ソーシャル・ハウツーコミュニティ「OKGuide」にて、『QAまとめ』の提供を開始

株式会社オウケイウェイヴ

投稿日:2013年4月3日

サービス分野: [ IT技術 ]

ソーシャル・ハウツーコミュニティ「OKGuide」にて、『QAまとめ』の提供を開始

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、“知らなかったことが見つかる”をコンセプトにしたソーシャル・ハウツーコミュニティ「OKGuide」にて、Q&Aサイト「OKWave」との連携を強化した新機能『QAまとめ』の提供を2013年4月3日より開始しました。

http://okguide.okwave.jp

今回、提供を開始した『QAまとめ』は、「OKGuide」を利用するユーザーがハウツーをまとめたガイド記事を作成する際に、「OKWave」に蓄積された2,800万件以上の有益なQ&Aコンテンツを手軽に引用できる新機能です。ユーザーが自分の経験や知識を基に様々なハウツーを作成する際に、「OKWave」のユーザー同士で取り交わされた“リアルな”ユーザーの悩みとその解決策をそのまま引用することで、作成したガイド記事を閲覧するユーザーの共感と、ハウツーへの理解が増すことが期待できます。
本機能を使って「OKWave」のQ&Aコンテンツをガイド記事に取り込む際には、ガイド作成画面上でQ&Aコンテンツのキーワード検索を行い、1クリックで自動的にQ&Aの質問タイトル、質問本文を該当ページへのリンクを付けて引用できます。また、質問者が一番良い回答に贈るベストアンサーの引用、もしくは任意の回答1件の引用も1クリックで可能です。あらかじめ引用するQ&Aコンテンツを決めている場合には、そのURLを直接入力することで同様に引用できます。

「OKGuide」は今後もユーザー同士でより良いガイドを集約、共有し、お互いに知見を高めていける場を拡大していきます。

■新機能「QAまとめ」を使ったガイドの作り方
http://okguide.okwave.jp/guides/68493

■『QAまとめ』の使用例
http://okguide.okwave.jp/guides/68521

■ソーシャル・ハウツーコミュニティ「OKGuide」について
http://okguide.okwave.jp
「OKGuide」は皆が持つあらゆる知識や情報、経験を元にした“ガイド”を作成、共有できるサービスです。投稿されたガイドは誰でも閲覧できるだけでなく、追記などの編集ができ、より良いガイドをみんなで作り上げていくことができます。「OKGuide」はPCだけでなく、モバイルおよびスマートフォンからもガイドの検索や閲覧が可能です。

■株式会社オウケイウェイヴについて
http://www.okwave.co.jp/
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。「“ARIGATO”で世界をつなぎ幸せで満たす」ことを企業理念に、ソーシャルメディアの特長をいち早く取り入れた日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」を2000年1月に正式公開しました(月間PV:1億600万以上※2012年12月末現在、PCサイトのみ)。2,800万件以上のQ&Aデータベースを大手ポータルサイトなど約80サイトが活用する他、企業の顧客サポートに活用できる「OKCorporation」を提供しています。また、「OKWave」の運営ノウハウを基に開発し、特許を有するFAQシステム「OKBiz Support」を大手企業、自治体など250サイト以上に導入し、市場シェアNo.1を長年維持しています。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月に米国マイクロソフトコーポレーションとの業務・資本提携を締結。以降も、日本マイクロソフト株式会社との協業事業のショッピングSNS「myFave」、個人間の知識・スキルのソーシャルコマースサイト「Abilie」、ソーシャル・ハウツーコミュニティ「OKGuide」、リアルタイムQ&Aサイト「おけったー」、ソーシャル多言語コミュニティ「OKWave ありがとう」、 “経験”でつながるライフログソーシャルメディア「exstamp」、モバイルでの有料の専門家相談サービスなどを展開しています。

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。

お問い合わせ先

株式会社オウケイウェイヴ 広報・IRグループ 宮城 miyagi@okwave.co.jp
TEL: 03-5793-1195

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する