室内用蓄電システムを提供開始

㈱HIPOWER 掲載日:2012年8月8日

第5回『イノベーションズアイ交流会in大阪セミナー&プレゼン大会』(フジサンケイビジネスアイなどが主催)が大阪市内で開かれ、「審査員特別賞」を受賞されました。

 蓄電装置や蓄電システムの開発・販売を手掛けるHIPOWER(ハイパワー、大阪市西区)は、2012年5月にリン酸化鉄リチウムイオン電池を内蔵した蓄電システム「WINPRO」を発売した。同社は風力発電機メーカーのWINPRO(ウィンプロ、新潟市中央区)のリチウム蓄電事業部が分社化して11年に設立。再生可能エネルギーと蓄電の知識、技術力を生かし、大容量リチウムイオン蓄電システムの開発を実現した。

 WINPRO蓄電システム4.8kWh=写真=は価格が198万円と、他社製品に比べて低価格で提供。また、充放電開始、停止時間をタイマーで設定するオートモードの搭載により、深夜の割安な電力で蓄電が可能になるほか、停電時に自動的に蓄電池からインバータを通して負荷に電源を供給するバックアップモードや手動で充放電を行うマニュアルモードなど用途に合わせ効率的に電力を使う設定ができる。

「同製品は機能のほかにデザインにも気を配った。生活空間づくりなど、展示会に出展した時もいい評価をいただいた。蓄電池は高価なものではなく、高級品として売り出していく。また、防災企業といったパートナーとトータルソリューションとして提供していきたい」と語るのは茂木健太常務取締役。

 「今後は顧客の満足度など様子を見て、ニーズに合った蓄電容量を搭載した製品を開発していく。一般家庭のほか企業オフィスや銀行といった法人もターゲットにしたい」(茂木常務)といい、年間3000台を売るのが目標だ。

会社概要
HIPOWER
大阪市西区新町1-6-23
TEL:06-6537-7435
URL:http://hipower.co.jp/

「フジサンケイビジネスアイ」

お問い合わせ先

㈱HIPOWER


 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する