人工知能ソリューションを活用したビジネスプラットフォーム実現のため、リアルグローブと業務・資本提携

サービス分野: [ IT技術 ] [ 教育・人材 ]

当社はこのたび、AI技術等を活用してシームレスで安心・安全にデータを収集・活用する“ビジネスプラットフォーム”の構築を目指し、株式会社リアルグローブ(代表取締役社長:大畑 貴弘 以下、リアルグローブ)と業務・資本提携をいたしますので、お知らせいたします。

【背景】
当社は、AI技術やIoT等の技術革新がすすむ中、「情報サービス事業を通じて顧客の繁栄・社会の発展に貢献する」との経営理念の下、最先端技術を用いたビジネスプラットフォームを提供し、様々なシーンの課題を解決することを使命としております。
特に近年は、文部科学省主導の高大接続改革実行プランに基づいた「高大接続・学修支援プラットフォーム」や、AI技術が人に寄り添い人をサポートする「パーソナルアシスタントコアエンジン」の開発を目指しております。
また、リアルグローブは、知の機会均等の実現を目指した教育ビッグデータに関する取組み等、社会における様々な「コト」をサービス化し知能化する事業を推進しております。
その事業展開の中で培ってきた、「モノのインターネット化」いわゆるIoT、AI、Robotics(ロボット技術)等の技術的知見と、それらを効率よく活用するためのプラットフォームやフレームワークの市場展開をすすめております。
このたびの業務提携により、当社のシステム及びビジネス構築ノウハウと、リアルグローブの技術力を重ね合わせることで、シームレスで安心・安全にデータを収集・活用する“ビジネスプラットフォーム”を構築し、IT技術を活用した便利な社会の実現に向け、取組んでまいります。
なお、資本提携につきましては、同社が実施する第三者割当増資を引受け、5,000万円を出資するものです。

お問い合わせ先

株式会社ODKソリューションズ 企画総務部 総務広報課
電話:06-6202-0413
e-Mail:ir@odk.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する