糖尿病患者向け、炭水化物量検索アプリCarbodata開発支援金・受付開始

サービス分野: [ 医療 ]

糖尿病患者向け、炭水化物量検索アプリCarbodata開発支援金・受付開始

プレスリリース
報道関係各位

糖尿病患者団体マイスター・ジャパン
日本初の患者による、患者のためのクラウドファンディング・プロジェクト
糖尿病患者向け、炭水化物量検索アプリCarbodata開発支援金・受付開始

糖尿病患者団体マイスター・ジャパン(東京都新宿区・代表 能勢謙介)は8月26日、炭水化物検索アプリ「Carbodata(カーボデータ)」開発プロジェクトの支援金の受付を開始しました。

マイスター・ジャパンは1型糖尿病患者である能勢を中心に、「エキスパート患者による知恵・経験を集約して発信する」ことをコンセプトに活動してきた糖尿病患者団体です。情報ポータルMystar-Japan.orgやメルマガの運営、イベントの開催などを行ってきました。
この度、糖尿病患者にとって重要な食事管理をより踏み込んでサポートできるよう、炭水化物量検索アプリCarbodataの開発を行い、リリースすることを決定しました。

糖尿病における食事管理には大別するとカロリーを管理する患者と、炭水化物量を管理する患者とに別れます。カロリーは様々な食事に既に掲載されていますが、炭水化物量が掲載されていることは稀です。この正確な量がわからないことから食事、特に外食を控える方もいる重大な問題となっています。

炭水化物量検索アプリCarbodataの特徴
そこで、炭水化物量検索アプリCarbodataはだれでも簡単に炭水化物量を検索できることを目標としています。

特徴1:メニューで検索ができる!外食が検索できる!
 これまでの炭水化物量検索アプリは材料を入力しなければの合算値を算出できませんでした。
 Carbodataはメニュー名で入力・検索ができるようになっており、外食の登録数も豊富なため使い勝手がよくなっています。

特徴2:高齢者にも使いやすく!音声入力も対応!
 2型糖尿病は、50歳以上の方の発症が多い病気です。従って高齢者でも使いやすいアプリにするべく、ボタンや操作をシンプルにし、音声検索もできるように致します。

特徴3:血糖の変化をグラフでイメージできる!
 炭水化物量がわかっても、その意味を理解することでより適切な対応をすることができます。
 そこで、Carbodataでは食事による血糖値変化をグラフにして表示しています。
 直感的に血糖値の変化をイメージできるようにすることで、食事療法の理解をサポートします。

特徴4:食事記録が可能に!
 治療効果をあげるためには、食事や血糖値などを記録し主治医と振り返ることが欠かせません。
 そこで検索結果を摂った食事として記録できるようにします。

患者による、患者のためのアプリを実現した
クラウドファンディング×クラウドソーシング×DBプラットフォームの連携

炭水化物量検索アプリCarbodataは、2012年に補助金を受けリリースしています。月間検索数が1万食を記録し、ユーザー数も伸びていにも関わらず、最新のアンドロイドでは使用できない状態となっていました。
マイスター・ジャパンには開発をするためのリソースはが不足していたため、
今回以下の3社にご協力いただき、企画実現を目指すことになりました。

日本最大級のクラウドファンディングプラットフォーム CAMPFIRE
今回の趣旨にご賛同いただき、財務的なサポートをしていただける方への呼びかけを行います。

日本最大級の仕事依頼サイト ランサーズ(Lancers)
今回の趣旨にご賛同いただき、アプリの開発に必要な技術的サポートをしていただける方への呼びかけを行います。

糖尿病患者の治療支援をWebでサポートする Welby
今回の趣旨にご賛同いただき、食事記録を保存するためのインフラをご提供いただきます。

今回の企画は「患者による患者のためのクラウドファンディング・プロジェクト」として初めての取り組みとなります。
しかし、アメリカではヘルスケア専門のクラウドファンディングサイトや、先進研究に投資できるサイトなど、民間で資金を集めてヘルスケアに役立てる取り組みが進んでいます。
Carbodataの開発企画が日本におけるその先駆けになることを期待しています。


炭水化物量検索アプリCarbodata(カーボデータ)
http://carbodata.com
支援受付窓口
http://camp-fire.jp/projects/view/751


■本リリースに関するお問い合わせ
糖尿病患者団体マイスター・ジャパン
担当: 谷口 <s-taniguchi@mystar-japan.org>
tel: 03-5330-8311 / fax: 03-5332-5458


■【糖尿病患者団体マイスター・ジャパン】について
MYSTAR-JAPAN は2010年より活動をしている糖尿病患者団体です。
「エキスパート患者による知恵・経験を集約して発信する」ことをコンセプトに活動しています。

運営主体概要
所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-2-10 栄立新宿ビル503
設立:2010年1月
代表:能勢謙介
URL:http://mystar-japan.org

■【CAMPFIRE】について
CAMPFIREはアーティスト・映画監督・ミュージシャン・作家・スポーツ選手・プロダクトデザイナー・ジャーナリストといったクリエイターのためのクラウドファンディング・プラットフォームです。クラウドファンディングとは、アイデアを実現するために必要な費用を、そのアイデアに共感した友達・ファン・ソーシャルのつながり、そして世界中の人々から少額ずつ集めることができるインターネット上のプラットフォームです。
▶▶▶『CAMPFIRE』URL http://camp-fire.jp/
サービス開始:2011年6月2日/掲載プロジェクト数:約530件/サイト内総流通額:約2億円

運営会社概要
本社所在地 渋谷区神宮前3丁目27番15号
会社名 株式会社ハイパーインターネッツ
代表者の役職名 代表取締役 石田光平
メールアドレス hello@hiinc.jp
URL http://hiinc.jp/

■【ランサーズ】について
「Lancers」は『時間と場所に囚われない新しい働き方』を提案し、『個人のチカラをエンパワーメント』することをコンセプトとしたサービスです。
高スキルのエンジニア・クリエイターの みに発注できるチーム制の「Lancers エキスパート」(http://expert.lancers.jp) 、小さな作業を大人数で同時に作業するサービス「Lancers タスク」(http://task.lancers.jp)など、Lancers ブランドを中心に各種クラウドソーシングサービスを提供し、現在では、日本最大級(※当社調べ)の規模を誇るクラウドソーシングのポータルサービスとなっています。

運営会社概要
本社所在地:東京都渋谷区渋谷3-10-13 渋谷Rサンケイビル7F
設立:2008年4月
代表者:代表取締役社長 秋好陽介
URL: http://www.lancers.jp/

■【ウェルビー】について
2011年より、糖尿病治療に必要な血糖値管理などができるクラウドサービス「Welby糖尿病」を展開しています。患者の疾患に関する知識教育・啓発活動、医師、医療関係者、家族とのコミュニーションの促進にも注力し、サービスの拡充を図っています。
今後は対象疾患を拡大し、慢性疾患分野における治療・自己管理のための総合プラットフォームを企画・開発し、患者のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上、医療関係者への貢献を目指します。

運営会社概要
本社所在地:東京都千代田区猿楽町1-5-20-301
設立:2011 年9月
代表者:代表取締役 比木武(ひき たける)
URL:http://welby.jp/

お問い合わせ先

■本リリースに関するお問い合わせ
糖尿病患者団体マイスター・ジャパン
担当: 谷口 <s-taniguchi@mystar-japan.org>
tel: 03-5330-8311 / fax: 03-5332-5458

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する