革新ビジネスアワード2020

革新ビジネスアワード2020 受賞企業発表

今年で10回目を迎えた「革新ビジネスアワード2020」で、ガラスに代わる新素材「Harehare(ハレハレ)」を開発したsid株式会社が大賞を獲得

「革新ビジネスアワード2020」は、新型コロナウィルス感染症の影響により、インターネットを中心に開催され、Web投票の獲得ポイントを考慮し、選定委員会による審査を経て受賞企業が決定した。

優秀賞として企業支援部門4社とビジネス部門6社が受賞。

ビジネス部門6社の中から、大賞および特別賞として「よい仕事おこし賞」の選定が行われ、 大賞には、ガラスに代わる新素材「Harehare(ハレハレ)」を開発したsidが、よい仕事おこし賞には、優れた歯科技工技術を有するホワイトラインがそれぞれ受賞した。

各賞受賞者の受賞内容、受賞コメントを紹介する。

大賞

sid株式会社

■ 受賞ポイント

  • ガラスに代わる新素材「Harehare」を開発。
  • 「Harehare」は、ガラスを超える透明度を有し、割れることがない、ガラスに代わる純国産の新素材ブランドとして開発され、この素材を使用したグラスやシャンデリアを製品化している。
  • 透明度が高いため、光を当てるとクリスタルのように反射し、美しく輝き、軽くて割れにくいため、安全性も高い。
  • また、紫外線にも強く変色がほとんどおきず、遮熱性が高く保温にも適しているため、グラスなどでは持っても熱くなく、氷を入れても溶けにくいという性質を持つ。
  • この新素材は、特殊樹脂であるため、ガラスとは異なり加工も容易なため、紙や布などの素材と合わせることや様々なデザインに加工することもできる。
  • また、グラスやシャンデリアなどの装飾品以外にも、これらの特性を活かし様々なところで活用されている。
  • 「Harehare」は他に類を見ない、非常にすぐれた新素材であり、このような素材を開発された同社には、敬意を表します。

■ 受賞コメント

大賞:sid 清水勝明 代表取締役社長sid株式会社
代表取締役社長 清水勝明氏

ガラスに代わる新素材として「紫外線で変色しない」、「大量生産」の実現をテーマに開発してきました。
一般樹脂成形では不可能な肉厚製品や複雑な形状の製品の成形は高真空注型以外では考えられません。
高真空注型は本来少量生産(試作等)に向いた製法ですがメーカーとして長年培ったノウハウを用いて量産機を立ち上げた事が大きく、割れない、軽くて安全な商品を提供していきたいと思います。

よい仕事おこし賞

株式会社ホワイトライン

■ 受賞ポイント

  • 光学印象機(「iTero(アイテロ)」)を導入し、歯型データを正確にスキャンし、その場でデータ化し、可視化を行い、患者様にとって今後の施術をイメージしやすくした点。
  • 歯型データを可視化できるようデータ化することにより、通院回数を減らし、高齢者の方や、災害時に柔軟に対応できるようにした点。
  • 常に患者様の事を第一に考え、負担軽減の為の技術革新を行い、光学印象機(「iTero(アイテロ)」)を用いて歯形データを蓄積すること等を行ったこと。

■ 受賞コメント

よい仕事おこし賞:ホワイトライン 松下浩之 代表取締役社長株式会社ホワイトライン
代表取締役社長 松下浩之氏

弊社は歯を作る歯科技工所であります。歯科技工業界は長時間労働、低賃金と言われ離職率も8割近いと言われていて人員確保も大変ですが、弊社は良い材料、良い機材の開発、システム化、デジタル化革新を進め、結果皆様へ良い製品を低価格でご案内出来るようにし魅力を感じ人が集まる会社になっていけるようこれからも精進していきます。

ビジネス部門 優秀賞

株式会社イーハイブ

■ 受賞ポイント

  • 地域応援オンライン名刺付きバーチャル背景メイカー「ふるさとメイシー」を開発。
  • 急速に普及しつつあるオンラインでのコミュニケーションにおいて、「バーチャル背景」を活用するという新しい発想のサービスを展開。
  • 単にバーチャル背景用の壁紙を作成するのではなく、そこに名刺機能をつけ、ビジネス利用を可能とするとともに、地域活性化支援を結び付け、参加する地方自治体から提供された名所や観光スポットなどの写真を素材として利用できる。
  • オンラインで困る背景の問題を解消するだけでなく、名刺機能によるビジネス機能と自治体活性化にも繋がる高品質な画像素材と非常にすばらしい組合せのサービスと言える。

■ 受賞コメント

ビジネス部門 優秀賞:イーハイブ 平井良明 取締役統括責任者株式会社イーハイブ
取締役統括責任者 平井良明氏

政府発表の新しい生活様式に則り、コロナ禍でもビジネスの応援ができるように企画しました。出張も旅行も自粛の中、地域の写真をオンライン名刺付きバーチャル背景として利用しました。利用者からの意見も、「地元の写真を使うことがうれしい」と頂いております。また、地方自治体のプロモーションをお手伝いでき、アフターコロナにおいて地域への分散など新しい取り組みをお手伝いできるのではと思っております。これからも地方自治体や中小企業のIT化のお手伝いをしていきます。

株式会社SAMURAI TRADING

■ 受賞ポイント

  • エコペーパー「CaMISHELL(カミシェル)」を開発。
  • CaMISHELLは、卵殻パウダーを10~50%程度配合した紙で、主に産業廃棄物として処理されている卵殻を原材料としている。
  • 有機資源を活用した安心・安全な製品を環境に負荷をかけないプロセスで安定して供給できることを目標に卵殻をパウダー化する技術を開発し、この技術により、焼却時に排出される二酸化炭素を抑え、年間約26万トンも廃棄されている卵殻を資源に転用させることを可能とした。
  • SDGsが提唱する「持続可能な開発目標」の12~15のゴール達成にも寄与する環境保護を実現した新素材であり、また、「紙」という汎用性の高い素材であることもあり、今後、様々なところで活用されると考えられる。

■ 受賞コメント

ビジネス部門 優秀賞:株式会社SAMURAI TRADING 代表取締役 櫻井裕也氏株式会社SAMURAI TRADING
代表取締役 櫻井裕也氏

「革新ビジネスアワード・ビジネス部門 優秀賞」を賜り、誠にありがとうございます。
【CaMISHELL】は、身近なタマゴの殻を活用した安全な新素材です。 これからの企業は、お客様へ豊かさを提供するだけでなく、地域への貢献と環境への配慮も求められます。 当社は、エポックメイキングな会社としてこれからも素材に鋭く斬り込み、企業とお客様に新たな価値を生み出す商品の開発に取り組んでまいります。

ジョイテック株式会社

■ 受賞ポイント

  • 全く新しい電子ボード「白板家」(はくばんや)を販売。
  • 主に働き方改革・教育ICTの2つの市場に展開し反響を得ている。
  • 白板家は、既存のホワイトボード・マーカー・イレーザーをそのまま活用でき、板書をリアルタイムにデジタル化できる。
  • 通常の会議やセミナーだけでなく、現在急速に増加しているオンライン会議等での利用にも適しており、精度の高さや反応速度などの基本性能の高さはもちろん、既存設備を廃棄して入れ替えることなく有効に活用でき、電子ボード市場の中でも最安値の価格帯(¥92,000~)を実現しており、コスト面、エコ面でもすばらしい製品と言える。

■ 受賞コメント

ビジネス部門 優秀賞:ジョイテック 宇佐美博之取締役 営業企画部 部長ジョイテック株式会社
取締役 営業企画部 部長 宇佐美博之氏

この度は大変光栄な賞を頂戴し、誠にありがとうございます。
コロナ渦の中で、オンライン授業や会議での板書共有のニーズが高まっていますが、今回エントリーさせていただいた当社の白板家という製品で、少しでも貢献できていれば嬉しい限りです。
白板家もまだまだ道半ばですので、さらに展開できるよう努力していきます。また、他にも社会の役に立つ革新的な製品やサービスを生み出し、再度賞をいただけるよう取り組んで参ります。

有限会社中里商店

■ 受賞ポイント

  • 自動販売機をIoT化するキットを開発。
  • 既存の自動販売機にカメラとディスプレイおよび専用システムを付加させることで、カメラを使用した顔認証によるマーケティングデータ収集を行える他、災害発生時には、通信ネットワークを利用した遠隔操作により、ディスプレイに災害情報を多言語で表示させたり、自動販売機の飲料を無償提供することを可能とした。
  • 顔認証にも対応できるシステムであるため、カメラ機能は防犯カメラとしても非常に優秀で自動録画にも対応する。
  • 災害対応の自動販売機などは既に存在するが、自動販売機自体の入れ替えが必要となる。同社のシステムでは、既存の自動販売機に付加できるため、自動販売機の入れ替えの必要がなく、機種も選ばない点と顔認証技術を活用したシステムによる付加価値は、非常にすぐれていると言える。

■ 受賞コメント

ビジネス部門 優秀賞:有限会社中里商店 取締役 中里隆氏有限会社中里商店
取締役 中里隆氏

この度頂きました賞は、仕組みとして評価されたにすぎないと思います。
ウイルス性疾患、パンデミックのさ中にあり未だ収束が見えませんが、予測のできない天災に備えられるように来年以降はさらなる検証・実績を積み、事業としても評価いただけるよう常に世情を鑑み、ビジネスにもしっかり反映できるよう確かなものとして研鑽していきたいと思います。

支援機関部門 優秀賞

朝日税理士法人

■ 受賞ポイント

東京を本部に、札幌、福岡など全国主要都市10箇所にグループ法人を持ち、海外にもグループ会社をもつ朝日税理士法人は、税務・会計業務を中心にした総合的なサービスを提供しており、その幅広い情報網から得られる貴重な情報は、国内の税制などだけにとどまらず、タイ、インドネシア、フィリピンにおける各種税制度や各国の新型コロナウィルス関連の現地情報など、これらの情報をタイムリーにコラムで発信していただきました。

■ 受賞コメント

企業支援部門 優秀賞:朝日税理士法人 山中一郎 代表社員朝日税理士法人
代表社員 山中一郎氏

この度は、すばらしい賞を頂戴しましてありがとうございました。
世界中で新型コロナウィルスが蔓延し、先が見えない状況が続いている中においても、世界情勢は刻一刻と変化しています。 この流れの中で我々に必要なことは、周囲の環境を正しく理解して、将来の展望を明確に持ち、環境に適応していくことです。 今後も私たちは海外ビジネスに有益な情報をタイムリーに発信し、微力ながら、皆様のお役に立ちたいと思っています。
これからもよろしくお願いいたします。

アタックスグループ

■ 受賞ポイント

会計事務所兼総合コンサルティング会社のアタックスグループは、第一線で活躍する現場コンサルタントが講師を務める、「経営」「税務・財務」「社員教育」「人事・労務」などのセミナーを毎月、多数開催し、多くの企業を支援されている他、数多くのコラムにて、ビジネスにおいての苦境の脱し方や成功事例など、コンサルタントとして携わった数々の事例やノウハウをご提供いただきました。

■ 受賞コメント

企業支援部門 優秀賞: アタックスグループ アタックスグループ パートナー 株式会社アタックス・ヒューマン・コンサルティング 北村信貴子 代表取締役社長アタックスグループ パートナー
株式会社アタックス・ヒューマン・
コンサルティング
代表取締役社長 北村信貴子氏

この度は、優秀賞を頂きまして誠にありがとうございます。弊社アタックスグループはコンサルティング事業やセミナー運営を通じて、中堅中小企業の経営、税務、人財育成の課題解決の一助となるべく活動を行っております。イノベーションズアイ様の公式サイトにも多数のセミナー、経営コラムを掲載しておりますので、会員企業の皆様におかれましては、会社の成長に必要な学びの場として引き続きご活用いただきますと幸いです。

合同会社ジーフロッグ

■ 受賞ポイント

日本とミャンマーをつなぐビジネスを展開するジーフロッグは、 なかなか触れる機会の少ないミャンマーの現地の詳細情報や独特の文化などをコラムで紹介し、ミャンマーへの理解を深めると共に、会員間でのミャンマーとのビジネス提携など、幅広く活躍されました。

■ 受賞コメント

企業支援部門 優秀賞:ジーフロッグ 木村賢嗣 代表社員合同会社ジーフロッグ
代表社員 木村賢嗣氏

このような栄えある表彰を頂きましたこと栄誉のあることと感動しております。
弊社は「Myanmar一筋」の専門企業として発展途上国ミャンマーの様々な情報を発信させて頂いております。ミャンマー人に向けたFacebookでは約 34,000人のフォロアー数を有しており、さらなる認知度向上に取組み、日本の人口減少対策への寄与とミャンマー発展に向け、日本とミャンマーの「架け橋」として活動して参ります。
今後はこの表彰の栄誉を、さらなる事業活動の糧として邁進する所存です。

ピーエムグローバル株式会社

■ 受賞ポイント

グローバルで活躍する方々に木暮知之代表自らがインタビューを実施し、各方面のプロフェッショナルの経験やグローバルビジネスの秘訣を対談形式で聞き出す「グローバル・コネクター」をはじめ、世界のIoT事情をコラムにした「IoTキュレーション」、インドとのビジネスに関するコラム「木暮 知之の Indo Watcher」など、グローバルビジネスにおける情報を数多く会員向けにご提供いただきました。

■ 受賞コメント

企業支援部門 優秀賞:ピーエムグローバル 木暮知之 代表取締役ピーエムグローバル株式会社
代表取締役 木暮知之氏

優秀賞に選出していただき誠にありがとうございます。
このコラムは当初、「世界で活躍するサムライ100人」というテーマで、海外とのお仕事で成功されている方をご紹介しようと始めました。タイトルについては、サムライのように世界と「戦う」のではなく、海外の方とどうしたら上手く仕事ができるのか、世界と「つながる」コツを共有したいという思いを込めて「グローバル・コネクター」にしています。 今後も皆さまのご参考になるような、世界をつなぐ考え方をさらにお伝えできたら、と思っています。

キーワードから企業を探す
地域から企業を探す
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。