[8月30日] 国際貢献セミナーのご案内 ~e-Education Projectの事例紹介~

リソウル株式会社

投稿日:2013年8月20日

サービス分野: [ 教育・人材 ] [ コンサルティング ] [ 海外・グローバル ]

[8月30日] 国際貢献セミナーのご案内 ~e-Education Projectの事例紹介~

社会起業大学の第二回国際貢献セミナーのお知らせです。
第二回の8月30日は、最近大注目の五大陸「ドラゴン桜」e-Education Projectの事例をご紹介いたします。


~e-Educationプロジェクトとは何か?~
e-Educationプロジェクトでは、ICT(情報通信技術)の力を駆使して、途上国の都心部と農村部における教育格差を壊し、若者に希望の光をともしています。

途上国と呼ばれる国には、生まれた環境で未来をあきらめる若者が沢山います。 そんな子どもたちの未来を切り開きたい、ある一人の青年のそんな思いからこのプロジェクトは生れました。
落ちこぼれ高校生が、自分の可能性を信じて東京大学合格を目指す人気漫画『ドラゴン桜』。全国の有名な予備校講師の授業を、DVDを通じて受講できる『東進ハイスクール』。
この2つの教育モデルをヒントに、途上国の農村部でDVD授業を展開しています。
国内最高峰の先生の授業をDVDに収録し、貧しい学生たちにチャンスを提供しています。

~目標は?~
このe-Education Projectの目標はeラーニングで距離やお金といった壁を壊し、全ての若者が可能性に挑戦できる世界を作るということです。
2010年にバングラディシュで始まった活動は、 現在、ヨルダン、ルワンダ、パレスチナ、フィリピンと活動を広げています。

前回、はフィリピン、そしてルワンダの取り組みをご紹介させていただきましたが、今回はミャンマーでの取り組みをお話いただきます。 講師は、共同代表の三輪氏、そしてミャンマーで活躍中の現役大学生小沼氏をお迎えします。


~ここが見所!~

プロジェクトメンバーのほとんどが学生かつユニークなキャリアを持つe-Education Project。 お金も人脈もない一人の若者がスタートさせたこのプロジェクトを、どのようにスタートさせ、今どのように広がっているのかを伺う中で、 これからの国際貢献のアプローチを共に考え、自らが第一歩を踏み出すきっかけにして頂ければ幸いです。
また、当日は19:00~21:30までの時間を予定しておりますが、最後の40分は質疑・ディスカッションとなっています。講師の方に直接質問できるだけでなく、同じ志を持った仲間たちと意見交換する機会は非常に充実したものとなるはずです。ぜひ、皆さんご参加ください!



~講師紹介~
三輪 開人 氏
e-Education Project 共同代表
早稲田大学法学部卒、e-Education Project 共同代表。
本職で国際協力機関に勤務する傍らで、e-Educationのプロジェクトコーディネートを行う。
転機は、大学在学時に行った株式会社マザーハウスでのインターン。
インターンの勤務先としてバングラデシュに勤めていた際、後にe-Educationの代表となる税所篤快と出会うことで、
「ICT教育で途上国の子どもたちの可能性を開きたい」という夢を持ち一蓮托生の道を歩み始める。
徹底した「二番目」の立ち位置を貫くことで、2010年バングラデシュ版ドラゴン桜の立役者に。
2011年以降も、e-Educationを五大陸で行うべく奔走中。

小沼 武彦 氏
e-Education Project ミャンマー代表
神田外語大学英米語学科4年。2011年9月より1年間、米国のダートマス大学に交換留学。
留学中、東北チャリティーイベントを主催し一万ドルを寄付する。
教育 に興味があり、一般財団法人教育支援グローバル基金のインターンを経て本プロジェクトに参画。
現在、ミャンマーで僧院と提携しながら高校修了試験対策を展開中。


日時 8月30日(金)19時00分-21時30分(受付開始は18:30)
場所 社会起業大学(東京都千代田区二番町二番平田ビル1階)
アクセス http://socialvalue.jp/profile/access.html
定員 30名
費用 2,000円
当日の流れ
19:00~19:20(20分) 観点整理
19:20~20:50(90分) 講義・休憩
20:50~21:30(40分) 質疑・ディスカッション

【お申込み】
http://socialvalue.jp/seminar/entry/seminar39.html

お問い合わせ先

【お問い合わせ先】 
社会起業大学: 東京都千代田区二番町二番平田ビル1階
電話: 03-6380-8444  (10:00~19:00)
メール: lead@socialvalue.jp
URL http://www.socialvalue.jp/index.html

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する