理事 瀧川 昇三
TEL:06-6974-3339
MAIL:06-6974-3337
URL http://www.3ps-group.com/
MAIL info@3ps-group.com
facebook:https://www.facebook.com/3psgroup/

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する