知財をグローバルな視点で事業戦略に活用する

株式会社 レイテック 掲載日:2014年11月17日

20141118-1413956604-660.jpg

代表取締役 出口隆信

当社は1995 年に設立以来、知的財産を専門にした業務を展開している「内外国特許調査」「特許解析」「外国工業所有権手続き代行・翻訳・外国特許出願代行」「知的財産権の取引」といった知的財産の調査・解析・管理の全般を扱う特許情報サービス会社です。他には特許に関するデータを検索したり解析したりする「ソフトウェアの開発・販売」も行っています。中でも特許調査・解析システム「PAT-LISTシリーズ」や中国特許検索システム「CN-WEB」はご好評いただいております。さらに、技術開発や特許業務に有益なツールの開発を進めています。

知的財産というと、これまでは技術や商品を守るのが大きな目的でした。しかし今日では、守るだけでなく事業戦略の一環としてうまく活用するという視点が必要です。特に中国やASEAN各国などの海外展開を考える企業にとって、知的財産は事業の拡大・存続に重要な役割を担うようになり、重要性が飛躍的に高まってきています。海外での事業展開を推進する日本企業にとって、事前に関連する他社技術や特許権について戦略的に調査することは事業の成功を左右する重要な要素になっていると言っても過言ではないほど、企業経営への影響力が増してきています。

「内外国特許調査」では、ベテランの調査員が特許文献を1件1件読んでマニュアルで調査を行ったり、各種オンラインでの代行検索を、自社で開発した特許調査・解析システムを用いて迅速かつ正確に行ったりしています。また、外国の特許調査は、国内での上記の対応はもちろん、必要に応じて代理人に依頼をして現地調査も含めて行う体制も整えています。

「特許解析」では、特許マップ作成などの特許情報の解析・加工業務を、豊富な経験と高度な情報処理能力をフル活用して細かなご要望にもお応えしています。それぞれの技術分野の特許技術者によるマニュアルでの解析はもちろんのこと、弊社の解析ソフトを併用することで迅速かつ安価に特許マップなどのご提供を行っております。

「外国工業所有権手続き代行・翻訳・外国特許出願代行」では、ご担当者様と連絡を密に取り合い、お互いの業務を分担し、社内での業務と同等の感覚で翻訳や外国出願が行えるようサポートしております。

「知的財産権の取引」では、知的財産取引業者としてライセンサー企業の休眠特許を有効活用したり、事業を行っているライセンシー企業に有益な権利をご提供し、新商品開発や技術力向上を促したりするための仲介活動を行っています。 「ソフトウェアの開発・販売」では、特許電子データの編集・解析用ソフトとして「PAT-LISTシリーズ」がご好評をいただいております。現在、グローバルな特許情報を同時に解析できるソフトウェアや、中国特許を日本語で検索できるCN-WEB版をラインアップしており、特許情報のASP事業にも参入しております。  また、知的財産取引業者として、使われていない特許権を持っているライセンサーと、それを必要としているライセンシー企業とのマッチングを行うことで、新商品の開発や技術力向上を促す仲介活動にも力を入れています。これからも知的財産の「創造」「保護」「活用」による知的創造サイクルの確立、特許情報活用のトータルサポーターのトップランナーとして、皆さまの事業の発展に寄与してまいります。

【問い合わせ】
株式会社レイテック
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町1-9】 第7東ビル 7階
Tel:03-5577-5898
Mail:info@raytec.co.jp

「フジサンケイビジネスアイ」

 

「株式会社 レイテック」 配信のプレスリリース

キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する