大広 2013 DMA国際エコー賞「BRONZE賞」を受賞

株式会社大広

投稿日:2013年10月18日

サービス分野: [ その他(マーケティング) ]

大広 2013 DMA国際エコー賞「BRONZE賞」を受賞

株式会社大広(東京都港区、代表取締役社長:岩井秀一)は、同社が担当した 「キリン プラス-アイ 100万人でつくろう元気のうた キャンペーン」にて、2013 DMA国際エコー賞(※)「BRONZE賞」を受賞しました。国際エコー賞は、米国ダイレクトマーケティング協会(DMA)が主催する、世界最高峰のダイレクトマーケティングを決定するアワードです。

受賞内容は以下の通りです。

1.受賞:DMA国際エコー賞 「BRONZE賞」
2.広告主:キリン株式会社様
3.キャンペーン名: 「キリン プラス-アイ 100万人でつくろう元気のうた キャンペーン」
4.広告会社:株式会社大広
5.案件概要:
“元気をプラス” する商品群として、キリン様の健康プロジェクト『キリン プラス-アイ』の価値浸透を図るため、共創型キャンペーン『100万人でつくろう元気のうた』を展開しました。“日本中の元気を集めてひとつの歌をつくろう”というコンセプトのもと、サイトやイベントで、「元気のひと言」(言葉)、「元気のポーズ」(写真、)「元気のダンス」(映像)の投稿など、のべ100万人分の“元気のアクション”を集め、これをもとに、ひとつの歌を作ることに取組みました。
集まった“元気数”は、キャンペーン終了までに“180万元気”を突破。アーティストのコラボレーションにより、投稿された「言葉」を生かして歌詞が作られ、ここにメロディが与えられ、「写真」と「映像」からミュージッククリップが完成。スペシャルライブの開催やCD・DVD発売など、大きな話題を提供しました。

※ DMA国際エコー賞
1929年から始まった、DMA(米国ダイレクトマーケティング協会)が主催する世界で最も権威のあるダイレクトマーケティングアワード。毎年、世界中から約1000作品の応募があり、クリエイティブだけでなく、マーケティング戦略とレスポンス結果を重視した審査基準で、1年間で最も優れたダイレクトマーケティングキャンペーンを決定する。

お問い合わせ先

株式会社大広 総務局広報部 遠藤、長谷川
TEL:03-6364-8601

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する