【勇気ある経営大賞】第15回募集開始

東京商工会議所 掲載日:2017年1月13日

東京商工会議所(三村明夫会頭)は、厳しい経営環境の中で勇気ある挑戦をしている中小企業・グループを顕彰する「第15回勇気ある経営大賞」(フジサンケイビジネスアイ協力)の募集を開始した。締め切りは3月10日(金)。

同賞は革新的、創造的な技術や経営手法により、独自製品・サービスの開発に取り組む中小企業やグループを顕彰する制度。受賞企業を広く紹介することで、後に続く企業に目標と勇気を与え、経済の活性化を図ることを目的とする。

運営は東商の伊東孝紳副会頭(本田技研工業取締役相談役)を委員長とする実行委員会が行い、審査は東京理科大学の伊丹敬之教授を委員長とする選考委員会が行う。大賞企業には
200万円、優秀賞には50万円、特別賞には30万円が贈られる。

【応募資格】
次のいずれにも該当する企業またはグループ(自薦・他薦は問わない)(1)中小企業基本法に定める中小企業で未上場企業(2)東京都に事業活動の拠点(支社、支店、工場、営業所、事務所なども含む)を置く企業。ただし、1都8県(東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・茨城・栃木・山梨・静岡)に本社機能がある企業に限る。東京商工会議所の
会員・非会員は問わない。

【各賞】
大賞=200万円、優秀賞=50万円、特別賞=30万円

【応募方法】
応募用紙をホームページ(http://www.tokyo-cci.or.jp/market/keieitaisyo/)から
ダウンロードし、下記の添付資料を添えて事務局まで郵送。

◇添付資料=会社・事業に関する資料があれば応募用紙と合わせて提出(会社案内、製品カタログ、パンフレット、報道記事、市場や技術に関する客観的データなど)。

※添付書類はA4サイズ、白黒コピーを原則とし、応募用紙を含めて35ページ以内に
収める。

※第3次選考(実地調査)の段階で、決算報告書一式および確定申告書のコピー(原則3期分)を提出する。

【応募先、問い合わせ】
東京商工会議所 中小企業部(〒100-0005 東京都千代田区丸の内2の5の1、(電)03・3283・7644)

【「勇気ある経営大賞」実行委員会】
◇委員長=伊東孝紳・東京商工会議所副会頭・ものづくり推進委員長
◇委員=大久保秀夫・副会頭・中小企業委員長▽平井克彦・特別顧問・工業部会長▽伊丹敬之・東京理科大学イノベーション研究科教授▽望月晴文・東京中小企業投資育成社長▽遠藤一夫・フジサンケイビジネスアイ社長
◇主催 東京商工会議所
◇後援 東京都、日本商工会議所、関東商工会議所連合会、東京都商工会議所連合会
◇協力 フジサンケイビジネスアイ

「フジサンケイビジネスアイ」

お問い合わせ先

東京商工会議所


 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する