お客様のライフプランに合った不動産活用を提案する 越野建設  越野 充博 取締役社長

越野建設株式会社 掲載日:2011年3月23日

null

---2012年3月で創業100周年を迎えますが、抱負は

 当社は東京都北区を中心に、個人住宅、オフィス・テナ ントビル、工場・学校・地域施設などの企画から設計、施 工までを手がけています。「お得意様の竈(かまど)の灰 まで掃除する心がけを持て」という言葉を、代々受け継い できました。100年とは結果であり、一つひとつの商いの 積み重ねです。今日一日、真剣に仕事に取り組むからこ そ、振り返ればそこに歩んできた道筋があるのです。でも 先に、このまま道が続いているとは限りません。そこで創 業100年を期して、短期・中期・長期にわたるマーケティ ング戦略を、全社を挙げて作成しているところです。

---御社の技術とこだわりについて教えて下さい

 当社は100年の歴史の中で「コンクリートの建物をしっ かり造っていこう」という思いを大事にし、その裏付けと なる技術を磨いてきました。密度が高く耐久性の高い独自 の「結晶化コンクリート」(登録商標申請中)をすべての 自社設計物件に採用し、手間のかかる「再振動」工程を加 えることで、コンクリートと鉄筋との付着力、防水性、ひ び割れ防止効果などの向上を図っています。

---いま力を入れている商品は何ですか

 コンクリートの持つ強さと優しさを追求する建築の総合 ブランド「ヴェージュ」が、今年で10年目を迎えました。 耐久性のある資産価値の高い建物、火事や地震に強い都市 型防災住宅を目指しており、オリジナルオーダーの自由設 計、お客様のライフサイクルや将来のリニューアルに対応 した長寿命などの特徴があります。これまで培ってきた技 術に加え、ブランドをツールとして活用することで、「当 社はこうやっていきます」という姿勢を内外に広く発信。 社内全体が、「各セクションがそれぞれの立場で、お客様 との約束を果たしていこう」という気持ちになっていけれ ばいいと思っています。

---不動産活用のあり方についてどう考えますか

 「お客様の土地にいかに容積いっぱいの建物を建てる か」ということしか提案してこなかった建設会社の姿勢を 改める必要があります。土地がどう利用されるかは、土地 を持つ方のライフサイクルや人生設計の中の位置取りで決 まってきます。その意味で私たちは、長期にわたって使っ ていただける資産の形成に携わっているのであり、お客様 の大切な人生の一部に関わっているという責任感を持つべ きです。

「フジサンケイビジネスアイ」

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する