若手の中小企業診断士ネットワークで事業支援

20150427-1427266663-660.jpg

代表取締役 平村 一紀

 中小企業診断士による新事業進出コンサルティングと起業支援を行っています。

 新事業進出コンサルティングは中小企業が対象で、市場調査サポートから設備の許認可の確認まで幅広く対応しています。起業支援はこれから創業する個人向けのサービスです。アイデアの整理や事業計画書の作成などをお手伝いします。クライアントはほとんどが行政で、区や団体が主催するセミナーや個別の派遣業務を通して支援を行うことが多いです。現在は東京都中小企業振興公社や中小企業基盤整備機構の業務を請け負っています。

 弊社の強みは、30代から40代を中心とした若手の中小企業診断士とのネットワークを生かしお客さまに合った専門家をご紹介できることです。知識だけではなく人柄も重視して選んだ30名と連携しています。中小企業の場合、経営者の想いと事業が密接に結びついていることも多いので、相対する専門家の人となりも大切だと考えています。私自身、中小企業診断士の資格を取ったのは前職で営業をしていた頃、顧客である経営者の悩みを理解し会話についていけるようになりたいと考えたからでした。相談者にできる限り寄り添い、事業の成功と継続のために支援することを心がけています。

 今後は中小企業診断士という資格の認知度を上げることにも力を入れていきたいです。現在この資格を生業にできている人は10%程度ですが、それを70%くらいまでに引き上げ、士業として成立するようにしたいと思っています。そのためにも質の高いサービスを提供しつつ、若手の中小企業診断士に機会を与えられるような活動をしていきたいと思っております。

【問い合わせ】
住所.東京都港区浜松町1-12-4-3F
TEL.03-6450-1583

「フジサンケイビジネスアイ」

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する