あしたのチーム 人事評価サービスで急成長 需要取り込み

株式会社あしたのチーム 掲載日:2018年11月22日

null
あしたのチーム会長・高橋恭介さん(44)

--中小企業を中心に提供している人事評価サービスで急成長している

「今年で設立10年を迎えたが、これまでに約1500社に導入していただき、それに伴い、売上高は4期連続で前期比およそ2倍に伸びている。創業当初は人事評価制度を商材にするビジネスモデルは世の中にほとんど存在しなかった。だが、アベノミクスによる景気改善で人材不足が深刻化し、企業が労働環境の改善や人材育成に真剣に取り組むようになり、人事評価制度に対するニーズが急激に増えている」

--サービスの特徴は

「働き方改革の成功はつまるところ、頑張った人が頑張っただけ報われる仕組みができるかどうかにかかっていると考えている。旧態依然とした横並びの賃金制度ではなく、公正で透明性の高い賃金制度でなければ社員が納得せず、生産性も上がっていかない。当社のサービスはこの点を踏まえ、目標達成度と報酬を明確に連動させているのが特徴だ。人を育て会社を強くすることを意識した」

--全国展開を進めている

「47都道府県への拠点展開を完了し、海外ではシンガポールなど4拠点を立ち上げた。国内の地方部サテライトオフィスを10カ所に展開。ITを活用し、遠隔地でも連携して働ける体制づくりを進めている」

--人事評価制度の協議会も立ち上げた

「人事評価産業をつくり、適切な人事評価の浸透を通じて、会社の業績アップと社員の給与アップを目指しており、その一環として2月に一般社団法人スマートワーク推進機構を設立した。社員が転職する際に企業の人事評価データを利用できる制度などを政策提言し、企業と働く人の支援をしていきたい」

【プロフィル】高橋恭介
たかはし・きょうすけ 東洋大学経営学部卒。興銀リース、プリモ・ジャパンを経て2008年ディーバ(現あしたのチーム)を設立し、代表取締役。18年6月から現職。同年2月に一般社団法人スマートワーク推進機構を設立し代表理事。千葉県出身。

「フジサンケイビジネスアイ」

お問い合わせ先

株式会社あしたのチーム


 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する