越野建設グループが「音楽マンション不動産」を開設

越野建設株式会社

投稿日:2021年8月24日

サービス分野: [ ものづくり ] [ コンサルティング ] [ その他(不動産) ]

越野建設グループが「音楽マンション不動産」を開設

越野建設グループが「音楽マンション不動産」を開設 
国内主要都市の土地オーナーに向けた建築コンサルティングと、自社ブランド「音楽マンション」シリーズ専門の仲介を開始


今年創業110年を迎えた越野建設株式会社(所在地:東京都北区、代表取締役:越野 充博)は、首都圏に38棟730戸を展開している、国内シェアナンバーワン*のオリジナル楽器演奏対応賃貸ブランド「音楽マンション」シリーズの国内主要都市の土地オーナーに向けた土地活用コンサルティング事業、並びに「音楽マンション」シリーズに特化した仲介事業を、グループ会社のケーシー不動産管理にて開始いたします。

*楽器対応賃貸住宅ブランドとしての賃貸戸数において:自社調べ


■国内主要都市からの「音楽マンション」建設要望に対応

差別化した賃貸建設による土地活用を希望しているにもかかわらず、越野建設が「音楽マンション」の建設に施工対応していないエリアについても、そのエリアの土地オーナーから「音楽マンション」建設への問い合わせが多く寄せられていました。

この需要に対応するため、このたびグループ会社であるケーシー不動産管理を運営母体とする「音楽マンション不動産」を新たに立ち上げ、国内主要都市の土地オーナーに向けた「音楽マンション」導入のコンサルティング事業を開始するに至りました。

遠方の相談者とも距離の制約を受けないZOOMなどのWEB会議システムなどを初期面談から積極的に活用し、コンサルティングを展開していきます。


■「音楽マンション」建設による土地活用について

賃貸マンション建設は、景気に大きな影響を受けず長期にわたり安定した収益が見込めるとして、数ある土地活用の手法の中で多く選ばれている事業手法です。しかし現実には建てたものの、入居者に選ばれずに苦しい経営を強いられている物件があるのも現実です。

「音楽マンション」は、「自宅で楽器演奏ができる」という希少で強力な差別化により、後からできた一般賃貸や、より駅に近い物件などに入居者を奪われることや、経年による賃料の値下げ競争に巻き込まれることなく安定経営が可能なため、土地活用での採用実績を伸ばしています。


■「音楽マンション」シリーズ専門の仲介も提供

建設コンサルティングと合わせて「音楽マンション不動産」では、年々増えている楽器演奏愛好家からの「音楽マンション」シリーズへの入居希望者に対応するため、取り扱い物件を「音楽マンション」シリーズのみに特化した専門の仲介サービスを、「音楽マンション不動産」にて提供開始。これにより今まで以上に物件と入居希望者とのマッチング強化を図っていきます。


■「音楽マンション不動産」の概要

屋号:音楽マンション不動産
業務:地方オーナー向け「音楽マンション」導入コンサルティング
  「音楽マンション」シリーズ入居希望者への物件仲介 ほか
電話:03-6903-2203
所在:東京都北区王子4-22-9 越野建設内
   (面談ブース:東京都北区王子4-19-6-1F)
運営:株式会社ケーシー不動産管理


■「音楽マンション」とは

専用設備と建築的な工夫により、演奏空間として最適な遮音性能と音響性能を備えた賃貸が、越野建設の独自ブランド「音楽マンション」シリーズです。リーズナブルな賃料と快適な住み心地も入居者である楽器演奏愛好家の支持を集めています。また事業性の高さが土地活用検討者にも評価され、現在東京を中心に、埼玉・神奈川・千葉と建築エリアを拡大中です。


・物件状況(2021年8月現在):稼働中38棟・建築中(2022年春完成予定)6棟

「音楽マンション」紹介WEBページ

http://www.e-koshino.co.jp/results/music.html


【越野建設株式会社について】
本社  : 〒114-0002 東京都北区王子4-22-9
代表者 : 代表取締役 越野 充博
設立  : 1964年8月(創業1912年3月)
電話番号: 03-3913-4511(代表)
URL   : https://www.e-koshino.co.jp

お問い合わせ先

越野建設株式会社
企画開発部マーケティングチーム
担当: 土屋 貴之
TEL : 03-3913-4511(代表)
Mail: tsuchiya@e-koshino.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する