放置自転車の撤去・保管・返却をクラウドで一括管理

株式会社アーキエムズ 掲載日:2016年7月18日

駐輪場ビジネスを手掛けるアーキエムズ(京都市中京区)は、自治体による放置自転車の撤去から保管・返却まで一連の業務をウェブ上で一括サポートするクラウドサービス「パーキング・アプリケーションズ」を21日から全国展開する。


20160720-bsl1607180500007-f1.jpg
高齢者でもタブレット端末で簡単に操作できる「パーキング・アプリケーションズ」

路上から撤去された放置自転車について、「どこの保管所で何台保管しているのか」「保管中・返却済みどちらであるのか」という情報をクラウド上で一括管理する。さらに撤去された自転車についての住民からの問い合わせ対応から、保管所での返還までの一連の業務を円滑に行える。

複数の保管所のどこに目的の自転車があるのかを保管所・市町村役場から簡単に検索できる。クラウド管理なのでパソコンにデータが残らず、セキュリティー面でも安全性が保たれている。

自転車の所有者はウェブ上を検索すれば、撤去された自転車がどこの保管所にあるのか知ることができるので、返還率向上にもつながる。

保管期限が切れて破棄する自転車については瞬時にリストアップする。その中からリサイクル対象の自転車を選別し、リストが作成できるため業務効率が向上する。保管所での操作はタブレット端末によるタッチ操作なので、高齢者やコンピューターに不慣れな人でも簡単に操作できる。

「フジサンケイビジネスアイ」

お問い合わせ先

株式会社アーキエムズ


 
革新ビジネスアワード2019投票受付中 革新ビジネスアワード2019表彰式&交流会参加者募集
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する